>  >  >  >  > 

【新潟】いつ行く!季節の見どころ&イベントをチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月15日

この記事をシェアしよう!

【新潟】いつ行く!季節の見どころ&イベントをチェック!

人々の生活の営みと自然豊かな風景が、四季折々に移りゆく新潟。海や山の恩恵を受けた旬の食べ物に、伝統的な祭りやイベントなど、訪れる時期によって、さまざまな楽しみが待っている。

春(3月~5月)

高田城百万人観桜会

高田城を背景にお堀に映る艶やかな桜

高田城跡に造られた高田公園と周辺を含めて約4000本の桜が咲き誇る。日本三大夜桜としても知られる。

高田城百万人観桜会

高田城百万人観桜会

住所
新潟県上越市本城町
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン高田駅から徒歩20分

新潟淡麗にいがた酒の陣

県内の約90蔵が出展し、チケットを購入すれば約500種類もの地酒が試飲できる。

新潟淡麗にいがた酒の陣

新潟淡麗 にいがた酒の陣

住所
新潟県新潟市中央区万代島6-1朱鷺メッセ「ウェーブマーケット」
交通
JR新潟駅から新潟交通佐渡汽船行きバスで15分、朱鷺メッセ下車すぐ

つがわ狐の嫁入り行列

狐メイクの花嫁が供を連れて練り歩く。狐の動作をユーモラスに再現。

つがわ狐の嫁入り行列

つがわ狐の嫁入り行列

住所
新潟県東蒲原郡阿賀町津川地区
交通
JR磐越西線津川駅から徒歩15分(狐の嫁入り屋敷)

春の名産品の旬

春の名産品の旬

真鯛 4~9月

春先は5kgを超える大物もよく揚がる。粟島では大謀網漁が有名

春の名産品の旬

アスパラガス 4月中旬~7月中旬

土作りからこだわる新発田市産は太くてやわらかく、甘みがある

春の名産品の旬

越後姫 1月下旬~6月上旬

新潟のオリジナルブランド果実。大ぶりで酸味が少なく、甘みが強い

夏(6月~8月)

長岡まつり大花火大会

長岡の夜空を彩る豪快で雅な大輪の花火

人気、知名度ともに全国区として、新潟の夏を代表する花火大会。信濃川河川敷で開催。

長岡まつり大花火大会

長岡まつり大花火大会

住所
新潟県長岡市信濃川河川敷長生橋下流
交通
JR上越新幹線長岡駅から徒歩20分

白根大凧合戦

24畳の大凧を揚げ、相手の凧綱が切れるまで引き合う。

白根大凧合戦

白根大凧合戦

住所
新潟県新潟市南区白根中ノ口川堤防
交通
JR新潟駅から新潟交通白根方面行きバスで55分、白根中下車、徒歩5分

妙高山関山神社・火祭り

妙高山信仰から生まれた1200年余りの伝統がある祭り。

妙高山関山神社・火祭り

関山神社火祭り

住所
新潟県妙高市関山関山神社
交通
えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン関山駅から徒歩15分

謙信公祭

上杉謙信公の武勇と遺徳を讃えしのぶ。迫力の戦国絵巻が繰り広げられる。

謙信公祭

謙信公祭

住所
新潟県上越市春日山城跡ほか
交通
JR信越本線直江津駅から頸城バス春日山線で16分、春日山下下車、徒歩20分

夏の名産品の旬

夏の名産品の旬

スイカ 6月~8月中旬

新潟市の「新潟スイカ」、南魚沼の「八色スイカ」が県内二大スイカ

夏の名産品の旬

黒埼茶豆 (新潟市)7月下旬~8月上旬

新潟市黒埼地区で栽培される。甘い香りと歯ごたえが特徴

夏の名産品の旬

十全なす (新潟市、燕市)7月中旬~9月中旬

新潟の夏を代表するなす。実の密度が高く浅漬けに最適

夏の名産品の旬

桃 7~9月

なめらかな舌触りで糖度が高く甘いと評判。品種も多く食べ比べもおすすめ

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください