トップ > 全国 > 東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 静岡市街 > 芹沢けい介美術館

セリザワケイスケビジュツカン

芹沢けい介美術館

人間国宝・芹沢氏の作品に触れる

伝統的な型染に創作を加えた型絵染という方式を確立した、人間国宝・芹沢けい介氏に関する美術館。氏の染色作品のほか、氏が集めた世界の工芸品を収蔵する。登呂遺跡公園の中にあり、年3回の企画展を開催している。

住所
静岡県静岡市駿河区登呂5丁目10-5 (大きな地図で場所を見る)
電話
054-282-5522
交通
JR静岡駅からしずてつジャストライン登呂遺跡行きバスで12分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館)
休業日
月曜、祝日の翌日(展示替え期間休、GW・盆時期は開館、12月26日~翌1月3日休)
料金
一般420円、高・大学生250円、小・中学生100円、未就学児無料(静岡市内在住70歳以上、身体障がい者手帳等持参で本人と介護者1名無料)
駐車場
あり | 台数:51台 | 有料
ID
22000854

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ!ここで味わえる!

静岡市内でスイーツを食べるならここ!という、知る人ぞ知る名店をラインナップ。可愛らしい見た目に、思わず写真を撮りたくなってしまうこと間違いなし!

【静岡】吟醸王国の地酒!旅の記念におすすめ!

実は静岡は「吟醸王国」と呼ばれるほど地酒の宝庫。蔵元の数は多いが、生産数が少なく、なかなか全国には出回らないものもあるので、旅の記念にぜひ静岡の地酒を楽しんでみて!

【静岡タウン】地元の恵みをランチでいただきます!

山と海に面した静岡は食材の宝庫!地元ならではの新鮮な魚介、ブランド牛・豚、地野菜を、なんとたった1000円台で食べられるというから驚き。編集部おすすめ店を一挙にご紹介♪

【静岡】お茶の本場で味わえる!絶品スイーツをチェック!

静岡といえばお茶!だが、「お茶=飲む」だけのイメージはもう古い。近年では老舗の製茶店が次々に斬新かつ絶品なジェラートやスイーツを開発している。新たな静岡茶の魅力に触れよう!

静岡【丸子・宇津ノ谷】東海道宿場町さんぽ♪おすすめスポット!

宿場として栄えた「丸子」、東海道屈指の難所だった「宇津ノ谷」には、今も江戸時代の名残を残す場所がある。かつてこの道を通った人々に思いを馳せながらさんぽしてみよう。

【静岡おでん】県民のソウルフード!ご当地No.1グルメ!

静岡のご当地グルメといえば、No.1はおでん!朝から食べられる駄菓子屋系に、酒の肴にぴったりの居酒屋系と、独自進化を遂げた静岡おでんをご賞味あれ〜!

【静岡】ワクワク体験!こんなコトが出来る!

静岡県ならではの手作り体験や工場見学、歴史ロマンを感じる体験など、ワクワクするような体験に挑戦!

【静岡】おでかけ前に!季節のイベントをチェック!

静岡県内のイベントや花の見ごろ、旬の食べ物をピックアップ。おでかけ前のリサーチで、静岡の旬旅がもっと楽しくなる!

【静岡茶】もっと知りたい!スゴイ魅力を徹底チェック!

身近な存在のお茶だけど、実は知れば知るほど奥深い!今回は「お茶についてもっと知りたい!」という方に特別レクチャー!名茶師の存在やお茶の競技“闘茶”など、まだまだ知らない茶の世界へレッツゴー!

条件検索

エリアとジャンルを指定してください