コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【信州】おすすめ産直マーケットをチェック!

【信州】おすすめ産直マーケットをチェック!

by mapple

更新日:2018年6月29日

採れたて野菜や果物、農産加工品など、地元産が手に入るのが産直マーケットの魅力。おいしい信州の旬を見つけよう!

八ヶ岳中央農業実践大学校(八ヶ岳農場)

丹精込めて育てた農産物が自慢
八ヶ岳山麓の放牧酪農から搾乳された牛乳を加工した、アイスやヨーグルトなどが人気。朝採れ野菜や花苗なども販売。【原村】【484号線】

注目野菜
生食用トウモロコシ(8月)、高原セルリー(8月)など

八ヶ岳農場牛乳(1000ml) 243円
自然の甘みとコクが人気の一品

チーズ 710円~
長期熟成で作られたオリジナルチーズ

たてしな自由農園 原村店

自然の恵みをそのままお届け
澄んだ空気と水に恵まれた原村は高原野菜や花き栽培の一大生産地。近隣農家から出荷された野菜や花を中心に販売。野菜料理が自慢のレストランを併設。【原村】【八ヶ岳エコーライン】

注目野菜
あんず(6月)、ズッキーニ(7月)、松茸(9月)など

レタス
原村八ヶ岳産がズラリとそろう

トマト
地元産のさまざまな品種を販売

ていざナス
長さ約20cmもある天龍村の伝統野菜

産直市場グリーンファーム

豊富でユニークな品ぞろえで人気
新鮮な野菜や山菜、きのこはもちろん、伊那地方ならではの特産品や、熊や猪の肉、昔の農機具、骨董品まで並ぶ個性あふれる直売所。【伊那】【202号線】

注目野菜
コシアブラ(5月)、松茸(9月)、羽広カブ(12月)など

おやき
多彩な具材がたっぷりと詰まっている

ローメン
伊那市のソウルフードともいえる麺料

理楡の郷・三郷サラダ市

安曇野のフルーツランド
三郷地区で収穫した新鮮な野菜やリンゴ、梨、桃などのフルーツのほか、まんじゅうや甘酒、味噌、漬物などを販売する直売所。【安曇野】【321号線】

注目野菜
桃(8月)、南水(9月)、サンふじ(11月)

りんご
特産のりんごを各種取りそろえている

農産物産館「オランチェ」

朝採り野菜の100円市が名物
信州中野ICからも近く、県内でも有数の人気を誇る。地元農家が持ち込んだ、朝採り野菜の100円市は行列ができるほどの人気。【中野】【29号線】

注目野菜
アスパラガス(4月)、巨峰(9月)など

広い店内に旬の野菜が並ぶ

ファーマーズマーケット彩菜館

木曽ブランドの特産品に注目
地元産の採れたて野菜や山菜、木曽地域の加工品を販売。木曽開田高原ブランドの魅力を発信している。【木曽町】【361号線】

注目野菜
トマト(8月)、とうもろこし(8月中旬)など

地元にこだわった加工品が充実

上田市丸子農産物直売加工センターあさつゆ

土からこだわった新鮮野菜
地元農家が栽培した新鮮な農産物を求めて朝から行列ができるほどの人気店。手作りの加工品や手打ちうどんも評判。【上田】【174号線】

注目野菜
トマト(6月)、洋梨(10月)など

浅間山を望む自然豊かな山あいにある

生産者直売所アルプス市場

松本地域の新鮮野菜を販売
朝採り野菜や地物の果物、四季折々の山菜など、旬の味覚が豊富に揃う。天然発酵肥料「土乃守」で栽培された農産物も人気。【松本】【287号線】

注目野菜
アスパラ(4月)、松本1本ネギ(10月)など

低農薬栽培の新鮮野菜が並ぶ

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×