トップ > 全国 > 中国・四国 > 四国 > 松山・道後・石鎚山

松山・道後・石鎚山 x ご当地グルメ・名物・名産品

松山・道後・石鎚山のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

松山・道後・石鎚山のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。しまなみ海道の水軍料理、今治の焼き鳥、松山の海鮮料理など情報満載。

松山・道後・石鎚山のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:622 件
  • 記事:40 件

1~20 件を表示 / 全 23 件

しまなみ海道の水軍料理(しまなみかいどうのすいぐんりょうり)

昆布だしに魚介たっぷりの豪快な瀬戸内の味

  • ご当地名物料理

広島県と愛媛県の間に位置する芸予諸島の郷土料理。この地域はかつて村上水軍など水軍が活躍した歴史をもつ。水軍料理は、魚介を船上で調理した豪快な料理で、水軍鍋などが知られる。

今治の焼き鳥(いまばりのやきとり)

町の中には焼き鳥専門店が軒を連ねる

  • ご当地名物料理

今治市は焼き鳥の専門店が全国的にも多く、人口当たりの店数では日本一ともいわれる。焼き鳥を鉄板で焼くのが今治のスタイルで、余分な脂がなくあっさりとした味わい。

今治の焼き鳥

松山の海鮮料理(まつやまのかいせんりょうり)

活きのよい魚たちに職人の技が冴える

  • ご当地名物料理

鮮度の高い種類豊富な魚介を思う存分味わえる。佐田岬沖の岬アジ、岬サバや、来島海峡の天然の鯛は、どれも身が締まっており、甘みも豊富。季節により魚の顔ぶれも変わる。

松山の海鮮料理

焼き豚玉子飯(やきぶたたまごめし)

旨い、安い、そしてボリューム満点

  • ご当地名物料理

焼き豚玉子飯とは、ご飯の上に薄く切った煮豚と半熟の目玉焼きをのせ、焼豚のタレで味付けした丼料理。今は閉店してしまった人気中華料理店、五番閣のまかないを商品化。そのボリュームとお手軽さで一躍人気に。

焼き豚玉子飯

揚げ足鳥(あげあしどり)

ネーミング、見た目、味も豪快な鶏料理

  • ご当地名物料理

鶏の骨付きもも肉を一本まるまる揚げる「揚げ足鳥」。四国中央市で昭和33(1958)年に屋台で提供されたのが始まりといわれている。骨付きのもも肉1本を使用し、仕上げのガーリックパウダーがうまさの秘訣。

揚げ足鳥

愛媛のイヨカン・ミカン製品(えひめのいよかんみかんせいひん)

おだやかな自然が豊かな甘さを育む

  • おみやげ

愛媛県の名産といえば、イヨカンやミカン。そのままで食べるのもおいしいが、ジュースやゼリー、マーマレードなどの加工品も人気が高い。甘みをいかした作りが魅力。

愛媛のイヨカン・ミカン製品

鶏卵饅頭(けいらんまんじゅう)

二百余年の歴史が詰まった今治の銘菓

  • おみやげ

一口で十分食べられるほど小さなサイズの饅頭。卵から練られた生地のしっとりとした感触と、上質なこし餡が豊潤な甘みを演出する。表面に焼き目のついた「焼鶏卵饅頭」もある。

鶏卵饅頭

松山のタルト(まつやまのたると)

カステラ生地とこし餡を合わせた松山銘菓

  • おみやげ

時の松山藩主・松平定行が伝えたといわれているタルトは、松山を代表する郷土菓子。ふわふわの生地が餡の甘さを引き立てる。代々受け継がれた伝統の味わいに舌鼓。

松山のタルト

松山のポエム(まつやまのぽえむ)

ほんのりとしたバニラの風味がアクセント

  • おみやげ

フレッシュバターの風味豊かな生地と、卵黄と白餡からなる黄身餡が奥深い甘みを作る。やさしくあたたかな味わいは子どもにも人気。形や味の違うものも作られている。

松山のポエム

坊ちゃん団子(ぼっちゃんだんご)

求肥を抹茶などの3色餡で包んだ団子

  • おみやげ

夏目漱石の小説「坊ちゃん」に出てきただんごが由来の地元名物。抹茶、卵黄、アズキと、味の異なる餡が使われたシンプルな3色のだんごは、茶に合う正統派の甘さが特徴。

坊ちゃん団子

労研饅頭(ろうけんまんとう)

昔ながらの製法で作る素朴な味の蒸し饅頭

  • おみやげ

中国の饅頭をもとに作られた蒸しパンのような饅頭。労研饅頭を販売する「たけうち」では、創業の頃から引き継がれてきた酵母菌が使われている。種類も多彩で楽しめる。

労研饅頭

西条のゆべし(さいじょうのゆべし)

西条藩主松平家に献上したと伝わる伝統の味

  • おみやげ

身をくりぬいたユズの中に、砂糖、白味噌、ユズ、米の粉、餅の粉を混ぜたものを入れて蒸した菓子。蒸してから2~3ヶ月干したり蒸したりを繰り返し、奥の深い味わいを作り上げる。

西条のゆべし

砥部焼(とべやき)

なめらかな白磁に藍色の絵模様が美しい

  • おみやげ

江戸時代から続く伝統の技術。白い陶器に描かれる藍色の模様はシンプルだが美しく、素朴な味わい。地域の人々の日用品として広く親しまれ、国の伝統工芸品にも指定されている。

砥部焼

今治タオル(いまばりたおる)

世界も認める高品質の日本が誇る特産品

  • おみやげ

江戸時代から綿栽培や綿織物が盛んだった今治地方。タオル製造は明治27(1894)年から始められ、現在は世界最高の産地といわれている。伝統と高い技術に培われた製品は、肌ざわりがよく吸水性も高い一級品だ。

今治タオル

久万高原のブドウ(くまこうげんのぶどう)

つぶつぶがたっぷり集まった形がかわいい

巨峰、デラウェア、ロザリオ、マスカットと、7~10月頃までさまざまな品種が旬を迎える。高糖度のもの、上品な甘みのもの、みずみずしさが特徴のものなど、品種によって風味もさまざま。久万高原の観光農園でもブドウ狩りが楽しめる。

久万高原のブドウ

今治のツツジ・サツキ(いまばりのつつじさつき)

一斉に咲きそろう目にもあざやかな花

園芸品種が多く、公園や庭園に栽植されるほか、山で自生するツツジ。サツキはツツジの一種で、旧暦の皐月に咲くことからサツキと命名された。今治・市制50年記念公園などでツツジを楽しめる。

今治のツツジ・サツキ

伊予西条のウメ(いよさいじょうのうめ)

春の訪れを知らせる白や赤の香り高い花

春の訪れを感じさせる代表的な花。花は小さく可憐だが、香りは強く満開時期にはあたりに芳香がただよう。開花時期には各地で「梅祭り」などが開催され、日本人になじみの深い花でもある。西条でもウメの花が楽しめる。

西条・新居浜のフジ(さいじょうにいはまのふじ)

紫や白の房状の花が藤棚を美しく彩る

垂れ下がる花穂が美しいフジの花期は4月~6月。花色は薄紫、薄紅紫、白、桃などがある。日本固有種は、花房が長く蔓が右巻きのノダフジと、花房が短く蔓が左巻きのヤマフジに分けられる。西条市の禎祥寺観音堂は樹齢400年のノダフジが壮観。

西条・新居浜のフジ

今治のボタン(いまばりのぼたん)

浮世絵や家紋に描かれることもある花

「座れば牡丹」でおなじみの美人の代名詞。原産地の中国では「花王」と賞される。日本へは平安朝期に渡来した。花は直径20cmにもなる大輪で、一重から千重、万重まであり、紫、桃、白など色も豊富。4月~5月の春牡丹、10月下旬~1月の寒牡丹のほか、春牡丹を1月~2月に咲かせる冬牡丹がある。市制50年記念公園などで楽しめる。

翠波高原のハナショウブ・カキツバタ(すいはこうげんのはなしょうぶかきつばた)

微妙な色合いの白や紫の花が水辺を彩る

いずれもアヤメ科の花で、湿地や水辺に生育するので見分けはむずかしいが、ハナショウブは花が比較的大きくて弁元が黄色い。カキツバタは弁元に細長い白い筋がある。翠波高原のアヤメ池が名所として知られている。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください