トップ > 全国 x 滝 > 東北 x 滝

東北 x 滝

東北のおすすめの滝スポット

東北のおすすめの滝スポットをご紹介します。険しい断崖を弾むように落下する2段の滝の躍動感ある眺め「雲井の滝」、轟音をあげて流れ落ちる滝は奥入瀬散策のハイライト「銚子大滝」、大きな岩肌を豪快に流れ落ちる男滝「達沢不動滝」など情報満載。

  • スポット:60 件
  • 記事:9 件

東北のおすすめエリア

1~20 件を表示 / 全 60 件

東北のおすすめの滝スポット

雲井の滝

険しい断崖を弾むように落下する2段の滝の躍動感ある眺め

2段に屈折して流れ落ちる落差約25mの瀑布。水量が多く重厚な存在感を持ち、取り囲む樹木の間から力強く流れ落ちる姿が美しい。

雲井の滝
雲井の滝

雲井の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間45分、雲井の滝下車、徒歩10分
料金
情報なし

銚子大滝

轟音をあげて流れ落ちる滝は奥入瀬散策のハイライト

奥入瀬川本流にかかる唯一の滝。十和田湖に遡上する魚を阻み続けて来た滝としても有名。豪快で男性的な流れに近付けるため、記念撮影をする観光客でいつも賑わっている。

銚子大滝

銚子大滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間51分、銚子大滝下車すぐ
料金
情報なし

達沢不動滝

大きな岩肌を豪快に流れ落ちる男滝

大きな一枚岩の岩肌に沿って流れ落ちる高さ10m、幅16mのダイナミックな滝。豪快な姿が印象的で「男滝」ともいわれている。隣には優美な女滝も流れる。紅葉の時期も美しい。

達沢不動滝
達沢不動滝

達沢不動滝

住所
福島県耶麻郡猪苗代町蚕養
交通
JR磐越西線猪苗代駅からタクシーで40分、滝口駐車場から徒歩10分
料金
情報なし

幻の滝

幽玄の趣を間近に感じられる

駐車場から歩いて5分ほどで、約10mの落差のある滝に出会える。滝のそばまで遊歩道があるので、飛沫を浴びながら、何段にもなって流れ落ちる姿を間近に眺められ爽快だ。

幻の滝
幻の滝

幻の滝

住所
福島県耶麻郡磐梯町磐梯
交通
JR磐越西線磐梯町駅からタクシーで30分
料金
情報なし

元滝伏流水

湧き出す水は鳥海山からの恵み

幅約30mの苔むした岩肌から、鳥海山の伏流水が幾筋にも分かれて噴出する幽玄な滝。その水量は1日5万トンにも上るとか。苔の緑と白い飛沫のコントラストが目に鮮やかだ。

元滝伏流水
元滝伏流水

元滝伏流水

住所
秋田県にかほ市象潟町関
交通
JR羽越本線象潟駅からタクシーで15分
料金
情報なし

鳳鳴四十八滝

風光明媚な広瀬川の名瀑

大小の滝が、折り重なるように流れるさまは迫力満点。幅10m、落差25mの水の饗宴を満喫しよう。清冽な水音が鳳凰の鳴き声に似ていることが名前の由来だとか。新緑、紅葉の時季はとくに美しい。

鳳鳴四十八滝
鳳鳴四十八滝

鳳鳴四十八滝

住所
宮城県仙台市青葉区作並棒目木
交通
JR仙山線熊ケ根駅から仙台市営バス作並温泉元湯行きで3分、鳳鳴四十八滝入口下車、徒歩3分
料金
情報なし

秋保大滝

豪快に流れ落ちる名瀑

名取川の上流部にある落差55m、幅6mの豪快な滝。国の名勝にも指定されている。轟音とともに飛沫を輝かせ流れ落ちる様子は壮観。滝見台から眺められるほか、滝壺へと続く遊歩道も整備され、間近でマイナスイオンを浴びることもできる。

秋保大滝
秋保大滝

秋保大滝

住所
宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝地内
交通
JR仙山線愛子駅から仙台市営バス二口行きで38分、秋保大滝下車すぐ
料金
情報なし

白銀の滝

雪解け水が流れ落ちる迫力ある滝。マイナスイオンが心地よい

22メートルの絶壁から流れ落ちて、水しぶきを上げる様子は豪快そのもの。対岸には観瀑台があり、滝しぶきの心地よさを感じることができる。

白銀の滝
白銀の滝

白銀の滝

住所
山形県尾花沢市銀山新畑
交通
JR山形新幹線大石田駅からはながさバス銀山温泉行きで40分、終点下車、徒歩8分
料金
情報なし

九段の滝

階段状の岩を水が流れ落ちる変化に富んだ眺めが魅力

銚子大滝から遊歩道を歩いていくと見える滝。奥入瀬の創成を物語る複雑な地層が露出し、その段々になっている岩肌を縫うように滝が流れる、優美な姿が印象的だ。

九段の滝

九段の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間51分、銚子大滝下車、徒歩5分
料金
情報なし

涼風の滝

何段もの段差を流れ落ちる

涼風の滝木々の間を見え隠れしながら、滝が流れ落ちる様子が涼しげ。見つけにくいので通りすぎないよう注意。

涼風の滝

住所
岩手県八幡平市松尾寄木
交通
東北自動車道松尾八幡平ICから県道23号を八幡平樹海ライン方面へ車で30km
料金
情報なし

まぼろしの滝

大芦沢渓谷の奥に発見された4つの滝

最上川へそそぐ鮭川の支流大芦沢川の最深部にある平成5年に発見された滝群。高さや姿の個性的な大滝、白猿の滝、夫婦滝、湯沢の滝の4つよりなる。林道の終点から大芦沢渓谷をさかのぼり、与蔵沼まで上る登山道が整備されている。

まぼろしの滝
まぼろしの滝

まぼろしの滝

住所
山形県最上郡鮭川村曲川大芦沢
交通
JR山形新幹線新庄駅からタクシーで1時間、大芦沢登山口から徒歩30分
料金
情報なし

不動滝

山中を流れる美しい滝

蔵王山中の瀑布のうち、もっとも規模の大きな滝で、高さ約54m、幅は約16mある。青根温泉、峩々温泉、遠刈田温泉の効能を生み出したといわれる不動滝の大ウナギとカニの伝説も残る。

不動滝
不動滝

不動滝

住所
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林地内
交通
JR東北新幹線白石蔵王駅からミヤコーバスアクティブリゾーツ宮城蔵王行きで52分、終点下車、タクシーで20分
料金
情報なし

不動滝

季節によって豊かに表情を変える森中の滝

うっそうとした森の中で轟音を響かせる不動滝は右側が男滝、左側が女滝と名付けられている。水かさが増す初夏、紅葉に彩られる秋など四季の変化も楽しみ。

不動滝

住所
岩手県大船渡市三陸町綾里熊之入
交通
三陸鉄道リアス線綾里駅からタクシーで10分
料金
情報なし

荒沢の滝

木々の間を勢いよく流れ落ちる七段の荒沢の滝。その色は神秘的

木々に覆われた谷間を縫うように荒々しく流れ落ちる七段の荒沢の滝。滝つぼは深く、橋から眺めるその色は実に神秘的だ。観光地としても有名で付近にはキャンプ場がある。

荒沢の滝

荒沢の滝

住所
宮城県加美郡加美町鹿原滝庭
交通
JR陸羽東線西古川駅からタクシーで40分
料金
情報なし

白布大滝

最上川最上流部の滝

西吾妻スカイバレーから温泉街に入る手前、左手の沢を下りたところ。展望台から落差約50mの豪快な滝を眺められ、初夏には吾妻山の雪解け水で水量を増し、迫力満点。

白布大滝
白布大滝

白布大滝

住所
山形県米沢市関白布温泉
交通
JR山形新幹線米沢駅から山交バス白布温泉行きで38分、白布温泉下車、徒歩5分
料金
情報なし

玉簾の滝

山形県随一の高さ63mの滝。パワースポットとしても人気

日向川の上流にある落差約63mを誇る滝。かつて弘法大師が発見したと伝えられているところで、滝の落ちる断崖の中腹に岩窟があり、これを神座としていたため玉簾の名が付いたという。

玉簾の滝
玉簾の滝

玉簾の滝

住所
山形県酒田市升田
交通
JR羽越本線遊佐駅からタクシーで35分
料金
情報なし

法体の滝

3つの滝からなる流長約100m、落差57.4mの迫力ある滝

日本百名山の一つ鳥海山の東麓、秋田県由利地方を流れる子吉川の源流部にある末広がりの荘厳な滝。3つの滝からなり流長約100m、落差57.4mのビッグスケール。特に紅葉の美しさは格別。

法体の滝

法体の滝

住所
秋田県由利本荘市鳥海町百宅奥山
交通
由利高原鉄道鳥海山ろく線矢島駅からタクシーで40分
料金
情報なし

胴腹滝

神秘的な雰囲気のある名水

鳥海山の山腹から湧き出た2筋の滝の中央には、子安大聖不動明王を祀る、胴腹滝不動堂が安置されている。人の身体を守ってくれるといわれ、安産の神として崇められている。

胴腹滝
胴腹滝

胴腹滝

住所
山形県飽海郡遊佐町吉出懐ノ内
交通
JR羽越本線遊佐駅からタクシーで20分
料金
情報なし

奈曽の白滝

轟音とともに流れ落ちる名瀑

かつては鳥海山に向かう難所だった奈曽地区にある滝。金峰神社から階段を下りれば滝壺の近くまで行ける。鳥海火山の溶岩流でできた絶壁から流れ落ちる美しい姿を眺めよう。

奈曽の白滝
奈曽の白滝

奈曽の白滝

住所
秋田県にかほ市象潟町小滝
交通
JR羽越本線象潟駅からにかほ市コミュニティバス湯の台行き(日曜、祝日運休)で15分、奈曽滝前下車すぐ
料金
情報なし

釜淵の滝

教員時代の賢治が訪れた滝

高さ8.5m、幅30mの巨大な岩石の上を、這うように水が流れ落ちるユニークな形状の滝。名称の由来は、滝つぼが釜の形をしているからなど、さまざまな説がある。

釜淵の滝

釜淵の滝

住所
岩手県花巻市湯本地内
交通
JR東北本線花巻駅から岩手県交通花巻温泉・台温泉行きバスで20分、花巻温泉下車、徒歩10分
料金
情報なし