>  >  >  >  >  >  大阪【なんば・道頓堀・心斎橋】なにわのファーストフード!たこ焼き

大阪【なんば・道頓堀・心斎橋】なにわのファーストフード!たこ焼き

大阪【なんば・道頓堀・心斎橋】なにわのファーストフード!たこ焼き

大阪のソウルフード、たこ焼きはその店舗数もかなりのもの。どこに行くべきかわからない大阪初心者さんのために、味やトッピング、タコの大きさまであの名店のたこ焼きを丸裸に!

これ知ってる? たこ焼き基礎知識

たこ焼きはいつからあるの?

昭和初期、住吉でラヂオ焼きの店を開いていた「会津屋 本店」の店主が客から聞いた明石焼きの話にヒントを得、ラヂオ焼きの生地にタコを入れたのが始まり。食に貪欲でアイデアマンの大阪商人だからこそ生まれたファストフードだ。

一家に一台たこ焼き器

たこ焼き器家庭普及率は間違いなく断トツ1位の大阪。スーパーでたこ焼き用の粉やソースも売られ、タコパ(たこ焼きパーティ)も珍しくない。欲しくなったあなたは道具屋筋へレッツゴー!

たこ焼きの種類って?

ソースにカツオ節、青のり、お好みでマヨネーズが王道の食べ方。だしに自信ありの店では、何もつけない素焼きや塩で提供することもある。あっさり派にはポン酢や醤油がおすすめ。ネギのトッピングも人気。

甲賀流 本店

鮮度抜群のぷりぷりタコが自慢
マヨネーズの網掛けスタイルを考案し、またたくまにアメリカ村の若者を魅了。7種のだしと山芋を加えた生地に、プリッと大きなマダコをIN。たっぷりネギのねぎポンも人気。

甲賀流 本店

三角公園の前に位置し連日多くの若者で賑わう

甲賀流 本店

たこ焼きデータ
食感 外ふわ、中トロ
ソース ソース、ポン酢、醤油、ブラックペッパー
 ネギ、しょうが、卵など
創業 昭和49年
たこ焼き 4cm
たこ 2.5cm

甲賀流 本店

ソースマヨ 10個400円
大ぶりのぷりぷりタコとまろやかな生地にソースとマヨネーズが絡む。まずは一番人気の基本の味から!

両手でピックを操る二刀流焼きが特徴。鮮度の高いマダコとだしの効いた生地を、素早くくるくる返す早業は見ているだけでも楽しい

甲賀流たこ焼き

住所
大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目18-4
交通
地下鉄四ツ橋駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:30~20:30、土曜、祝前日は~21:30
休業日
無休
料金
ソースマヨ=400円(10個)/ねぎポン=500円(10個)/ねぎソース=500円(10個)/しょうゆマヨ=400円(10個)/ブラックペッパーソルト&マヨネーズ=450円(10個)/

たこ焼十八番 道頓堀店

サクサク感NO.1といえば迷わずココ
クリーミーな生地を鉄板に流したところに、タコ、紅ショウガ、小エビの粉末に続いて上質の天かすをこれでもかといういうほど敷き詰めて焼く。他店にはない食感を味わおう。

たこ焼十八番 道頓堀店

たこ焼き激戦区の道頓堀でも人気の店

たこ焼十八番 道頓堀店

たこ焼きデータ
食感 外カリカリ、中クリーミィ
ソース 塩、オリジナルソース
 牛乳、天かす、小エビ、しょうがなど
創業 平成2年
たこ焼き 4cm
たこ 2.5cm

たこ焼十八番 道頓堀店

ハーフ&ハーフ 10個600円
塩×刻み海苔とソース×カツオ節、2種類の味が楽しめる人気メニュー。たっぷり入った小エビもいい

だしと牛乳を使ったクリーミーで深い味わいの生地に、山のように天かすを入れて外側はサクサクに。この食感にファンも多い

たこ焼十八番 道頓堀店

住所
大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目7-21 中座くいだおれビル 1階
交通
地下鉄なんば駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~22:00(閉店)
休業日
無休
料金
ハーフ&ハーフ(ソースまたはマヨネーズ&塩、10個)=600円/ 平均予算(昼):600円, 平均予算(夜):700円

くれおーる道頓堀店

ネギと半熟玉子が絡み合う!
道頓堀にある行列必至の人気店。冷めてもおいしいたこ焼きはオリジナルソースかだし醤油でいただく。店内ではお好み焼きや串カツといった大阪名物メニューもそろう。

くれおーる道頓堀店

道頓堀のメインストリートにある有名店

くれおーる道頓堀店

たこ焼きデータ
食感 外カリッ、中トロ~
ソース ソース、だし醤油、グルメソース
 ネギ、しょうが、卵、天かすなど
創業 平成11年
たこ焼き 4.5cm
たこ 3cm

くれおーる道頓堀店

半熟玉子とねぎたっぷり 6個550円
とろとろの玉子は崩してシャキシャキネギと絡めて。特製ソースとの相性もバツグン。イートインの場合は700円

冷めてもおいしいたこ焼きを、という思いで、さまざまな粉で試作を重ねた末、7種の粉を絶妙にブレンドした現在の生地が誕生した

くれおーる 道頓堀店

住所
大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目6-4
交通
地下鉄なんば駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~23:15(閉店24:00)、土・日曜、祝日は10:00~
休業日
無休
料金
半熟玉子とねぎたっぷり=550円(6個、テイクアウト)・700円(6個、イートイン)/塩レモンたこ焼(6個)=700円/豚玉=900円/串かつ(1本)=130円~/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1500円

道頓堀 赤鬼

たこ焼き×チーズの創作メニュー
北海道産の天然真昆布や枕崎産のカツオ節などでとっただしを加えた生地に、鮮度抜群の生ダコのうまみが広がる。2種のソース、岩塩、素焼き、醤油のほか、創作メニューもある。

道頓堀 赤鬼

法善寺横丁近く。店頭にテーブルとイスが並ぶ

道頓堀 赤鬼

たこ焼きデータ
食感 外カリッ、中トロリ
ソース 甘口、ピリ辛ソース、醤油
 カツオ節、卵など
創業 平成10年
たこ焼き 4cm
たこ 3cm

道頓堀 赤鬼

とろとろチーズ 7個700円
たこ焼きの上に濃厚なチーズソースがたっぷり。チーズのコクとなめらかな口あたりがベストマッチ!

濃厚なチーズと合わせたり、だしにつけて食べたりしても負けることのない、だしの効いた生地が自慢の、ミシュランガイド掲載店

道頓堀 赤鬼

住所
大阪府大阪市中央区難波1丁目2-3
交通
地下鉄なんば駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~22:00
休業日
不定休
料金
たこ焼=500円~(8個)/ちゃぷちゃぷ(天然だし付)=500円(6個)/いか焼き=380円(1枚)/とろろチーズ=700円(7個)/

たこ家道頓堀くくる 本店

タコがはみ出しまくりの超ビックなたこ焼きも!
独自配合の粉と歯ごたえの良いタコ、濃厚な特製ソースのベストバランスで人気のたこ焼き店。店内では名物びっくり焼のほかたこしゃぶなどの多彩なタコ料理も提供している。

たこ家道頓堀くくる 本店

座敷席でゆっくり食事ができる

たこ家道頓堀くくる 本店

たこ焼きデータ
食感 外ふわ、中トロ
ソース フルーティーな特製ソース
 天かす、ネギ、しょうがなど
創業 昭和50年
たこ焼き 4cm
たこ 2.5cm

たこ家道頓堀くくる 本店

名物びっくりたこ焼 8個1450円
生地からはみ出すほどの大きなタコにビックリ! 本店でしか食べられないので、訪れたらぜひ食べて

タコはしゃぶしゃぶにして食べても美味しい、とれたてのタコのみ。ふっくらとろ~りと仕上げるための生地は特製粉を使用

たこ家道頓堀くくる 本店

住所
大阪府大阪市中央区道頓堀1丁目10-5 白亜ビル 1階
交通
地下鉄なんば駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
12:00~22:30(閉店23:00)、土曜は11:00~、日曜、祝日は11:00~21:30(閉店22:00)
休業日
無休
料金
名物びっくりたこ焼=1450円(8個)/大たこ入りたこ焼=650円(8個)/名物明石焼=650円(8個)/多幸しゃぶ(1人前)=1450円/干し蛸だしのこだわりおでん=100円~/

創作たこ焼きもcheck!

だいげんアメリカ村店

自家製粉の洋風たこ焼き
27種類の隠し味を使っただしや門外不出の粉など、随所にこだわる洋風たこ焼きを提供している。ソースは辛口で、マヨネーズとの相性も抜群。

だいげんアメリカ村店

ピザボール 8個500円
チーズと粗挽きソーセージの入ったピザ風のたこ焼き。ケチャップ&マヨネーズで食べる変わりダネたこ焼き

だいげん アメリカ村店

住所
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目7-11 橋本ビル 1階
交通
地下鉄心斎橋駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~23:00
休業日
無休(1月1日休)
料金
ピザボール=500円(8個)/ネギポンズ=500円(8個)/たこせん=150円/

たこやき座

多彩な粉もんがそろう
たこ焼きには3種の昆布をはじめ、イワシやウルメ、鶏ガラなどのだしを贅沢に使用。ほかにもたこドッグや焼きそば、お好み焼きなどがある。

たこやき座

たこドッグ 300円
もっちりとしたナンにたっぷりの新鮮野菜と、香ばしく焼かれたたこ焼きを挟んだビックリメニュー

たこやき座

住所
大阪府大阪市中央区難波千日前12-2
交通
地下鉄なんば駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~24:00(閉店翌0:30)、土・日曜、祝日は8:30~
休業日
無休
料金
元祖たこドッグ=300円/たこやき(6個)=350円/お好み焼=580円~/やきそば=580円~/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出展元は「まっぷる大阪’18」です。掲載している内容は、2017年2月~4月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×