トップ > 全国 x 和菓子 > 北海道 x 和菓子 > 札幌・函館・旭川 x 和菓子 > 札幌・小樽 x 和菓子 > 札幌 x 和菓子

札幌 x 和菓子

札幌のおすすめの和菓子スポット

札幌のおすすめの和菓子スポットをご紹介します。ふかしたてのおいしさが評判「大黒屋」、パッケージも魅力の手焼きせんべい「サムライ煎兵衛」、レトロかわいいパッケージ「千秋庵本店」など情報満載。

  • スポット:9 件
  • 記事:2 件

札幌のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 9 件

札幌のおすすめスポット

大黒屋

ふかしたてのおいしさが評判

昭和6(1931)年創業の老舗で、ふかしたてのおいしさが評判の自家製温泉饅頭の店。店内で手作りされ、添加物は一切使用していない。昔ながらの味をかたくなに守り続けている。

大黒屋

大黒屋

住所
北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目319
交通
JR札幌駅からじょうてつバス定山渓車庫前行きで1時間5分、定山渓湯の町下車すぐ
料金
定山渓温泉饅頭=75円(1個)、680円(9個入)、1209円(16個入)/

サムライ煎兵衛

パッケージも魅力の手焼きせんべい

円山にある手焼きせんべいの専門店。せんべいにはゆめぴりか、おぼろづき、ふっくりんこの北海道米3品種を使用。それぞれの味や食感の違いを楽しめる。

サムライ煎兵衛

住所
北海道札幌市中央区南二条西25丁目1-18
交通
地下鉄円山公園駅からすぐ
料金
焼塩=151円/トリュフ塩=172円/ごま塩=129円/海鮮おかき サーモンペッパー=540円/サムライおかきバター醤油=518円/

千秋庵本店

レトロかわいいパッケージ

大正10(1921)年創業の和洋菓子の専門店。パイの皮で上質な小豆あんを包んだノースマンが代表作である。北のロマンをさわやかな甘さで表現したものだ。

千秋庵本店
千秋庵本店

千秋庵本店

住所
北海道札幌市中央区南三条西3丁目17千秋庵ビル
交通
地下鉄すすきの駅から徒歩3分
料金
ノースマン=885円(5個入)/山親爺=740円(10枚入)/小熊のプーチャンバター飴=750円(大缶)、480円(小缶)/北のマドンナ=814円(6枚入缶)/

かど丸餅店

早朝から行列必至の老舗の餅店

昭和12(1937)年創業でテイクアウトのみ行っている餅店。米や小豆など素材のほとんどが道産で、適度なコシと歯切れの良さが特徴。

かど丸餅店
かど丸餅店

かど丸餅店

住所
北海道札幌市東区北二十三条東7丁目2-23
交通
地下鉄元町駅から徒歩13分
料金
桜餅=98円/みかん大福=120円/豆大福=98円/

月寒あんぱん本舗 ほんま 総本店

これぞ札幌銘菓。明治時代から愛される素朴なまんじゅう

明治39(1906)年創業の菓子店。札幌で明治時代から愛され続ける銘菓「月寒あんぱん」を製造・販売。十勝産小豆のこしあんを薄皮で包んだもので、昔ながらの素朴な味だ。

月寒あんぱん本舗 ほんま 総本店

住所
北海道札幌市豊平区月寒中央通8丁目1-10
交通
地下鉄月寒中央駅から徒歩10分

ぽっぽまんじゅう 札幌パセオ店

蒸したての「ぽっぽまんじゅう」が大人気

JR札幌駅の飲食店街にあり、観光客をはじめ、通勤・通学途中やショッピング途中など幅広い客から親しまれている店。札幌駅の名物「ぽっぽまんじゅう」は、蒸し立てのしっとりした「もちもち」感が好評を集めている。

ぽっぽまんじゅう 札幌パセオ店

住所
北海道札幌市北区北六条西4丁目3-1札幌パセオ 1階
交通
JR札幌駅からすぐ
料金
ぽっぽまんじゅう=97円(黒糖)、108円(抹茶)/

煉化餅本舗

江別特産のレンガをモチーフにした餅が名物

明治34(1901)年、野幌駅ホームで販売され人気を博した「煉化もち」。レンガの形をかたどった江別を象徴する餅菓子で、今も昔ながらの製法で作られている。北海道産小麦や十勝産大豆で作った素朴な「えべつまんじゅう」も人気。

煉化餅本舗

住所
北海道江別市野幌町8-4
交通
JR函館本線野幌駅から徒歩5分

餅菓子商 白谷

バリエーション豊かな餅専門店

手みやげでもらった人がそのおいしさにはまって買い求めに来ることが多いという餅専門店。定番の十勝黒豆大福やよもぎもちのほか、餡が苦手な人にも好評な洋風大福もそろう。

餅菓子商 白谷

住所
北海道札幌市中央区南三条西17丁目ホッカイビル 1階
交通
地下鉄西18丁目駅から徒歩7分