トップ > 全国 x 滝 > 東北 x 滝

東北 x 滝

東北のおすすめの滝スポット

東北のおすすめの滝スポットをご紹介します。ほぼ直角に切り立った崖を流れ落ちる滝「男滝」、岩肌をはうように流れる滝「みろくの滝」、高さ30mから落下する滝は迫力満点。高湯温泉の代表的な景勝地「不動滝」など情報満載。

  • スポット:60 件
  • 記事:9 件

東北のおすすめエリア

東北の新着記事

41~60 件を表示 / 全 60 件

東北のおすすめの滝スポット

男滝

ほぼ直角に切り立った崖を流れ落ちる滝

桃洞滝からザイルを使って登る上級登山者向けのコースにある、ほぼ直角に切り立った崖を落ちる滝。透明度は高く、水量は少ない。

男滝

住所
秋田県北秋田市森吉
交通
秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線阿仁前田温泉駅からタクシーで50分(遊歩道入口まで)
料金
情報なし

みろくの滝

岩肌をはうように流れる滝

この地で断食修行をした僧が、弥勒菩薩を祀っていたことから名付けられた滝。高さ30m、幅20mの巨岩の上を白い幾筋もの水が流れる姿は繊細で、神秘的な美しさ。

みろくの滝

みろくの滝

住所
青森県三戸郡田子町夏坂地内
交通
青い森鉄道三戸駅から南部バス田子行きで40分、サンモール田子で田子町コミュニティバス上夏坂行きに乗り換えて32分、終点下車、徒歩40分
料金
情報なし

不動滝

高さ30mから落下する滝は迫力満点。高湯温泉の代表的な景勝地

高湯温泉中心部から歩いて30分ほどの場所に整備された、高湯不動滝探勝遊歩道のメインスポット。高さ約30mから豪快に流れ落ちる迫力ある景観で、高湯温泉の代表的な景勝地だ。

不動滝

不動滝

住所
福島県福島市町庭坂神ノ森
交通
JR福島駅から福島交通高湯温泉方面行きバスで40分、ハイランド前下車、徒歩12分
料金
情報なし

双白髪の滝

白糸・白絹・不老の滝の対面。白く透明感があり白髪を思わせる滝

白糸・白絹・不老の滝と向かい合うような場所にあり、白く透明感ある流れが白髪を思わせる。この四滝を一望する一目四滝は、新緑や紅葉の頃に見事な絶景を望める。

双白髪の滝

双白髪の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間51分、銚子大滝下車、徒歩20分
料金
情報なし

籟音の滝

白銀の滝より上流にある滝。季節を感じる自然の景観が満喫できる

白銀の滝の上流にある滝で、景観が素晴らしい。大自然に囲まれ、季節により緑や紅葉に染まり、年間を通して美しい自然が満喫できる。

籟音の滝

籟音の滝

住所
山形県尾花沢市銀山新畑
交通
JR山形新幹線大石田駅からはながさバス銀山温泉行きで40分、終点下車、徒歩10分
料金
情報なし

玉簾ノ滝

岩肌を転がる珠のように繊細な滝

奥入瀬渓流の変化に富んだ流れを現す代表的な滝のひとつ。横縞の断崖の上を、簾をかけたように緩やかに水が流れ落ちている。

玉簾ノ滝

玉簾ノ滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間51分、銚子大滝下車、徒歩15分
料金
情報なし

一ノ滝

木々に囲まれた岩間を流れる美しい名瀑

月光川の上流、鳥海山の清らかな水が流れる荘厳な渓谷。一ノ滝から、二ノ滝、三ノ滝と鳥海山に向かって滝が続く。ハイキングするなら、一ノ滝から二ノ滝まで往復1時間30分を歩くのがおすすめ。

一ノ滝
一ノ滝

一ノ滝

住所
山形県飽海郡遊佐町一ノ滝
交通
JR羽越本線遊佐駅からタクシーで25分
料金
情報なし

一目四滝

幾多の季節を経ても変わらず力強く流れ続ける白き滝

白絹、白糸、不老、双白髪の4つの滝が競うように流れ落ちる。新緑や紅葉の頃は白く流れる滝とのコントラストが見事だ。

一目四滝
一目四滝

一目四滝

住所
青森県十和田市奥入瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間51分、銚子大滝下車、徒歩10分
料金
情報なし

白糸の滝

樹木の中に滝水の白さが映えて絶妙なハーモニーで美景

深々とした樹木に覆われた断崖に、まるで白い糸を垂らしたように流れる美しい滝。最上峡舟下りの終点にもなっている。四季折々に優雅な風景を楽しめる。

白糸の滝
白糸の滝

白糸の滝

住所
山形県最上郡戸沢村古口草薙向
交通
JR陸羽西線高屋駅から徒歩15分
料金
情報なし

千筋の滝

細い白糸を幾つも垂らしたような繊細で儚げな感じがする滝

大町桂月が愛した奥入瀬渓流の、大小14の滝のひとつ。幾重にも白糸を垂らしたように見え、繊細で女性的な美しさが魅力。流れを縁取る緑との調和も見事。

千筋の滝

千筋の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間45分、雲井の滝下車、徒歩10分
料金
情報なし

川原毛大湯滝

湯の滝が流れる天然露天風呂

断崖から湧き出した温泉が滝となって流れ落ち、天然の露天風呂になっている。川原毛地獄から徒歩15分ほどにあり、7月上旬~9月中旬に入浴できる。

川原毛大湯滝
川原毛大湯滝

川原毛大湯滝

住所
秋田県湯沢市高松高松沢国有林
交通
湯沢横手道路須川ICから県道51号を木地山高原方面へ車で22km
料金
情報なし

うさぎ滝

なだらかな斜面状の巨大一枚岩を這うように流れる不思議な滝

ノロ川の源流部であり、森吉山野生鳥獣センターを起点に徒歩で約2時間。なだらかな斜面の巨大な一枚岩の岩肌に這うように流れるのが見もの。

うさぎ滝

住所
秋田県北秋田市森吉
交通
秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線阿仁前田温泉駅からタクシーで50分(遊歩道入口まで)
料金
情報なし

安の滝

「日本の滝100選」第2位の名瀑

落差90mに及ぶ2段構造の滝で、「日本の滝百選」に選ばれている。この滝に身を投げという美しい娘の悲恋伝説にちなみ、恋愛成就の聖地としてカップルが訪れる。アプローチは林道の難路があり、時間に余裕をみたい。

安の滝
安の滝

安の滝

住所
秋田県北秋田市阿仁打当
交通
秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線阿仁マタギ駅からタクシーで30分、安の滝入口駐車場下車、徒歩45分
料金
情報なし

七滝

落差約60mの神聖な名瀑

「日本の滝百選」に選ばれた名瀑で、頂上から下段まで7つの段があるとされる。滝の下まで行くことができるので、下から見上げると相当の迫力。竜神が祀られる神聖な滝といわれる。

七滝
七滝

七滝

住所
秋田県鹿角郡小坂町上向藤原35-3
交通
JR花輪線十和田南駅からタクシーで30分
料金
情報なし

思いの滝

女沼の緩やかな斜面を上ると見えてくる自然林の中の雄大な滝

女沼のなだらかな斜面を上ったところにある雄大なスケールの滝。途中の林道を案内板に従って左へ進むと仁田沼へ抜けることもできる。

思いの滝

思いの滝

住所
福島県福島市土湯温泉町
交通
JR福島駅から福島交通土湯温泉行きバスで42分、終点下車、徒歩1時間30分
料金
情報なし

滑津大滝

迫力あふれる二階滝

白石川上流部にある滑津大滝は、高さ約10m、幅約30mの滝。独特な形から二階滝と呼ばれるこの滝は、遊歩道が整備されていて滝の間近まで行くことができる。

滑津大滝
滑津大滝

滑津大滝

住所
宮城県刈田郡七ヶ宿町滑津
交通
JR東北本線白石駅から七ヶ宿町営バス七ヶ宿町役場行きで40分、終点で七ヶ宿町営バス干蒲行きに乗り換えて14分、滑津大滝下車すぐ
料金
情報なし

乙字ヶ滝

小ぶりだが川幅が広い瀑布はまさに見事。日本の滝100選の1つ

日本の滝100選の1つに。落差5mと小ぶりだが川の端から端までかかる瀑布はまさに自然が造り上げた芸術。芭蕉が「五月雨の滝降りうづむ水かさ哉」と詠んだことでも知られる。

乙字ヶ滝
乙字ヶ滝

乙字ヶ滝

住所
福島県石川郡玉川村竜崎滝山
交通
JR水郡線泉郷駅から福島交通須賀川行きバスで7分、乙字ヶ滝下車すぐ
料金
情報なし

銚子ヶ滝

白い瀑布の美景は日本の滝百選と、ふくしまの水三十選に指定

酒を入れる銚子に似ていることからその名がつき、高さ48mの美しい白い瀑布の景観は見事だ。日本の滝百選、ふくしまの水三十選にも選ばれている。

銚子ヶ滝

銚子ヶ滝

住所
福島県郡山市熱海町石筵
交通
磐越自動車道磐梯熱海ICから県道24号を熱海町方面へ車で10km
料金
情報なし

滑川大滝

標高860mの山にある松川の上流に位置。「日本の滝百選」認定

標高860mの山で阿武隈川の支流、松川の上流に位置する。「日本の滝百選」のひとつで、付近には潜滝など複数の滝がある。滑川温泉の吊橋が老朽化による通行禁止のため、橋下を渡渉する必要がある。

滑川大滝
滑川大滝

滑川大滝

住所
山形県米沢市大沢
交通
JR奥羽本線峠駅からタクシーで50分
料金
情報なし

逢滝・夕滝

大滝大明神の鳥居をくぐると見え始める滝は優しく穏やかで女性的

鶯宿温泉街の西、沢内へ抜ける道沿いにある。「大滝大明神」の鳥居が目印。いずれも大きな滝ではないが、女性的な優しい表情だ。

逢滝・夕滝

逢滝・夕滝

住所
岩手県岩手郡雫石町鶯宿
交通
JR盛岡駅から岩手県交通鶯宿温泉行きバスで50分、終点下車、徒歩15分
料金
情報なし