コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【新潟】いつ行く!季節の見どころ&イベントをチェック!

【新潟】いつ行く!季節の見どころ&イベントをチェック!

by mapple

更新日:2018年9月15日

人々の生活の営みと自然豊かな風景が、四季折々に移りゆく新潟。海や山の恩恵を受けた旬の食べ物に、伝統的な祭りやイベントなど、訪れる時期によって、さまざまな楽しみが待っている。

春(3月~5月)

高田城百万人観桜会

高田城を背景にお堀に映る艶やかな桜

高田城跡に造られた高田公園と周辺を含めて約4000本の桜が咲き誇る。日本三大夜桜としても知られる。

新潟淡麗にいがた酒の陣

県内の約90蔵が出展し、チケットを購入すれば約500種類もの地酒が試飲できる。

つがわ狐の嫁入り行列

狐メイクの花嫁が供を連れて練り歩く。狐の動作をユーモラスに再現。

春の名産品の旬

真鯛 4~9月

春先は5kgを超える大物もよく揚がる。粟島では大謀網漁が有名

アスパラガス 4月中旬~7月中旬

土作りからこだわる新発田市産は太くてやわらかく、甘みがある

越後姫 1月下旬~6月上旬

新潟のオリジナルブランド果実。大ぶりで酸味が少なく、甘みが強い

夏(6月~8月)

長岡まつり大花火大会

長岡の夜空を彩る豪快で雅な大輪の花火

人気、知名度ともに全国区として、新潟の夏を代表する花火大会。信濃川河川敷で開催。

白根大凧合戦

24畳の大凧を揚げ、相手の凧綱が切れるまで引き合う。

妙高山関山神社・火祭り

妙高山信仰から生まれた1200年余りの伝統がある祭り。

謙信公祭

上杉謙信公の武勇と遺徳を讃えしのぶ。迫力の戦国絵巻が繰り広げられる。

夏の名産品の旬

スイカ 6月~8月中旬

新潟市の「新潟スイカ」、南魚沼の「八色スイカ」が県内二大スイカ

黒埼茶豆 (新潟市)7月下旬~8月上旬

新潟市黒埼地区で栽培される。甘い香りと歯ごたえが特徴

十全なす (新潟市、燕市)7月中旬~9月中旬

新潟の夏を代表するなす。実の密度が高く浅漬けに最適

桃 7~9月

なめらかな舌触りで糖度が高く甘いと評判。品種も多く食べ比べもおすすめ

筆者:mapple

まっぷる新潟 佐渡’19

発売日:2018年04月09日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×