トップ > 全国 x 滝 > 東北 x 滝

東北 x 滝

東北のおすすめの滝スポット

東北のおすすめの滝スポットをご紹介します。上下二段で趣が異なる。奥入瀬渓流の名物滝「松見の滝」、木々に囲まれた岩間を流れる美しい名瀑「二ノ滝」、白糸を垂れるように落ちる水から別名「白糸の滝」とも呼ばれる「中野白滝」など情報満載。

  • スポット:60 件
  • 記事:9 件

東北のおすすめエリア

東北の新着記事

21~40 件を表示 / 全 60 件

東北のおすすめの滝スポット

松見の滝

上下二段で趣が異なる。奥入瀬渓流の名物滝

青森県十和田市にある滝で、滝は上下2段に分かれ、上方は白布、下方はすだれのような滝だ。両側に自生する松から松見の滝と名が付いた。

松見の滝

松見の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間33分、紫明渓下車、徒歩3時間
料金
情報なし

二ノ滝

木々に囲まれた岩間を流れる美しい名瀑

月光川の上流、鳥海山の清らかな水が流れる荘厳な渓谷。一ノ滝から、二ノ滝、三ノ滝と鳥海山に向かって滝が続く。ハイキングするなら、一ノ滝から二ノ滝まで往復1時間30分を歩くのがおすすめ。

二ノ滝
二ノ滝

二ノ滝

住所
山形県飽海郡遊佐町吉出懐ノ内
交通
JR羽越本線遊佐駅からタクシーで20分、一の滝駐車場から徒歩20分
料金
情報なし

中野白滝

白糸を垂れるように落ちる水から別名「白糸の滝」とも呼ばれる

高家川に架かり、上滝と下滝の2段になっている。両岸の奇岩の間に白糸を垂れるように落ちる姿から、別名白糸の滝と呼ばれている。

中野白滝

中野白滝

住所
岩手県九戸郡洋野町中野第11地割地内
交通
JR八戸線陸中中野駅から徒歩20分
料金
情報なし

銚子の滝

珍しい形の滝壺に注目してみよう

滝つぼが“とっくり”のような形をしていて、まるで滝の水を注いでいるよに見えることから「銚子の滝」と呼ばれるようになったという。落差は18mだが、実物はもう少し高く感じるかもしれない。

銚子の滝
銚子の滝

銚子の滝

住所
秋田県山本郡藤里町藤琴湯の沢
交通
JR奥羽本線二ツ井駅から秋北バス真名子行きで35分、湯の沢温泉下車、徒歩7分
料金
情報なし

七ツ滝

国道339号から岩の窪みが変化をつける七ツ滝が見られる

小泊から龍飛崎へ海沿いの国道339号を車で走っていると、草に覆われた岩の間を落ちる七ツ滝に出会う。岩の窪みが流れに変化を与えて、とうとうと流れる姿が印象的。

七ツ滝
七ツ滝

七ツ滝

住所
青森県北津軽郡中泊町小泊小泊山
交通
JR五能線五所川原駅から弘南バス小泊行きで2時間15分、終点下車、タクシーで15分
料金
情報なし

竜ノ門の滝

落差50mの滝。新緑や紅葉の季節には水の白さも映えて見事

会津駒ヶ岳への登山口、滝沢橋から入ったところにある落差50メートルの滝。新緑の頃も美しいが、秋には紅葉と落水の白が見事なコントラストを描く。展望台周辺に咲く石楠花も見ものだ。

竜ノ門の滝

竜ノ門の滝

住所
福島県南会津郡檜枝岐村滝沢
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線会津高原尾瀬口駅から会津バス沼山峠行きで1時間16分、駒ヶ岳登山口下車、徒歩40分
料金
情報なし

白糸の滝

滝の流れに癒されよう

奥入瀬渓流の見所のひとつ。いく筋にもなって流れ落ち、風が吹けばなびきそうなほど細く、絹糸のような繊細な滝。2月には氷瀑となる。

白糸の滝

白糸の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間51分、銚子大滝下車、徒歩10分
料金
情報なし

一の滝

周辺で釣り等が楽しめる滝

北上川の支流・葛丸川渓流の川幅いっぱいに落差している滝。近くまで行くことのできる道があり、周辺はバードウォッチングや森林浴、渓流釣りなどを楽しむことができる。

一の滝

一の滝

住所
岩手県花巻市石鳥谷町大瀬川
交通
JR東北本線石鳥谷駅からタクシーで10分
料金
情報なし

不動の滝

落差15mの大瀑布は圧巻。「日本の滝百選」にも数えられる

「日本の滝百選」に選ばれた岩手を代表する滝。約15mの高さから真っ白いしぶきをあげて流れ落ちる姿は、まさに圧巻。滝の中ほどには不動明王が安置されている。

不動の滝

不動の滝

住所
岩手県八幡平市高畑
交通
JR花輪線荒屋新町駅からタクシーで10分
料金
情報なし

三階滝

なめらかな岩肌を3段に分かれて滑り落ちる滝。秋の紅葉スポット

太平湖からのびる遊歩道の終点。なめらかな岩肌を滑り落ちるように連続して3段に分かれる滝が現れる。太平湖、小又峡最大の見どころで、上流側へは縦走路がある。

三階滝

三階滝

住所
秋田県北秋田市奥森吉
交通
秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線阿仁前田温泉駅からタクシーで50分、太平湖遊覧船に乗り換えて30分、小又峡入口から徒歩50分
料金
情報なし

十二滝

大小12の滝からなる美滝。新緑や紅葉の頃が一番のおすすめ

“飽海三名瀑”のひとつ。あたりには自然の木々がうっそうと生い茂り、森林浴にも最高。新緑の頃、紅葉の頃が特におすすめ。冬期はスノーシューズ、かんじきなどが必要。

十二滝

十二滝

住所
山形県酒田市北俣奥山
交通
JR羽越本線砂越駅から庄内交通海ヶ沢行きバスで23分、鹿島下車、徒歩20分
料金
情報なし

関山の大滝

荘厳な渓谷美に注目

高さ10m、幅15mのダイナミックな滝。付近の山峡は奇岩にそそり怪石に富んでいる。秋には見事な紅葉を見ることができる。すぐそばには、山形県天然記念物指定の巨木「大カツラ」がある。

関山の大滝

関山の大滝

住所
山形県東根市関山
交通
JR山形新幹線さくらんぼ東根駅からタクシーで25分
料金
情報なし

白糸の滝

落差45mを流れ落ちる秀麗な滝は季節によって表情を変える

季節によってその表情を変える落差45mの秀麗な滝。東日本大震災の影響で落石があり、現在は復旧工事中。

白糸の滝

住所
宮城県栗原市花山本沢岳山
交通
JR東北新幹線くりこま高原駅からタクシーで1時間、徒歩15分
料金
情報なし

白布の滝

天女が白絹を垂らしたように見えることから名が付いた美滝

空から舞い降りた天女が白絹を垂らしたように見えることからこの名が付いた。数ある滝の中でも、細やかで妖艶、はかなげな美しさが多くの人を魅了している。

白布の滝

白布の滝

住所
青森県十和田市奥瀬
交通
JR東北新幹線八戸駅からJRバス十和田湖行きで1時間45分、雲井の滝下車、徒歩15分
料金
情報なし

小野川不動滝

ブナ原生林の奥地で見ることが出来る滝。水は日本名水百選に選定

昔は山岳修験道の場でもあった。この滝の水は日本名水百選にも選ばれている。ブナの原生林の奧にあるので、頑張って歩いた人しか見ることができない。

小野川不動滝
小野川不動滝

小野川不動滝

住所
福島県耶麻郡北塩原村桧原
交通
JR磐越西線猪苗代駅から磐梯東都バス休暇村・桧原行きで25分、五色沼入口下車、遊歩道の入り口まで徒歩1時間50分
料金
情報なし

桃洞滝

ふくらみを帯びた不思議な形の滝

森吉山野生鳥獣センターから桃洞・赤水分岐点を経由して約1時間。流れが最上部で左右に広がり、滝壺でまた一点に集まるという不思議な滝で、別名「女滝」とも呼ばれる。

桃洞滝

桃洞滝

住所
秋田県北秋田市奥森吉
交通
秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線阿仁前田温泉駅からタクシーで50分(遊歩道入口まで)
料金
情報なし

雨降りの滝

東山ダム手前を流れ下る水の音が雨音に似ているため付いた名称

東山ダムの手前にある滝。降り注ぐ水の音が雨音に似ているため、この風流な名がついた。松平家の照姫が詠んだ「たち寄れば袖もしぶきにぬれにけりげに雨ふりの滝のしらなみ」という歌がある。

雨降りの滝

雨降りの滝

住所
福島県会津若松市東山町湯本
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で15分、東山温泉駅下車、徒歩20分
料金
情報なし

七ツ滝

何本もの流れが途中で1つになって落ちる滝。新緑、紅葉の名所

日本の滝百選地。滝は幾本もの流れの筋が、岸壁の途中で1つにまとまって落ちる。落差は上方が50m、下方が40m。新緑、紅葉の名所である。

七ツ滝
七ツ滝

七ツ滝

住所
山形県鶴岡市田麦俣
交通
JR羽越本線鶴岡駅から庄内交通朝日庁舎行きバスで35分、終点で鶴岡市営バス田麦俣線に乗り換えて20分、田麦俣下車、徒歩20分
料金
情報なし

三階滝

高さ181mを3段に落ちる滝。日本の滝百選にも数えられる

日本の滝百選に選ばれている名瀑。後烏帽子岳東面を流れる石子沢から澄川へ、高さ181m、幅7mを細く3段に流れ落ち、滝つぼは12mある。特に紅葉時の眺望は息をのむ美しさである。

三階滝
三階滝

三階滝

住所
宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
交通
JR東北新幹線白石蔵王駅からミヤコーバスアクティブリゾーツ宮城蔵王行きで52分、終点下車、タクシーで10分(滝見台展望台まで)
料金
情報なし

茶釜の滝

日本の滝百選の一つだが秘境地にあるため容易に行くのは困難

高さ100mといわれる日本の滝百選の一つ。滝までのアプローチが難しく、百選滝中の三大難攻滝の一つといわれている。夜明島渓谷の入口から約5.5km沢登りをしたところにある。

茶釜の滝

茶釜の滝

住所
秋田県鹿角市八幡平
交通
東北自動車道鹿角八幡平ICから国道341号を玉川温泉方面へ車で30km
料金
情報なし