トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 静岡市街 > 

【静岡おでん】市民のソウルフード! ご当地No.1グルメ!

くらしたび

更新日: 2023年12月22日

この記事をシェアしよう!

【静岡おでん】市民のソウルフード! ご当地No.1グルメ!

静岡のご当地グルメといえば、おでん。
静岡駅周辺には老舗店や行列のできる人気店が点在していて、だし粉をかけて食べる、静岡ならではのおでんを味わうことができます。
朝から食べられて甘めの味つけが特徴の駄菓子屋系に、酒の肴にぴったりな居酒屋系と、独自進化を遂げた静岡おでんをご賞味あれ!

静岡おでんについて知ろう

静岡おでんを楽しむコツ

①駄菓子屋系と居酒屋系
甘めに味付けられた駄菓子屋で買えるおでんは子どもにも大人気。夜は居酒屋で、お酒に合うしょっぱめのおでんを食べよう。

②まずは定番を注文
絶対食べたいのはイワシなどを骨ごとすり身にした「黒はんぺん」。お酒を飲むなら「静岡割り(焼酎の緑茶割り)」が好相性。

③だし粉をかけよう
サバ節とイワシの煮干しを合わせた粉末の「だし粉」をかけて食べるのが、静岡ならではの文化。食べる前にたっぷりかけて。

静岡おでんを楽しむコツ

黒いだし汁

うまみたっぷりの黒いだし汁は長年継ぎ足されたもの。おでんはすべて串刺しが基本

静岡おでんはどんなタネが多い?

「大やきいも」おでんタネはこんなにたくさん!

おでかけ前にどんなタネがあるか確認しましょう。今回は「大やきいも」のタネを大公開します。

静岡おでんはどんなタネが多い?

牛すじ

裏の主役。うまいだしを作るお手伝い

静岡おでんはどんなタネが多い?

すじ

うずがない、なると巻!?

静岡おでんはどんなタネが多い?

しのだ巻

だしたっぷりの油揚げ

静岡おでんはどんなタネが多い?

じゃがいも

ほくほくとして老若男女に人気

静岡おでんはどんなタネが多い?

白やき

年配に好評な、もっちりとした食感

静岡おでんはどんなタネが多い?

さつまあげ

静岡おでんはどんなタネが多い?

たまご

静岡おでんはどんなタネが多い?

こんにゃく

静岡おでんはどんなタネが多い?

昆布

静岡おでんはどんなタネが多い?

だし粉

大やきいもでは、削り節と青のりをブレンド。かけるとより深い味わいに変身

静岡おでんはどんなタネが多い?

からし

お好みで洋がらしを。ぴりっとした辛さがうまみを引き立てる

【静岡おでん】大やきいも <駄菓子屋系>

朝から晩までおでん三昧!

創業100年以上という名店で、店内は昭和の雰囲気が漂う。3世代にわたって通う人がいるほど常連客に愛されている。11〜14時頃は混み合うことが多く、行列ができる日もある。10〜6月は焼き芋、夏はかき氷を目当てに訪れる人も多い。おでんは1本から持ち帰りできる。【静岡駅から車で8分】

【静岡おでん】大やきいも <駄菓子屋系>

(上)黒はんぺん

人気No.1! イワシやアジの味わいが凝縮した黒はんぺんは必食だ。牛すじ・じゃがいもも人気!

大やきいも

住所
静岡県静岡市葵区東草深町5-12
交通
JR静岡駅からタクシーで8分
営業期間
通年
営業時間
10:30~16:00(閉店16:30)
休業日
月・火曜(年末年始は臨時休あり)
料金
大学芋=240円~/夏限定かき氷のレインボー=550円/牛すじ(1本)=160円/じゃがいも(1本)=160円/焼き芋(100g)=240円~/おむすび=150円/おでん(1本)=110円~/(焼き芋は仕入れにより異なる)

【静岡おでん】静岡おでん おがわ <駄菓子屋系>

神社の門前で気さくにおでんを

浅間通り商店街に店を構えて70年以上。ほっと心和む温かな雰囲気に地元民だけでなく遠方からも多くの人が訪れる。自家製シロップのかき氷も併せて食べたい。【静岡駅から車で7分】

【静岡おでん】静岡おでん おがわ <駄菓子屋系>

おでん 1本 100円~

【静岡おでん】静岡おでん おがわ <駄菓子屋系>

店内には駄菓子店の名残が

静岡おでん おがわ

住所
静岡県静岡市葵区馬場町38
交通
JR静岡駅からしずてつジャストライン麻機行きバスで5分、中町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(ネタがなくなり次第閉店)
休業日
水曜、祝日の場合は営業(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
おでん練りもの=90円(1本)/牛すじ=120円(1本)/たまご=120円(1本)/

【静岡おでん】三河屋 <居酒屋系>

ほっと安心する昔から変わらぬ店

スタートは昭和23(1948)年の屋台から。約20種類のおでんが並び、焼き物、フライなども定評がある。おでん屋といえば「ここ!」と通い続ける人も多いとか。【静岡駅から徒歩15分】

【静岡おでん】三河屋 <居酒屋系>

おでん 1本 120円~

店主とおしゃべりしながら楽しもう

【静岡おでん】三河屋 <居酒屋系>

小ぢんまりとした店内

三河屋

住所
静岡県静岡市葵区常磐町1丁目8-7青葉横丁
交通
JR静岡駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
17:00~21:30(閉店22:00)
休業日
月2回月曜不定休、日曜、要問合せ(GW・盆時期は要問合せ、12月30日~翌1月3日休)
料金
おでん(1本)=各120円/れんこんのフライ(1本)=300円/レバー(1本)=150円/ほか串物=100~250円/

【静岡おでん】味の店 乃だや <居酒屋系>

静岡風VS関東風どっちがお好み?

創業以来70年間継ぎ足して作られている静岡風おでんだけではなく、昆布と煮干しで煮込んだあっさり塩味の関東風も用意する。食べ比べて違いを感じて。【静岡駅から徒歩15分】

【静岡おでん】味の店 乃だや <居酒屋系>

静岡風味噌おでん

甘めの味噌ダレたっぷりの静岡風

【静岡おでん】味の店 乃だや <居酒屋系>

一人でも訪れやすいカウンター席

味の店 乃だや

住所
静岡県静岡市葵区七間町16-10

【静岡おでん】おでん処 ききょう <居酒屋系>

上品で繊細な秘伝のおでんを

39年以上、この場所で営業を続ける人気店。澄んだだし汁が特徴のおでんは、女将さんが試行錯誤して生み出したもの。店内はカウンター席のみで、夏は約20種類、冬は約25種類がそろう。【静岡駅から徒歩15分】

【静岡おでん】おでん処 ききょう <居酒屋系>

おでん 1本 100円・200円

おでん処 ききょう

住所
静岡県静岡市葵区常磐町1丁目8-7青葉横丁内
交通
JR静岡駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
17:30~22:30
休業日
日曜
料金
ききょう焼き=700円/

【静岡おでん】海ぼうず アスティ店 <居酒屋系>

気軽に立ち寄れる駅構内の人気店

JR静岡駅構内にあるので、時間がなくても大丈夫。営業は昼からで、お酒によく合うおでんが美味だ。テイクアウトもできるのでおみやげにも。【静岡駅構内】

【静岡おでん】海ぼうず アスティ店 <居酒屋系>

静岡おでん 1本100円~

【静岡おでん】海ぼうず アスティ店 <居酒屋系>

まるでおでん街のような雰囲気ある店内

海ぼうず アスティ店

住所
静岡県静岡市葵区黒金町4ASTY静岡 東館
交通
JR静岡駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店)、15:00~22:30(閉店23:00)、土・日曜の夜は~21:30(閉店22:00)
休業日
無休(12月31日~翌1月1日休)
料金
静岡おでん=118円~(1本)/5時間煮込んだ半熟たまご=151円/
1 2

東海・北陸の新着記事

【名古屋駅近く・飲み屋】ここに行けば間違いなし!名古屋でお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋8選をご紹介

今回は人気の居酒屋など、名古屋駅近くでお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 名古屋コーチンのみを使用した鶏肉料理が味わえる「樞 くるる・名駅店」、昭和レトロをイメージした店内で飲める「八丁ぼり ...

【大人編】石川の遊ぶところ2024 とっておきスポット10選!

歴史的な街並みや伝統工芸・伝統文化を大切にする石川県。そんな石川県には大人が楽しめる風情たっぷりのスポットや、美味しいお酒と料理を堪能できる居酒屋などが多く揃います。 今回は石川県で大人の旅を楽...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

静岡県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

愛知県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

新発売!!『まっぷる 北陸新幹線next!』富山、石川、福井、長野、岐阜、沿線周辺5県の最新情報満載!

祝!北陸新幹線敦賀(つるが)延伸!これをきっかけに北陸への観光需要が増すことが予想される2024年。 北陸新幹線沿線の最新情報が凝縮されたガイドブック『まっぷる 北陸新幹線next!』を3月13日に...

【北陸応援割】北陸を旅して観光を盛り上げよう!

北陸応援割とは、能登半島地震により観光需要の落ち込みが見られる富山、石川、福井、新潟の4県において、パッケージ旅行の商品や宿泊料金の割引を支援する事業。 北陸地域を盛り上げるためにも、北陸応援割...

【岐阜・夜ごはん】岐阜で夜を楽しめるとっておきのお店6選!岐阜で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、岐阜でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 長良川を望む...

【岐阜 高山・夜ごはん】高山で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高山で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに岐阜の高山で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高山でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 100...

【静岡 浜松・ディナー】浜松で夜を楽しめるとっておきのお店10選!浜松でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに静岡の浜松で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。そこで今回は、浜松でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 浜松っ子御...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。