トップ > 全国 x 河川 > 関西 x 河川 > 京都 x 河川 > 京都・宇治 x 河川

京都・宇治 x 河川

京都・宇治のおすすめの河川スポット

京都・宇治のおすすめの河川スポットをご紹介します。大正まで使われていた運河。一之船入は当時の運送路ターミナル「高瀬川」、癒されたり、はしゃいだり人びとが憩うやさしい水辺「鴨川」、清流の音色が響き、錦たなびく錦雲渓「清滝川」など情報満載。

  • スポット:4 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

高瀬川

大正まで使われていた運河。一之船入は当時の運送路ターミナル

市内中部から南部を流れて宇治川に合流する運河で、大正9年まで使われていた。木屋町二条の一之船入は当時の運送路のターミナル。森鴎外の小説『高瀬舟』の舞台。

高瀬川
高瀬川

高瀬川

住所
京都府京都市中京区木屋町通沿い
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
料金
情報なし

鴨川

癒されたり、はしゃいだり人びとが憩うやさしい水辺

京都盆地を南北に流れる鴨川。かつての暴れ川も、今はおだやかな憩いの場に。賀茂川と高野川が合流し鴨川となる出町柳のデルタには、大人から子供まで楽しめる仕掛けがいっぱい。

鴨川
鴨川

鴨川

住所
京都府京都市左京区下鴨宮河町ほか
交通
京阪鴨東線出町柳駅から徒歩3分
料金
情報なし

清滝川

清流の音色が響き、錦たなびく錦雲渓

愛宕山の東麓を緩やかな曲線を描いて流れる川。高雄、栂尾、槇尾のいわゆる三尾から清滝へと紅葉の名所を結ぶ。春にはアマゴ、夏には鮎釣りの人々で賑わう。

清滝川
清滝川

清滝川

住所
京都府京都市右京区嵯峨清滝
交通
JR京都駅から京都バス72系統清滝行きで1時間、終点下車すぐ
料金
情報なし

宇治川

源氏物語ゆかりの場所

『源氏物語』の最後の十巻「宇治十帖」は、宇治が舞台。紫式部は主人公たちのはかなくさまよう恋物語を、とどまることのない宇治川の流れに重ねたのかもしれない。

宇治川
宇治川

宇治川

住所
京都府宇治市
交通
JR奈良線宇治駅から徒歩10分
料金
情報なし

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください