コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【富士吉田】富士山信仰のルーツ!御師町めぐり♪

【富士吉田】富士山信仰のルーツ!御師町めぐり♪

by mapple

更新日:2018年9月17日

御師とは、神職であり富士山の登拝者に宿坊を提供した人々のこと。かつて80軒以上の御師の家があったという、富士吉田の街を散策し、富士山信仰の歴史に触れてみよう。

【START!】富士山駅

 ↓ 徒歩4分

金鳥居

富士みちに立つ御師町のシンボル
国道139号と137号の交差点に立つ、富士山信仰の象徴。吉田口登山道上にある最初の鳥居なので「一の鳥居」とも呼ばれる。

金鳥居の中に雄大な富士山がそびえる

 ↓ 徒歩4分

御師旧外川家住宅

登山者を迎え入れた御師の家
明和5(1768)年に建造された最も古い御師の家。富士山の構成資産のひとつとして世界遺産にも登録された。内部を一般公開し、富士山信仰とはどういうものかを伝えている。【世界遺産】

細長い道を進むと重要文化財の中門が現れる

 ↓ 徒歩14分

【GOAL!】北口本宮冨士浅間神社

吉田口登山道の入口にたたずむ
富士の女神を祀る、1900年の歴史ある古社。富士講の拠点や、登拝者が山行の安全を祈願する場所として栄えた。木造では日本最大の冨士山大鳥居や、一枚岩の手水鉢、きらびやかな本殿など、繁栄を今に伝える。【世界遺産】

歴史を感じさせる荘厳なたたずまいの拝殿

社殿右奥の鳥居が登山道の入口

ここにも立ち寄ろう!

ふじ山食堂。

ふじさんしょくどう富士講の文化を食で体感!
強いコシが自慢のご当地グルメ、吉田のうどん。かつて富士山を訪れた登拝者に、登山前、身を清める目的で振る舞われたという湯盛りうどんを味わおう。

見た目も清らかな湯盛りうどん 500円

筆者:mapple

まっぷる河口湖・山中湖 富士山’19

発売日:2018年03月19日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる河口湖・山中湖’19」です。掲載した内容は、2018年1月~2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×