トップ >  関東・甲信越 > 北関東 > 日光・鬼怒川 > 日光 > 日光市街 > 

日光市街の名物ランチ クラシカルなレトロ館で贅沢なひと時を過ごそう

くらしたび

更新日: 2024年5月15日

この記事をシェアしよう!

日光市街の名物ランチ クラシカルなレトロ館で贅沢なひと時を過ごそう

日本の洋食文化の草分けとなった日光。
古きよき時代の雰囲気とこだわりの味が楽しめるお店をご紹介します。

外国人の避暑地として栄えた当時のレトロな建物で、伝統と先進性を併せ持つ日光スタイルの美味ランチを満喫してみよう。

【日光市街の名物ランチ】日光金谷ホテル メインダイニングルーム

クラシックな空間で伝統のフランス料理に出会う
数多くの来賓をもてなしてきた老舗ホテルのメインダイニングには、明治・大正時代をほうふつとさせるクラシックな調度品が並んでいる。長い歴史のなかで外国人に鍛えられはぐくんだ伝統の料理を、一度は味わってみたい。

【日光市街の名物ランチ】日光金谷ホテル メインダイニングルーム

【ここがレトロ】
格式と風情が感じられるレストランの内装
気品あふれる優雅な食堂
かつてのロビーを改装したメインダイニング。明治~大正時代の雰囲気がそのまま残る

【日光市街の名物ランチ】日光金谷ホテル メインダイニングルーム

プリフィックスランチ 6000円〜
好きな料理が選べるプリフィックススタイル。いろいろなチョイスが楽しいランチ

【日光市街の名物ランチ】日光金谷ホテル メインダイニングルーム

百年ライスカレーランチ 5000円 

大正時代のレシピを再現した名物カレー

【日光市街の名物ランチ】日光金谷ホテル メインダイニングルーム

窓際の席では、正面エントランス付近の緑を間近に眺めながら食事が楽しめる

日光金谷ホテル メインダイニングルーム

住所
栃木県日光市上鉢石町1300日光金谷ホテル内
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:30(L.O.)、18:00~20:00(L.O.)
休業日
無休
料金
季節のスペシャルランチ=4500円/虹鱒のソテー金谷風=3700円/大正コロッケット=3740円/百年ライスカレーランチ=4500円/

【日光市街の名物ランチ】西洋料理 明治の館

森に囲まれた洋館で本物の洋食の味を
格子窓から四季折々表情を変える庭園が望める、緑豊かな洋館レストラン。熟練のシェフが腕をふるうのは、明治時代に培われた歴史ある西洋料理。懐かしく心温まる味わいの食事を提供してくれる。地元素材の料理も数多くそろう。

【日光市街の名物ランチ】西洋料理 明治の館

オムレツライス 1870円
ケチャップ味のチキンライスに、口の中でふんわりとろけるオムレツをトッピング

【日光市街の名物ランチ】西洋料理 明治の館

【ここがレトロ】
石造りの洋館レストラン
蓄音機を日本に紹介したアメリカ人貿易商の別荘。文明開化の香り漂う明治時代の屋敷

【日光市街の名物ランチ】西洋料理 明治の館

アメリカ人貿易商の別荘だった美しい洋館

西洋料理 明治の館

住所
栃木県日光市山内2339-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:30(L.O.、時期により異なる)
休業日
不定休(12月27~31日休)
料金
オムレツライス=1760円/ビーフシチューのつぼ焼き=2530円/ロールキャベツ=1870円/虹鱒のムニエル明治の館風=1760円/

【日光市街の名物ランチ】カフェレストラン ふじもと

国登録文化財の洋館で栃木の恵みを気軽に味わう
「西洋料理 明治の館」と共に国登録有形文化財となっているレストラン。メニューはすべて昼夜共通で、栃木の旬を取り入れたやさしい味わいの洋食が楽しめる。

【日光市街の名物ランチ】カフェレストラン ふじもと

伊達鶏のコンフィと彩り野菜のスパイシーカレー 2200円
フレンチシェフが作る深みのある無添加カレー。季節に合わせた有機野菜が彩りを添える

【日光市街の名物ランチ】カフェレストラン ふじもと

【ここがレトロ】
カジュアルな中にクラシカルな趣が漂う。建物は明治末期に建てられたもの

【日光市街の名物ランチ】カフェレストラン ふじもと

晴れた日には緑豊かなテラス席も心地いい

カフェレストラン ふじもと

住所
栃木県日光市山内2339-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで8分、神橋下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~19:00
休業日
水曜
料金
伊達鶏のコンフィと彩り野菜のスパイスカレー=2200円/

レトロなカフェはこちら

自然茶寮 廻

古美術ギャラリーを改装した古民家カフェ。日光産の自然栽培や無農薬有機栽培の野菜を使った体にやさしいメニューが人気。日光の大地のおいしさを再発見。

自然茶寮 廻

自然の恵みありがとう定食

自然茶寮 廻
自然茶寮 廻

店内は天井に日本画が残るアートな空間

自然茶寮 廻

住所
栃木県日光市中鉢石町909-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで4分、日光支所前下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~17:30(閉店18:00)
休業日
木曜(臨時休あり)
料金
ランチ=1300円~/本日のスイーツ=550円~/

北関東の新着記事

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる6月号:特集は「初夏のあじさい名所」「おすすめファミリーキャンプ場」「最強ソウルナビ」、連載企画「いぎなり東北産の推しみやげ」「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「12星座占い」

国内・海外の旅行情報を紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドシリーズ『まっぷる』がお届けする、無料の月刊WEBマガジン「月刊まっぷる」。 WEBマガジンならではのアクションで、読者の「もっと知りたい!」「...

【宇都宮駅周辺・ランチ】駅から徒歩圏内で食べられるおすすめの美味しいランチスポット6選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、JR宇都宮駅と東武宇都宮駅周辺でランチが出来るお店をご紹介します。 宇都宮餃子の...

【水戸駅周辺・ランチ】便利な駅近で食べられるおすすめの美味しいランチスポット5選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、水戸駅周辺でランチが出来るお店をご紹介します。 奥久慈軍鶏を使用した自慢の親子丼...

【群馬 高崎駅周辺・ランチ】便利な駅近で食べられるおすすめの美味しいランチスポット5選

仕事や買い物、観光の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、高崎駅周辺でランチが出来るお店をご紹介します。 名物のたれカツ丼が味わえる...

【宇都宮・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット6選

餃子が有名な宇都宮。そんな宇都宮で平日においしいランチが楽しめるスポットを厳選して8選ご紹介します。 餃子はもちろん、体にうれしい名物ランチを堪能できるお店や、地元民から長く愛されるトラットリア...

【東武宇都宮駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店4選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【高崎駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、高崎駅周辺(徒歩20分圏...

【水戸駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、水戸駅周辺(徒歩20分圏...

【つくばエクスプレスつくば駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、つくばエクスプレスつくば...

【土浦駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット6選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、土浦駅周辺(徒歩20分圏...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。