トップ > 国内 > 

【連載フォトエッセイ・第4回】simabossneko&ぺにゃんこの「島ねこ日記」

simabossneko・ぺにゃんこ

更新日:2021年2月11日

この記事をシェアしよう!

【連載フォトエッセイ・第4回】simabossneko&ぺにゃんこの「島ねこ日記」

夫婦二人そろって旅好き・ねこ好きで、とある島で出会ったねこたちに魅了され、島に通うようになりました。
ねこたちとのふれあいを重ねていくうちに、逞しくも可愛い姿をカメラに収めたいと思い、カメラを手に撮影を始めることに。折を見ては撮影に行く日々。

simabossnekoとぺにゃんこが撮影した島に暮らすねこたちの穏やかな姿をご覧ください。

(毎週木曜日に公開)

島のねこたちが見せる愛情表現

ねこたちの愛情表現はさまざま。キス猫のほかにも、ほっぺを合わせてすりすりしたり、ぴったりくっついたりなど、可愛らしい瞬間があります。
今回のテーマは「島ねこたちが見せる愛情表現」ほっこりとした優しい光景をお届けします。

島のねこたちが見せる愛情表現

おでことおでこをくっつけて。

漁師さんが帰って来たね。

ぴとっとしっぽをくっつけて、何も言わないけれど。
つながった尻尾で気持ちが伝わります。

今日もよろしく。

島の方が植えた花々が朝日に照らされています。
ねこたちはその前を歩きながら朝のご挨拶。
すりすりされて、思わずにっこりする白黒ねこさんでした。

むぎゅっと。

面倒見の良い黒ねこが、茶トラの子ねこを抱き寄せて身だしなみを整えます。
「これから一日が始まるよ。キレイにしなきゃね」
そんな声が聞こえて来そうです。

ボスねこさん、くすっぐたいよ。

三毛の子ねこを大事にしている茶白のボスねこ。
嬉しいけれど、子ねこはちょっとくすぐったいみたい。

夫婦ともに、旅好き・ねこ好き。旅先で出会った島のねこ達に魅了され、島に通うようになる。ねこ達とのふれあいを重ねていくうちに、逞しくも可愛い姿をカメラに収めたいと思い、カメラを手に撮影を始めた。折を見ては撮影に行く日々。
インスタグラムにて、全国の島で撮影したねこ達を投稿している他、写真展の開催や、テレビ・雑誌への写真提供を行っている。インスタグラムのフォロワー数は二人合わせて30万人超。
 
◆写真集「キス猫 すりすり、ぎゅっ、と。」(ワニブックス刊)
 
Instagramアカウント simabossnekoぺにゃんこ

エリア

トップ > 国内 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください