>  >  >  >  > 

【栃木】名湯・秘湯!日帰り温泉!人気おすすめチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2019年2月4日

この記事をシェアしよう!

【栃木】名湯・秘湯!日帰り温泉!人気おすすめチェック!

栃木県は、鬼怒川温泉や塩原温泉、日光湯元温泉など、人気の名湯がそろう温泉天国。大きな湯船につかってあたたまれば、心身ともにリフレッシュできること間違いなし!

塩原 あかつきの湯

温泉にプール、食事処も完備

那須高原の大自然に囲まれた源泉掛け流しの日帰り温泉施設。那須火山帯の地下1500mから湧き出る源泉の温度は68.4度と高く、湯量も豊富。大休憩室、レストラン、バーデプール(水着着用)も利用できる。

塩原 あかつきの湯

栃木の天然石を使った露天風呂。内風呂には寝湯やサウナも

日帰り温泉 塩原あかつきの湯

住所
栃木県那須塩原市関谷1689-1
交通
JR東北新幹線那須塩原駅からタクシーで20分
料金
入浴料=大人800円、小人400円/入浴料(17:00~)=大人600円、小人300円/入浴料(土・日曜、祝日)=大人1000円、小人500円/入浴料(土・日曜、祝日17:00~)=大人800円、小人400円/(回数券10枚綴7000円)

明賀屋本館

川との一体感が魅力の露天風呂

創業延宝2(1674)年、340年以上の歴史を誇る老舗旅館。眼前に鹿股川が迫る川岸露天風呂でせせらぎを間近に感じながら、風情ある湯浴みが楽しめる。混浴だが、バスタオルや湯浴み着の着用OK。

明賀屋本館

288段の階段を下りると広がる川岸露天風呂。絶景が目の前に!

明賀屋本館

住所
栃木県那須塩原市塩原353
交通
JR宇都宮線西那須野駅からJRバス塩原温泉行きで38分、塩原塩釜下車、徒歩20分(塩原塩釜バス停から送迎あり)
料金
1泊2食付=10950~21750円/外来入浴(10:00~18:00、個室利用)=2200円、3200円(1名利用)/

湯西川 水の郷

平家落人伝説が残る静かな山里

合掌造りのような大きな屋根と、ゆっくり回転する水車が印象的な観光センター内にある温泉。穏やかな風景が広がる露天風呂で良質な源泉を堪能できる。敷地内には湯西川を見下ろす大吊橋があり、迫力満点。

湯西川 水の郷

露天風呂からは清流を見下ろし、山々の風景に癒される

湯西川 水の郷観光センター

住所
栃木県日光市湯西川473-1
交通
野岩鉄道会津鬼怒川線湯西川温泉駅から日光交通湯西川温泉行きバスで18分、川戸下車すぐ
料金
湯西川くらし館入館料=無料/入浴料=大人500円、小人250円/(障がい者手帳持参で入浴料無料)

宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯

アクセス便利な都会のオアシス

ショッピングモール「ベルモール」内にある日帰り温泉。源泉掛け流しの湯が流れる露天の岩風呂や内風呂、サウナのほか、チムジルバン(岩盤浴)がある。整体やエステ、アカスリ、髪切処などによるリラクセーションも魅力。

宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯

北関東最大級の日帰り温泉施設。源泉掛け流しの湯が自慢

宇都宮天然温泉 ベルさくらの湯

住所
栃木県宇都宮市陽東6丁目5-31
交通
JR宇都宮駅から関東自動車バス(みやバス)ベルモール行きなどで13分、ベルモール下車、徒歩5分
料金
ご入浴コース=大人770円、小人(4~11歳)400円/ご入浴コース(土・日曜、祝日)=大人880円、小人400円/温活Cafeコース=大人(中学生以上)1250円/温活Cafeコース(土・日曜、祝日)=大人1350円/

自然浴 離れの湯 あけび

鬼怒川の自然に包まれた離れの湯処

10棟のコテージに貸切風呂を備えた、珍しいタイプの日帰り温泉施設。それぞれに趣が異なる2つの露天風呂があり、源泉掛け流しの湯があふれる。趣のある古民家風ラウンジや足湯、岩盤浴(女性専用)も備える。

自然浴 離れの湯 あけび

ここちよい空気のなか、人目を気にせずのんびりできる

自然浴 離れの湯 あけび

住所
栃木県日光市小佐越原19-26
交通
東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅からタクシーで10分
料金
貸切風呂=3800円~(1時間、要予約)/

日帰り温泉 駅スパ

観光の帰りに便利な駅前の温泉

日光ステーションホテルクラシック内にある天然温泉。美人の湯といわれるアルカリ性単純温泉は湯上り後もぽかぽかとあたたかさが続く。日光駅のすぐ前にあり、夜遅くまで営業しているのもうれしい。

日帰り温泉 駅スパ

露天風呂のほか、「あつ湯」と「ぬる湯」2種類の内湯がある

日帰り温泉 駅スパ

住所
栃木県日光市相生町3-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅からすぐ
料金
入浴料=大人700円、小人500円/

鹿の湯

「短熱浴」を体験できる伝統の湯治場

その昔、ケガをした鹿がこの湯で傷を癒したことから名付けられた共同浴場。かぶり湯をしたあと、熱めの浴槽に3分ほどつかり、少し休んでまたつかる、を繰り返す「短熱浴」という入浴法で温泉の効果が高まる。

鹿の湯

栃木県最古の温泉。豊かな自然に歴史ある木造建築が溶け込む

鹿の湯

住所
栃木県那須郡那須町湯本181
交通
JR宇都宮線黒磯駅から関東バス那須湯本方面行きバスで35分、那須湯本下車すぐ
料金
入浴料(1回)=大人500円、小人300円、幼児無料/湯治体験半日券=大人1200円(土・日曜、祝日は1500円)/(タオル400円)
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください