「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【青森タウンのグルメ】津軽ラーメンを食す!

【青森タウンのグルメ】津軽ラーメンを食す!

【青森タウンのグルメ】津軽ラーメンを食す!

by mapple

更新日:2018年4月4日

魚介の街・青森ならではの煮干し・焼き干しを贅沢にスープに使う、それが津軽ラーメン。元祖・あっさりからニューカマー・こってりまで各店特徴があって迷うこと必至!

中華そば 田むら

見た目とは裏腹なクリーミーな味わい
ガッツリとした風味の煮干しに2日かけて作る豚骨と鶏の白湯スープがよく合う。紹介しているこってり系のほか、あっさり系も人気。

中華そば 田むら

鬼にぼし 700円

中はコシ、外はツルツルの二重構造になった自家製麺も絶品

鬼にぼし 700円
鬼にぼし 700円

スープ 煮干し、豚骨、鶏
   中太ちぢれ
   チャーシュー、メンマなど

中華そば 田むらの詳細情報


住所
青森県青森市緑3丁目4-12
交通
JR青森駅からタクシーで11分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:00(スープがなくなり次第閉店)
休業日
水曜、祝日の場合は営業GWは無休、年末年始休、臨時休あり

自家製麺 中華そばひらこ屋

煮干しの風味が絶妙なすっきりとした味わい
昼時には行列必至の人気店。鳥取県境港から取り寄せた煮干しや焼き干しを使ったあっさり系のほかに、豚骨煮干しの濃い口もおすすめ。

自家製麺 中華そばひらこ屋

煮干し中華そば(あっさり) 550円

煮干しの風味とキレのある醤油の味わいがたまらない。

煮干し中華そば(あっさり) 550円
煮干し中華そば(あっさり) 550円

スープ 煮干し、焼き干しなど
   中太ストレート
   チャーシュー、メンマなど

自家製麺 中華そば ひらこ屋の詳細情報


住所
青森県青森市新城山田588-16
交通
JR奥羽本線津軽新城駅から徒歩9分
営業期間
通年
営業時間
10:30~20:45(スープがなくなり次第閉店)
休業日
火曜、祝日の場合は営業

長尾中華そば青森駅前店

最後まで飲み干せる濃厚なスープ
ひと晩寝かせた白湯スープに、4種類の煮干しを加えたスープが絶妙。あっさり味も用意している。

[電話]017-773-3715
[時間]7:00~20:00 
[休み]月曜(祝日の場合は翌日休) 
[所在地]青森市柳川1-2-3 青森駅ビル・ラビナ1階 
[アクセス]JR青森駅からすぐ
Pなし

長尾中華そば青森駅前店

こく煮干し 730円

麺は細ストレート、中太ちぢれ、手打ち麺の3種類から選べる。

こく煮干し 730円
こく煮干し 730円

スープ 煮干し、豚骨、鶏
   3種類から選べる
   チャーシュー、メンマなど

びっくり!青森の常識?朝ラー

青森では朝からラーメンをいただけるお店がある。これは市場で働く人々のためなど、諸説さまざま。1日の始まり、地元民に交じってぜひともチャレンジしてみたい!

びっくり!青森の常識?朝ラー

長尾中華そば青森駅前店にて朝ラー体験

くどうラーメン

朝から食べたくなる昔ながらの味わい
昭和23(1948)年創業、そば屋発祥のラーメン店。朝から営業の店で、いつも常連客で賑わっている。

くどうラーメン

津軽ラーメン 550円

焼き干しのほかに豚骨と鶏ガラも使用したスープはさっぱりとした味わい

津軽ラーメン 550円
津軽ラーメン 550円

スープ 焼き干し、豚骨、鶏ガラ
   細ちぢれ
   チャーシュー、メンマなど

くどうラーメンの詳細情報


住所
青森県青森市新町1丁目6-12
交通
JR青森駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
8:00~15:55(L.O.)
休業日
月1~2日不定休、木曜

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる青森 弘前・津軽・十和田'18」です。掲載した内容は、2017年8~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×