>  >  >  >  > 

【静岡】吟醸王国の地酒!旅の記念におすすめ!

まっぷるマガジン

更新日:2019年1月19日

この記事をシェアしよう!

【静岡】吟醸王国の地酒!旅の記念におすすめ!

実は静岡は「吟醸王国」と呼ばれるほど地酒の宝庫。蔵元の数は多いが、生産数が少なく、なかなか全国には出回らないものもあるので、旅の記念にぜひ静岡の地酒を楽しんでみて!

どうして静岡は吟醸王国なの?

酒造りに欠かせないきれいな水が豊富で、おいしいお酒を造り出す「静岡酵母」がある。これが全国的にも評価の高い静岡の地酒を生み出し、今も多くの蔵元が切磋琢磨している。創業300年を超える老舗もあり、料理との相性が良いお酒が充実。

どうして静岡は吟醸王国なの?

全部で27蔵

神沢川酒造場

神沢川酒造場
神沢川酒造場

正雪
上:純米吟醸 吟ぎんが 367円(150㎖)
下:純米大吟醸 雄町 494円(150㎖)

静岡市清水区由比で大正元年から続く蔵元。飲みきりサイズのレトロな小瓶が女性に好評。香りは華やか、ふくよかな旨みとやわらかな飲み口。

浜松酒造

浜松酒造

出世城 家康くん 飲み比べセット 1393円(300㎖ 3本セット)
静岡県内唯一の女性杜氏が醸したお酒。浜松市のキャラクター「出世大名 家康くん」のイラストが入ったラベルで、純米酒・生貯蔵酒・本醸造酒がセットに。

志太泉酒造

志太泉酒造
志太泉酒造

志太泉 にゃんかっぷ
上:ラスタ(梅酒) 400円(140㎖)
下:純米吟醸 324円(180㎖)

藤枝産のお米を使った純米吟醸は、おみやげにもぴったりのかわいい見た目。飲み口はとても穏やか。夏季限定の梅酒「ラスタ」は、大粒の梅の実入り。

富士高砂酒造

酒蔵見学アリ

富士高砂酒造

高砂ヨーグルト酒 1230円(500㎖)
自慢の山廃本醸造に朝霧高原のヨーグルトをブレンドした新感覚リキュール。アルコール度は低めで、甘みと酸味のバランスがとれた飲みやすいお酒。

初亀醸造

初亀醸造

初亀 純米吟醸 1852円(720㎖)
寛永13(1636)年創業、静岡一古い造り酒屋。フルーティでまろやかな口当たり、ほのかなお米の旨みが楽しめる、バランスのとれた味わい。

三和酒造

三和酒造

臥龍梅 純米吟醸 1404円(720㎖)
貞享3(1686)年創業。臥龍梅は、酒造りの伝統を守りながら、2002年に発売した新しいタイプの静岡吟醸。味も香りも豊かでキレが良い。

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください