コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  関東・甲信越のおすすめプール

関東・甲信越のおすすめプール

としまえんプール

by mapple_travel_guide

更新日:2018年8月9日

関東・甲信越エリアのおすすめプールをピックアップ!

今回紹介するプールはこちら!

茨城県

砂沼サンビーチ
多目的温泉プール フォレスパ大子

栃木県

井頭公園一万人プール

群馬県

カリビアンビーチ

埼玉県

川越水上公園
西武園ゆうえんち プール
アクアパラダイス パティオ
東武動物公園 東武スーパープール

千葉県

稲毛海浜公園プール
龍宮城スパホテル三日月
富津公園 ジャンボプール
蓮沼ウォーターガーデン

東京都

としまえんプール
国営昭和記念公園 レインボープール
東京サマーランド

神奈川県

日産ウォーターパーク
こどもの国
県立辻堂海浜公園 辻堂ジャンボプール
大磯ロングビーチ

新潟県

クアハウス津南

砂沼サンビーチ(茨城県)

茨城県内最大のレジャープール

砂沼広域公園内にある人気の砂沼サンビーチ。海水浴気分を味わえる波のりビーチや1周200mの流れるプール、スリル満点の滝すべりなど10種類のプールが楽しめる。優雅な夏の1日を、砂沼サンビーチで過ごしてみては。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上、25mプール・滝すべり(大)は中学生以上、滝すべり(小)は小学生以上、水上リフトは小学生以下利用可

料金・営業時間などスポット詳細

多目的温泉プール フォレスパ大子(茨城県)

奥久慈の美しい森の中にあるアミューズメントプール

温泉を利用した10種類の施設とサウナ、1年中利用可能な25mプールなどがあり、日々の健康づくりに最適。夏は屋外の70mオープンスライダー、滝スライダー、波の出るプール、ワールプール、わんぱくプールで思いっきり遊ぼう。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール ×
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 両方

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上で泳げる人のみ利用可

料金・営業時間などスポット詳細

井頭公園一万人プール(栃木県)

バラエティ豊かなレジャープール

7種類のプールで小さな子どもから大人まで楽しめるレジャープール。全長200mと150mの2本のウォータースライダーをはじめ、波のプールや流れるプール、中央に仕掛け付きの大きなバケツがあるじゃぶじゃぶ池など、様々な楽しみ方ができるプールがたくさんある。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上、ドーム型滑り台は身長120cm以上・中学生まで

料金

大人1130円・高校生920円・小中学生410円・幼児(3歳以上未就学児)200円・シニア(65歳以上)510円

料金・営業時間などスポット詳細

カリビアンビーチ(群馬県)

カリブをイメージした室内プール

大小様々な波ができる波のプールや1周150mの流れるプールをはじめ、チューブの中を滑るウォータースライダー、岩場のような滑り台・ロデオマウンテン(小学生のみ利用可)など楽しく遊べる施設がそろう。子供用プールもあり、ちびっこも安心して楽しめる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋内

プールでの制限事項

3歳未満および日常おむつを使用している人は入場不可、ウォータースライダーは小学生以上で身長120cm以上、小学2年生以下の子どもは保護者同伴のこと、水着以外での入場不可

料金・営業時間などスポット詳細

川越水上公園(埼玉県)

埼玉県内最大級のチューブスライダーに大興奮

県内最大級のチューブスライダー「アクアスネークスライダー」や、カラフルな直線スライダーなど、スライダーが充実。波のプールや流れるプール、水深3.5mある飛び込みプールなどもある。ちびっこプールには噴水があり子どもに大人気だ。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

全てのスライダーは小学生以上

料金・営業時間などスポット詳細

西武園ゆうえんち プール(埼玉県)

緑に囲まれた楽しさいっぱいのプール

1周500mの流れるプールをはじめ、渚の長さが150mある波のプール、高さや長さも様々な6本のウォータースライダー、小さい子どもでも安心な円形こどもプールがそろう。今年も子ども向け水遊び広場「ハローキティのウォーターパーク」がオープン。また、ナイト営業も実施する。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上

料金

プール入場券(入園+プール+ハローキティのウォーターパーク)おとな2500円・こども(3歳~小学生)およびシニア1400円、夏の1日券(入園+プール+ハローキティのウォーターパーク+アトラクション乗り放題)おとな3500円・こどもおよびシニア2500円※料金はすべて予定

営業時間などスポット詳細

アクアパラダイス パティオ(埼玉県)

1年中マリンブルーの南欧リゾートが楽しめる

南欧、地中海沿岸をイメージした全天候型屋内アミューズメントプール。波のプール「バージンウェーブ」を中心として、古城の中をすり抜けるスライダーや流れるプール、25mプールがあり、天候を気にせず1日楽しめる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋内

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上

料金・営業時間などスポット詳細

東武動物公園 東武スーパープール(埼玉県)

大人気!キッズプール「じゃぶじゃぶアドベンチャー」

人気のスライダー「タイガースプラッシュ」をはじめ、流れるプールや岩間を滑る「急流すべり」が楽しめる。キッズプール「じゃぶじゃぶアドベンチャー」では、「バケツスプラッシュ」や「親子スライダー」が人気だ。また、ウェイブプールで行われる時間限定のウォーターショー「ウォーターイリュージョン」にも注目だ。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

タイガースプラッシュ・急流すべりは身長120cm以上

料金・営業時間などスポット詳細

稲毛海浜公園プール(千葉県)

12種のプールでたっぷり遊べる

日本初の人工海浜が隣接する稲毛海浜公園内のプール。いなげの浜には出入り自由!滝プールや造波プール、流水プール、段々プールなど種類も多い。スライダーは「フロートスライダー」など4種類と充実しているのがうれしい。また、チビッコプールにもカニスライダーがあり、小さな子どももスライダーを楽しむことができる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上

料金・営業時間などスポット詳細

龍宮城スパホテル三日月(千葉県)

でっかい温泉、素敵な眺め

東京湾が一望できる屋外プール「オーシャンスパ」では、泳げて、遊べて、スパでリラックスできる。また全天候型屋内アトラクションプール「アクアパーク」は一年中、雨の日でも楽しめる。250mの流水プール「ガーデンプール」も人気だ。イルミネーション、レーザーショー、噴水ショーも毎日開催している。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  ×
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 両方

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上

料金・営業時間などスポット詳細

富津公園 ジャンボプール(千葉県)

目の前には東京湾が広がり開放感いっぱい

東京湾に突き出した富津岬にある富津公園のプール。各種スライダープールや造波プール、流水プールのほか、本格的に泳ぎたい人のための50mプール、子どもが安心して利用できるちびっ子プールなどがそろっている。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上、競泳プールは中学生以上

料金・営業時間などスポット詳細

蓮沼ウォーターガーデン(千葉県)

水の一生がテーマのおもしろプール

九十九里浜のほぼ中央に位置し、海とプールの出入りが自由という楽しさ2倍のプール。水の一生がテーマの園内には、流れるプール、波のプールなど変化に富んだ様々なプールがある。また、4種類のスライドを組み合わせたコンビネーションスライドも大人気。小さな子どもには「トドラーキッズスペース」がおすすめだ。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

各ウォータースライダーは身長120cm以上、「トドラーキッズスペース」は身長120cm未満

料金・営業時間などスポット詳細

としまえんプール(東京都)

都内最大級のウォータースライダーが人気!

「波のプール」をはじめ、「流れるプール」や「こどものプール」など様々なプールがそろう。中でも都内最大級のウォータースライダー「ハイドロポリス」はおすすめ。暑さも一気に吹き飛んでいく。エアスライダーなどが設置された「ふわふわウォーターランド」(有料)も大人気だ。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長110cm以上、ウォータースライダーのBタワーは専用の浮き輪「インナーチューブ(1日600円)」が必要。ふわふわウォーターランドは一部身長制限あり、またエリア内は一般遊泳不可

料金・営業時間などスポット詳細

国営昭和記念公園 レインボープール(東京都)

首都圏最大級の空間に9つのプール

6万3000平方メートルの敷地面積に9つのプールを持つ首都圏最大級のレジャースポット。スライダーや大波プール、流水プール、滑り台などが冒険心をかきたてる冒険プールのほか、子どもも安心して遊べる幼児プールもある。今年もアクアビクスを開催。プールへの再入場は当日に限り何回でもできる。

首都圏最大級の空間に9つのプール

6万3000平方メートルの敷地面積に9つのプールを持つ首都圏最大級のレジャースポット。スライダーや大波プール、流水プール、滑り台などが冒険心をかきたてる冒険プールのほか、子どもも安心して遊べる幼児プールもある。今年もアクアビクスを開催。プールへの再入場は当日に限り何回でもできる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以下利用不可(黄色のレーンは可、ただし小学生未満は保護者の監視が必要、3歳以下は利用不可)

料金・営業時間などスポット詳細

東京サマーランド(東京都)

水遊びと冒険がテーマの常夏のパラダイス

屋内プール「アドベンチャードーム」は季節や天候を気にせずいつでも南国気分が楽しめる。7月~9月には最強ウォーターアトラクション「DEKASLA(デカスラ)」をはじめとした冒険体験型の屋外プール「アドベンチャーラグーン」もオープン。さらに、期間限定で絶景ナイトプールも実施する。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  ×
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 両方

プールでの制限事項

各種身長制限あり

料金・営業時間などスポット詳細

日産ウォーターパーク(神奈川県)

写真提供:公益財団法人横浜市体育協会

22種類の温水プール

22種類の温水浴施設は、流水プールや幼児プール、ウォータースライダーなどがあるアクアゾーンと、ジャグジーなどがあるバーデゾーンに分かれている。アクアゾーンでアクティブに遊んだあとは、バーデゾーンでゆったりとくつろげる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  ×
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋内

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上

料金・営業時間などスポット詳細

こどもの国(神奈川県)

7つのプールで夏を満喫

深さ15cmの幼児用から130cmの遊泳用まで大小7つのプールがあり、大人から子どもまで楽しむことができる。2種類のチューブスライダーと22mの滑り台があり、子ども達に大人気だ。大きな屋根のある休憩所もあり、日陰で一息つけるのもうれしい。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール ×
■波のプール  ×
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

チューブスライダー緑(70m)は3歳以上(未就学児は保護者同伴、親子や2人での利用も可)、チューブスライダー青(90m)は小学4年生以上(1人での利用のみ)

営業期間・時間

■営業期間
2018年7月14日~2018年9月2日
■営業時間
10:00~16:00(入場は~15:30)
■休業日
7月17日~20日、水曜(祝日の場合は営業、8月15日は営業)

料金

プールセット券(当日の入園+入場)大人1100円・小中学生450円・幼児350円

住所・電話番号などスポット詳細

県立辻堂海浜公園 辻堂ジャンボプール(神奈川県)

バリアフリーが魅力のジャンボプール

バリアフリーに対応した施設が充実したプール。プール専用車イスやプールサイドのリフトなど、ここならではの設備が整っている。1周270mの流れるプールや高さ10mのウォータースライダーが人気。また、小さな子どもも安心して水遊びが楽しめる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは小学2年生以上および身長120cm以上

営業期間・時間

■営業期間
2018年7月14日~2018年9月9日
■営業時間
9:00~18:00(入場は~17:00)
■休業日
期間中無休

料金

大人(高校生以上)830円・中学生520円・小学生以下210円

住所・電話番号などスポット詳細

大磯ロングビーチ(神奈川県)

海が一望できるシーサイドリゾートプール

目の前に大磯の海岸が広がる抜群のロケーション。スリル満点のウォータースライダー、子ども向けの「キッズウォーターパラダイス」、流れるプールや波のプールなど個性豊かなプールがそろう。本格的に泳ぎたい人には競泳プール、さらにこどもプールも2つあり、幅広い世代が1日中楽しめる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール 〇
■波のプール  〇
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋外

プールでの制限事項

ウォータースライダーは身長120cm以上および6歳以上、キッズウォーターパラダイスは3歳以上小学生以下(身長125cm未満)、ダイビングプール(10m)は中学生~60歳(講習を受けること)

料金・営業時間などスポット詳細

クアハウス津南(新潟県)

プール・温泉・サウナをみんなで楽しもう!

100%源泉を使用した温水プールと、温泉施設を自由に行き来できる温泉利用型健康増進施設。25mプールやお子様プール、子どもたちに大人気の約15mのウォータースライダーがあるほか、全身浴や半身浴、寝湯などの風呂も用意されている。プールゾーンで泳いだあとは、水着を脱いでゆっくり温泉にも入れる。

設備

■スライダー  〇
■流れるプール ×
■波のプール  ×
■子供用プール 〇
■屋内外の種類 屋内

プールでの制限事項

小学3年生以下および身長140cm以下で25m泳げない子どもは単独での利用不可

料金・営業時間などスポット詳細

※掲載の内容は2018年4月中旬から5月中旬にかけて調査・取材をおこなった情報です。
変更される場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

×
×