コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【京都御所】歴代天皇が暮らした優雅な御殿

【京都御所】歴代天皇が暮らした優雅な御殿

by fotolia - ©funkysoulman

by mapple

更新日:2018年5月23日

南北朝時代から明治にいたるまでの500余年にわたって天皇が居住した場所で、広大な京都御苑内にある。現在の建造物は1855(安政2)年の造営で、古来の内裏の形態が今日まで保存されている。2016年より、見学にあたっての事前申し込みが不要となり、通年の一般公開が開始。平安時代以降の建築様式の移り変わりを垣間見ることができる。

京都御所

・桜の見ごろ:4月上旬

・紅葉の見ごろ:11月中旬~12月上旬

※掲載写真については、参観コースからはご覧いただけないものもあります。

by fotolia - ©monjiro

御所の正殿で、即位式や節会などの儀式が行なわれた紫宸殿

by fotolia - ©negonekokyo5

茶室などを設けた風流な御内庭

Check! 鬼門に封じ込められた神のお使い「猿が辻」

京都御所の北東角は鬼門とされ、築地塀の角を落として、日吉山王社の神のお使いである猿が祀られている。この猿が夜な夜な抜け出しては通行人にいたずらするため、金網で封じ込めたと伝わる。

ここに注目!

京都御苑

緑豊かな市民の憩いの場
東西700m、南北1300mの広大な面積をもつ御苑。東西南北に9か所の御門を有し、京都御所を中心に、仙洞御所や九條邸跡の拾翠亭など、歴史的遺構が点在している。江戸時代には、宮家や公家の邸宅が200軒ほど建ち並び、幕末の動乱期には、禁門の変で蛤御門が激戦地となった。1869(明治2)年の東京遷都で、公家の多くが東京に移住し公家町は荒廃。のちに保存整備が行なわれ、戦後に国民公園として一般開放された。

蛤御門には禁門の変でついた弾痕が今も残っている

拾翠亭の茶室からは、勾玉形の九條池が見える

筆者:mapple

まっぷる京都’19

発売日:2018年01月11日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×