>  >  >  >  >  > 

【飛騨高山】味みやげ!自宅で楽しむ♪ご当地食材をGET!

まっぷるマガジン

更新日:2018年8月4日

この記事をシェアしよう!

【飛騨高山】味みやげ!自宅で楽しむ♪ご当地食材をGET!

飛騨の自然が作りあげる野菜やフルーツなどを使った食品や、昔から伝わる匠の技を駆使した伝統名産品。高山を訪れたらぜひ手に入れたい人気みやげをピックアップ!

ご飯のおとも

キッチン飛騨

キッチン飛騨のごはんにかけるハンバ具ー

つなぎを使わない自家製ハンバーグをそぼろ状にして、たっぷりの肉汁と一緒に瓶詰めに。アツアツのご飯にかけて味わうと飛騨牛のうま味が溶けだし、「何杯も食べられる」と大人気。【120g 756円】

キッチン飛騨のごはんにかけるハンバ具ー

肉が苦手な人も好きになると評判。ビールのおつまみにもぴったり!

キッチン飛騨のもろみロースハム

飛騨牛ステーキレストランが作るハム。もろみ醤油を加えた野菜ブイヨンに約1か月漬け込み、じっくり熟成させて仕上げた豚ロースハムは、豊かな香りとふっくらやわらかな歯ごたえが特徴だ。【250g 1890円】

キッチン飛騨のもろみロースハム

薄切りにしてそのままでも、厚切りで火を通してもおいしい

長岡屋

飛騨山味屋の漬物ステーキ(しょうゆ味)

「漬物ステーキ」は漬物を鉄板で炒めて味わう、冬の寒さが厳しい飛騨ならではの郷土料理。高山の名産品である赤かぶなどの漬物が入っており、フライパンで炒めて添付のタレで味付けするだけで楽しめる。【430円】

飛騨山味屋の漬物ステーキ(しょうゆ味)

飛騨山味屋直営の漬物店「長岡屋」で購入できる

醸造元角一

醸造元角一の朴葉みそセット

高山の人気郷土料理「朴葉みそ」が、自宅で味わえる。朴葉の上に肉や鮭、しいたけ、ねぎなど好みの具と味噌をのせて加熱するだけ。自家製の麹味噌となめ味噌も付くので、いろいろなアレンジで楽しんで。【432円〜】

醸造元角一の朴葉みそセット

焼くうちに具のだしと味噌が混ざり合って、うま味がアップ

醸造元角一のみそ (こうじ味噌・いなか味噌)

890(明治23)年創業の老舗醸造。120年にわたり、変わらない製法で作り続けている。木枠仕込みの天然醸造にこだわり、味噌に木の香りが移り芳醇さが増す。人気のいなか味噌は豆味噌に麦味噌をブレンド。【500g 各432円】

醸造元角一のみそ (こうじ味噌・いなか味噌)

辛めの赤味噌やいなか味噌、甘めのこうじ味噌が定番人気

陣屋とうふ 古川屋

陣屋とうふ 古川屋のあげづけ

油あげを特製の醤油ダレで味付けした手軽なおつまみ。軽く炙って味わうだけなのに、立派な酒のおともになる。テレビ番組で紹介されてから一躍“ご当地みやげ”として脚光を浴び、購入する人が急増。【5枚入り 173円】

陣屋とうふ 古川屋のあげづけ

肉厚でパリパリ食感が楽しめる。コストパフォーマンスの良さも魅力

調味料&飲み物

庄兵衛さん家のとまじゅう

庄兵衛さん家のとまじゅうの庄兵衛さん家のとまじゅう(各180ml)

トマトの産地として有名な高山市丹生川町のトマト農家が作る、完熟トマト100%の贅沢なジュース。濃厚でトマトの甘みと酸味のバランスがよく、コクもある。異なる品種を使った3種類がある。

庄兵衛さん家のとまじゅうの庄兵衛さん家のとまじゅう(各180ml)

(写真左から)桃太郎 320円、フルティカ 420円、ピッコラルージュ 650円
それぞれの味わいや濃さを楽しみながら飲み比べしよう

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる飛騨高山 白川郷・下呂温泉'19」です。掲載した内容は、2017年10月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください