>  >  > 

山梨観光はこれでOK!山梨観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年10月27日

この記事をシェアしよう!

山梨観光はこれでOK!山梨観光のポイントとおすすめスポットをご紹介

富士山や南アルプス、八ヶ岳など雄大な自然が魅力の山梨県。
富士の絶景ポイントや日本有数の絶叫系アトラクションを備えるテーマパークなど、家族や友人と楽しめる見どころやレジャーが充実しています。
日本一の名峰と5つの湖を有する富士五湖エリアや、武田信玄公のお膝元である甲府エリアなど、楽しみ方はエリアごとにさまざま。
名物のほうとうや新鮮なフルーツを使ったスイーツもはずせません。
何を目的にどこを訪れるか、おでかけ前に各エリアの特徴をチェックしておきましょう!

山梨ってこんなところ

※拡大できます

富士山や南アルプス、八ヶ岳など雄大な自然が魅力。
富士の絶景ポイントや人気のフルーツ狩りなど、家族や友人と楽しめるレジャーが充実しています。

山梨の魅力をギュッとつめ込んだ動画で、山梨観光のポイントを押さえましょう!

山梨のココがおすすめ!

東京からすぐに遊びに行ける!

中央自動車道を利用すれば、新宿からは勝沼も河口湖も約1時間30分。高速バスの便も多く、交通費もリーズナブルで家族でのおでかけにもぴったりだ。休日の移動では朝夕に渋滞が発生することも多いので注意しよう。

日本屈指のフルーツ王国!

勝沼エリアではブドウとモモ、南アルプスエリアではサクランボやスモモなど、フルーツの栽培が盛んな山梨。果物狩りや新鮮なフルーツを使ったスイーツなど、フルーツを満喫できるのも山梨の魅力のひとつ。

富士山と武田信玄公が自慢!

日本一の高さと美しさをもつ富士山が山梨の誇り。県内には名峰を望む絶景スポットがたくさんある。各地に武田信玄公にまつわる伝説やスポットも多く残るが、それは山梨の礎を築いた信玄公が慕われている証拠でもある。

山梨 旅のキホンQ&A

Q:初めての山梨旅行はどこがおすすめ?

目的に合わせて旅のプランを考えよう。ワイナリーめぐりやフルーツ狩りなら[勝沼エリア]、大自然とリゾートを満喫したいなら[清里]や[富士五湖エリア]がおすすめ。[身延エリア]や[甲府エリア]での歴史探訪も人気がある。

Q:富士山はどんなときよく見えるの?

12~1月の晴天続きで湿度が低い天気の日は見えやすく、湿度の高い6~8月は見えにくい。早朝がおすすめで、晴れていても気温が上昇する10時頃には、雲で隠れてしまうこともある。

Q:山梨で有名なグルメを教えて!

山梨の定番といえば、ほうとうと甲州のワイン。郷土料理の甲府鳥もつ煮や吉田のうどん、地元ブランドの肉料理や高原グルメも愛されている。信玄餅や果物のスイーツも人気。

各エリアの特徴とおすすめスポット

山梨の基本情報をチェックしたら、次はエリアの位置関係や特徴を押さえておきましょう。各エリアのおすすめ観光スポット、人気のグルメスポットもあわせて紹介するので、行き先に迷っている方は必見です!

①富士山 富士五湖

唯一無二の名峰を望む絶景スポットが点在

富士山のふもとにある五湖周辺には、花の名所や名水の里、富士急ハイランドなどの多様なレジャースポットが多い。富士見が楽しめる温泉施設のほか、青木ヶ原樹海のネイチャーウォークや風穴・氷穴の探検も人気。

忍野八海

富士山麓の自然が生んだ名水の里

富士山の雪解け水が長い年月をかけて地上に湧き出した湧水池。富士山信仰と深いかかわりのある8つの池は、それぞれが構成資産として富士山体とともに世界文化遺産に登録されている。

忍野八海
忍野八海
忍野八海
忍野八海

富士山五合目

富士スバルラインで雲上の地へ

富士スバルラインの終点で標高2305m、下界との温度差に驚く。富士登山の起点となる場所で雲がはるか低い位置に見える。売店もあり、おみやげを買ったり軽食をとったりできる。

富士山五合目
富士山五合目
富士山五合目

北口本宮冨士浅間神社

 

雄大な富士の裾野に鎮座する富士信仰の聖地

日本武尊(やまとたける)が富士の遥拝地として定めたのが起源と伝わる北口本宮冨士浅間神社は、1900年以上もの歴史が刻まれた日本屈指のパワースポット。悠然とそびえ立つ富士の裾野にあり、史跡である境内は見ごたえがある。境内には吉田口登山道の起点となる登山門がある。桃山様式の本殿、西宮本殿、武田信玄造営の東宮本殿は、いずれも重要文化財に指定されている。

北口本宮冨士浅間神社
北口本宮冨士浅間神社
北口本宮冨士浅間神社
北口本宮冨士浅間神社

鳴沢氷穴

真夏でも氷柱。美しき氷の世界

総延長150m以上の環状式縦穴で国の天然記念物。複雑な4段構造で年間平均気温は0度前後。1年中氷に覆われている幻想的な洞窟内には、氷の壁、氷の池、氷柱などがみられる。

鳴沢氷穴
鳴沢氷穴
鳴沢氷穴
鳴沢氷穴
1 2 3 4 5 6 7 8

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください