>  >  >  >  >  >  新潟【上越】上杉謙信公のふるさと春日山で戦国タイムスリップ!

新潟【上越】上杉謙信公のふるさと春日山で戦国タイムスリップ!

新潟【上越】上杉謙信公のふるさと春日山で戦国タイムスリップ!

群雄割拠する乱世において、ひたすら“義”に生きた名将・上杉謙信。難攻不落の城跡を歩き寺社や資料館を訪ねながら、謙信の足跡をたどり、戦国の世に思いをめぐらそう。

春日山ぐるっとコース

城跡で謙信を身近に感じたあと、より深く彼の足跡を学ぶことができる散策路。
◎所要時間3時間40分

1.春日山城跡

●謙信公銅像
●本丸
●天守台
●毘沙門堂
●春日山神社

2.林泉寺

3.春日神社

1 春日山城跡

難攻不落の堅固な山城
自然の地形を生かした壮大な山城で、曲輪、空堀、土塁などが築かれている。散策ルートを歩きながら、城のスケールの大きさを体感したい。最短ルートで往復約1時間。

1 春日山城跡

[チェック 1]本丸
標高180mに位置する本丸からは二の丸、三の丸が見下ろせるほか、直江津港まで遠望できる。

1 春日山城跡

[チェック 2]天守台
天守台跡からは、謙信公が眺めた頚城平野や日本海を一望できる。

1 春日山城跡

[チェック 3]毘沙門堂
山頂付近に復元されたお堂。謙信はここで戦勝を祈願したと伝わる。内部には毘沙門天像が安置されている。

1 春日山城跡

[チェック 4]春日山神社
明治34(1901)年創建で、ご祭神は上杉謙信。隣接する春日山神社記念館では謙信の遺品などを展示する。

越後上越上杉おもてなし武将隊

春日山城跡で観光客の出迎えや城の案内などをしている一団。土・日曜、祝日には演武を披露。上越市の観光PRも行なう。

スケジュールはHPで確認➡http://www.uesugi-busyotai.com

越後上越上杉おもてなし武将隊

春日山城跡

住所
新潟県上越市中屋敷他
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン春日山駅から頸城バス直江津駅前行きで5分、春日山荘前下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

2 林泉寺

謙信が義の心を学んだ寺
500年以上の歴史がある古禅刹。謙信公は7歳からここで学問を学び、住持の天室光育の訓育を受けたことが、のちの生き方に大きな影響をおよぼした。

2 林泉寺

山門の大額
林泉寺山門に掲げられた額は、謙信みずから筆を執って書いた。

2 林泉寺

謙信直筆!

2 林泉寺

境内には謙信公の墓がある

林泉寺

住所
新潟県上越市中門前1丁目1-1
交通
JR北陸新幹線上越妙高駅からタクシーで20分
営業期間
3月20日頃~12月20日頃
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)、12~翌3月の宝物館は要問合せ
休業日
期間中無休(年末年始休)
料金
大人500円、小・中学生250円(25名以上の団体は1割引、障がい者は1割引)

3 春日神社

広く信仰された鎮守神
奈良県春日大社の分霊を勧請し、天徳2(958)年に春日山の山頂に建立。春日山城が築城されたとき、鬼門を塞ぐ意味で現在の地に遷座された。祭神は天児屋根命、武甕槌命、経津主命など。

3 春日神社

境内は急勾配の石段を上り切った先にある

春日神社

住所
新潟県上越市春日18
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン春日山駅から頸城バス直江津駅行きで6分、林泉寺入口下車徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由、社務所は6:00~18:00(時期により異なる)
休業日
無休
料金
情報なし

謙信公ゆかりのグルメ

松風園 藤作

営業100年以上の老舗。料理長こだわりのかちどき飯は、黒米や糠味噌煮などが付いて5400円。要予約。

松風園 藤作

出陣前のごちそう「かちどき飯」
謙信公が兵の士気を鼓舞するために振る舞った料理を忠実に再現。

松風園 藤作

住所
新潟県上越市中央5丁目12-18
交通
JR信越本線直江津駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店)
休業日
月曜(12月30日~翌1月3日休、臨時休あり)
料金
ことさんランチ=1620円/昼の会席=3240円~/夜会席桜=3240円/かちどき飯謙信膳(要予約)=5400円/ 平均予算(昼):1800円, 平均予算(夜):6000円

くさのや本店

創業明治18(1885)年の笹だんご製造元。笹もち、笹飴、三角ちまきなども販売している。

くさのや本店

謙信公も食べた!?「謙信笹だんご」
天文23(1554)年の謙信出陣の際、柿崎城主に仕えていた和菓子店が中国のちまきをもとに創案。

くさのや本店

住所
新潟県上越市中央1丁目4-1
交通
JR信越本線直江津駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00
休業日
無休
料金
笹だんご=140円/ちまき=648円/

謙信公みやげもよりどりみどり

上越観光物産センター ふるさとコーナー

おみやげを探すならココ!
上越ならではの特産品がそろう。正面入り口のステンドグラスは一見の価値あり。

上越観光物産センター ふるさとコーナー

みやげ品を豊富に扱う

上越観光物産センター ふるさとコーナー

けんけんずぬいぐるみ 各972円
上越市のPRマスコット「上越忠義隊けんけんず」のポールチェーン付のミニぬいぐるみ

上越観光物産センター ふるさとコーナー

謙信公義の塩 432円
言わずと知れた謙信公の義の塩をおみやげに

上越観光物産センター

住所
新潟県上越市藤野新田175-1
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン春日山駅から頸城バス謙信公大通り循環線で20分、リージョンプラザ下車すぐ(土・日曜、祝日はアルカディアシャトル便あり)
営業期間
通年
営業時間
9:00~21:00、土産販売は~18:00
休業日
月曜、祝日の翌日、月曜が祝日の場合は翌日休(年末年始休、高田城百万人観桜会期間中、春・夏・冬休み期間中は無休)
料金
大ホール=9000円(1時間)/中ホール=2700円(1時間)/会議室=1350円(1時間)/展示ギャラリー=60円(1日、1平方メートル)/(大ホールは冷暖房費別、1時間ごとに2000円)

ぶらり高田さんぽ

開城400年を迎えた高田城の城下町、高田には情緒ある街並みが残っている。

高田公園

日本三大夜桜で有名
徳川家康の六男、松平忠輝公の居城であった高田城の城跡公園。春は公園周辺を含む約4000本の桜が咲く。夏は外堀に咲くハスの花が美しい。

高田公園

花見シーズンには多くの人が訪れる桜の名所

高田公園

住所
新潟県上越市本城町44-1
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
見学自由、高田城三重櫓は9:00~17:00(閉館)
休業日
無休、高田城三重櫓は月曜、祝日の場合は翌日休(高田城三重櫓は12月29日~翌1月3日休)
料金
入場料=無料/高田城三重櫓入館料=大人300円、小・中・高校生150円/(高田城三重櫓は、20名以上の団体は大人150円、小・中・高校生70円)

高田雁木通り

雪国の風情と歴史を感じる
雪深い地域の冬の通り道として、家々の軒をつなげた通路を雁木と呼ぶ。高田地区には総延長約16kmの日本一長い雁木通りが残る。

高田雁木通り

城下町の面影を残す、町のシンボルでもある

高田雁木通り

住所
新潟県上越市市街地一帯
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅からすぐ

町家交流館 高田小町

街並み案内はココで!

町家交流館 高田小町

町家交流館 高田小町

住所
新潟県上越市本町6丁目3-4
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~22:00(閉館)
休業日
第4月曜、祝日の場合は翌日休(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料(施設利用は有料)

[イチオシ]高田の朝市

二・七の市
城下町・高田で開催される朝市。明治43(1910)年に本町2丁目で開催されたのが始まりで、2と7がつく日に行なわれる。

[イチオシ]高田の朝市

二・七の市

住所
新潟県上越市大町3丁目
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅から徒歩10分
営業期間
毎月2と7のつく日
営業時間
7:00~12:00頃
休業日
期間中無休
料金
要問合せ
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×