>  >  >  >  >  >  【伏見稲荷・京都駅周辺】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【伏見稲荷・京都駅周辺】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【伏見稲荷・京都駅周辺】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

伏見稲荷・京都駅周辺の注目スポットをご紹介!

見る

京都タワー

京都の玄関口を飾るシンボルタワー
高さ131mのタワー。地上100mの展望室からは京都市街の眺望が360度楽しめる。ビル内には、ホテルやレストラン、大浴場などがある。

京都タワー

京都の街を照らす灯台をモチーフにしている

京都タワー

京都タワーのマスコットキャラクターたわわちゃん

京都タワー

住所
京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1
交通
JR京都駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~20:40(閉館21:00、時期により異なる)
休業日
無休
料金
入場料=大人770円、高校生620円、小・中学生520円、幼児(3歳以上)150円/元旦初のぼり=要問合せ/五山の送り火観賞(要予約)=要問合せ/(障がい者手帳持参で350円)

京都鉄道博物館

日本の鉄道を見て、ふれて、体験!
技術・サービスとも世界に誇れる日本の鉄道システム。日本最大級の鉄道ミュージアムでは、その歴史と技術をわかりやすく説明。体験型の展示が充実しており、SLスチーム号で蒸気機関車の旅が楽しめる。

京都鉄道博物館

蒸気機関車から新幹線までの53車両が展示されている

京都鉄道博物館

住所
京都府京都市下京区観喜寺町
交通
嵯峨野線「梅小路京都西駅」から徒歩約2分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館17:30)
休業日
水曜(祝日・3月25日~4月7日・7月21日~8月31日は開館(12月30日~翌1月1日※臨時休あり)
料金
入館料=大人1200円、高・大学生1000円、小・中学生500円、幼児(3歳以上)200円/SLスチーム号乗車料=大人・高・大学生300円、小・中学生・幼児100円/

食べる

京料理 高澤

魚を使った料理に定評あり
泉涌寺界隈で80年余続く京料理店。紅葉シーズンには東福寺の塔頭・栗棘庵で、庭を愛でながら松花堂弁当がいただける。

京料理 高澤

店内でいただく松花堂弁当は刺身付きで3920円

高澤

住所
京都府京都市東山区泉涌寺東林町37 日赤東門前
交通
JR奈良線東福寺駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(L.O.、要予約)、17:00~19:00(L.O.、要予約)
休業日
水曜、祝日の場合は営業(1月1~3日休)
料金
松花堂弁当(昼のみ)=3920円~/懐石料理=7560円~/ビール・日本酒=650円/松花堂懐石=5400円/ 平均予算(昼):4000円, 平均予算(夜):8000円

Vermillion-cafe.

伏見稲荷で散策の後にひと休み
程よい酸味の自慢のコーヒーはもちろん、自家製マフィンなどの焼き菓子やバゲットサンドイッチ、ビッグプレートのブランチが楽しめる。伏見稲荷大社のお山めぐりの終着点に近く、さらに木々に囲まれた池の畔という絶好のローケーションが素敵。

Vermillion-cafe.

鳥居のトッピングがかわいい抹茶ガナシュ680円と本格エスプレッソマシンで淹れるカフェラテ400円

Vermillion-cafe.

Vermillion-cafe.

住所
京都府京都市伏見区深草開土口町5-31
交通
JR奈良線稲荷駅から徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:15(L.O.)、土・日曜、祝日は9:00~
休業日
不定休
料金
カフェラテ=400円/ 平均予算(昼):500円

伏見稲荷 参道茶屋

昔ながらの茶店で小休止
参拝したあとは、神話にちなんだ焼き餅入りの甘酒でひと息入れよう。きな粉と小豆餡をのせた名物の田舎餅はもちろん、宇治抹茶や作りたての最中もおすすめ。

伏見稲荷 参道茶屋

焼き餅入り稲荷甘酒520円

伏見稲荷 参道茶屋

伏見稲荷大社への参道にある茶店

伏見稲荷 参道茶屋

住所
京都府京都市伏見区深草開土町1-10
交通
JR奈良線稲荷駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(L.O.)
休業日
無休(臨時休あり)
料金
抹茶とお菓子=570円/冷やし抹茶=410円/焼き餅入りぜんざい=520円/田舎餅=570円/わらび餅=460円/かき氷=360円~/焼き餅入り稲荷甘酒=520円/甘酒=360円/ 平均予算(昼):500円

大谷園茶舗

創業90年の宇治茶専門店
喫茶コーナーを併設し、お茶や甘味が楽しめる。宇治茶ソフトクリームや豪華な古都の恋心パフェが人気。おみやげには抹茶生チョコレートがおすすめ。

大谷園茶舗

古都の恋心パフェ880円

大谷園茶舗

三十三間堂にもほど近い甘味処

大谷園茶舗

住所
京都府京都市東山区今熊野椥ノ森町7
交通
JR京都駅から市バス208系統東福寺・九条車庫前行きで15分、泉涌寺道下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:45(閉店18:00)
休業日
日曜、祝日(盆時期休、1月1~5日休)
料金
古都の恋心パフェ=880円/抹茶カプチーノ=480円/宇治茶パフェソフト=400円/お濃茶アイスオーレ=480円~/宇治玉露=850円/白玉入アイスぜんざい=680円/ 平均予算(昼):500円

音羽屋

名物は赤飯を包んだまんじゅう
今熊野商店街にある和菓子店で、甘味処としても利用できる。赤飯が詰まった赤飯万寿190円のほか、季節感あふれる和菓子が味わえる。

音羽屋

赤飯万寿は抹茶とセットで590円

音羽屋

季節の生菓子と抹茶のセット660円もおすすめ

買う

加美屋 稲荷店

紙を使ったコスメが豊富にそろう
あぶらとり紙などの紙コスメが中心。長年培ってきた紙加工技術を生かした京コスメは、美肌効果抜群。リップクリームやハンドクリームなどもおすすめ。

加美屋 稲荷店

住所
京都府京都市伏見区深草稲荷御前町78-3
交通
JR奈良線稲荷駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
リップクリーム=494円/こっとん紙50枚入り=494円/あぶらとり紙=370円/まゆサック=864円/がまぐち=972円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる京都’19」です。掲載した内容は、2017年9月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×