トップ >  東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 静岡市街 > 

【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ! ここで味わえる!

くらしたび

更新日:2021年12月22日

この記事をシェアしよう!

【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ! ここで味わえる!

静岡市内でスイーツを食べるならここ!という、知る人ぞ知る名店をラインナップ。
フルーツたっぷりのケーキやパフェ、濃厚なアイスクリーム、焼きたて和菓子までそろいぶみ。
かわいらしい見た目に、思わず写真を撮りたくなってしまうこと間違いなしです。
心躍る絶品スイーツを求めてでかけてみませんか?

【静岡タウン×スイーツ】ブレッドランド NACHURU

旬の果物がたっぷり、宝石のようなフルーツサンド

プレーンなパンはもちろん、サンドイッチやスイーツをはじめ、自家製天然酵母&国産小麦を使い、安心・安全を基本に素材に徹底的にこだわる。ドリンクやモーニングセットなどもあり、品ぞろえも豊富。

【静岡タウン×スイーツ】ブレッドランド NACHURU

フルーツサンドモーニング 913円

全国各地から取り寄せたおいしい旬の果物、北海道産生クリームを使い、果物に合わせてクリームの味付け、ジャムなど組み合わせを変えている

【静岡タウン×スイーツ】ブレッドランド NACHURU

焼きたてのパン、サンドイッチは朝8時から販売している

【静岡タウン×スイーツ】ブレッドランド NACHURU

カフェを併設。カフェはテラス席も含め20席ほど

【静岡タウン×スイーツ】ブレッドランド NACHURU

静岡のパン好きがこぞって買いに訪れる人気店

【静岡タウン×スイーツ】なかやすフルーツ

本物のフルーツで作った夢のようなソフトクリーム

県外からのファンも多いフルーツ店。なかでも一押しは旬のものやブランドのフルーツで作るソフトクリームで、なんと年間300種類以上もの味が登場する。フレッシュのものは時間がかかるので絶対に予約しよう。

【静岡タウン×スイーツ】なかやすフルーツ
【静岡タウン×スイーツ】なかやすフルーツ
【静岡タウン×スイーツ】なかやすフルーツ

ソフトクリーム 各種 380円

旬のフルーツをシャーベットにし、特製のソフトクリームをブレンド。果肉たっぷり!(写真は上からキウイ、サトウニシキ、きんかん)

【静岡タウン×スイーツ】なかやすフルーツ

フレッシュフルーツやアイスバーも販売する

【静岡タウン×スイーツ】なかやすフルーツ

店舗裏にも駐車場あり

なかやすフルーツ

住所
静岡県静岡市葵区水落町16-9

【静岡タウン×スイーツ】Conche

カカオ豆からていねいに作る、絶品チョコレートをアイスで

チョコレートがどうやって作られているか知ってほしいと、カカオ豆の焙煎からチョコレート作りを手がける専門店。産地ごとにまったく違う表情を見せるチョコレートをぜひ食べ比べて味わってほしい。

【静岡タウン×スイーツ】Conche

自家製アイスクリーム 407円

産地別のチョコレートをふんだんに使ったアイス。日により産地のラインナップが変わるのでお楽しみに。ダブルは561円

【静岡タウン×スイーツ】Conche

静岡素材のボンボンショコラ 1600円

【静岡タウン×スイーツ】Conche

静岡いちごチョコレート 540円

【静岡タウン×スイーツ】Conche

静岡さくらえび醤油チョコレート 540円

【静岡タウン×スイーツ】Conche

駿河湾深層水100%塩チョコレート 540円

【静岡タウン×スイーツ】Conche

2020年春に移転オープンした

Conche

住所
静岡県静岡市葵区七間町16-7OMACHIビル 1A
交通
JR静岡駅から徒歩15分
料金
カカオ産地別ブラック70%=400円/静岡素材のチョコレート=300円~/自家製アイスクリーム=340円~/焼き菓子各種=200円/

【静岡タウン×スイーツ】マリアサンク

ビル3階の隠れ家で素敵なティータイム

女性店主の優しい人柄があふれる、手づくりケーキと紅茶の店。四季折々のフルーツをふんだんに使用した生ケーキが人気。種類豊富な紅茶やハーブティーとともに、ぜいたくなひとときを過ごせる。

【静岡タウン×スイーツ】マリアサンク

ハーフ&ハーフ 1300円

好きなケーキ2種を選んで。紅茶などのドリンク付。紅茶やハーブティーの種類も豊富

【静岡タウン×スイーツ】マリアサンク

かわいらしい雰囲気の店内。ケーキはテイクアウトも可能

マリアサンク

住所
静岡県静岡市葵区紺屋町8-3モガミビル 3階
交通
JR静岡駅から徒歩5分
料金
ダブルチーズケーキ=540円/ハーフ&ハーフ(好みのケーキ2種)=1188円/

【静岡タウン×スイーツ】なかじま園 農園カフェ

農園の甘いイチゴが一年を通して食べられる♡

イチゴ農園の直営店で、連日満員&行列というから驚き。12~6月の収穫時期は新鮮な生のイチゴが、それ以外の時期は冷凍イチゴのメニューが楽しめる。7月中旬〜10月頭の限定でメロンパフェも。

【静岡タウン×スイーツ】なかじま園 農園カフェ

贅沢ストロベリーパフェ 800円

ストロベリーソース・アイス・ソフトクリームの層の上に、イチゴがどっさりのった夢のようなパフェ。生イチゴが終わり次第終了

【静岡タウン×スイーツ】なかじま園 農園カフェ

シャリシャリ苺のソフトクリーム 500円

通年提供なのがうれしい

【静岡タウン×スイーツ】なかじま園 農園カフェ

満席になることもしばしば。早めの時間がおすすめ

【静岡タウン×スイーツ】なかじま園 農園カフェ

真っ赤なイチゴマークの看板が目印

なかじま園

住所
静岡県静岡市葵区羽鳥本町11-21
交通
JR静岡駅からしずてつジャストライン谷津ターミナル行きバスで21分、藁科学習センター下車すぐ
料金
贅沢ストロベリーパフェ=750円/

【静岡タウン×スイーツ】どらやきの河内屋

行列店ができる、どらやきの名店

この道53年という親方が作るどらやきは絶品と評判で、毎日行列ができるほど。1人5個までで、焼き時間は11時30分と15時30分ごろ。

【静岡タウン×スイーツ】どらやきの河内屋

どらやき 1個 140円

ふっくら生地を焼き上げる

【静岡タウン×スイーツ】どらやきの河内屋

できたてを狙おう!

どらやきの河内屋

住所
静岡県静岡市葵区馬場町12-1
交通
JR静岡駅から徒歩15分
料金
どらやき=120円(1個)/だんご巻き=170円(2本)/

東海・北陸の新着記事

地域の推しを全力応援 <中部>

まっぷるの地域応援プロジェクトは、キラリと光る「地域の推し」をまっぷるが勝手に全力応援する企画です。 まっぷる編集者と地域に精通したプロのライターが、推しエリアを見つけて取材し、まっぷるマガジン...

浜松のモーニングスポット7選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は浜松で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知県知多市で自然と歴史にふれる旅をしよう!岡田・新舞子・佐布里の定番から穴場スポットまでをばっちりナビゲート

名古屋駅から電車で30分とアクセス抜群な知多市を満喫するなら、それぞれの特色豊かな3つのエリアがおすすめです。 知多木綿の歴史が根づく「岡田」の古い町並みで当時の風情を味わい、海辺のリゾートの「新舞...

バンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)へライブ遠征!コンサートに便利なおすすめホテル&グルメ11選!

野球の試合やコンサートなど、年間を通してさまざまな大型イベントが行われるナゴヤドーム! この記事ではバンテリンドームナゴヤ(ナゴヤドーム)に遠征するときにおすすめの便利なホテル、飲食店を厳選してご紹...

金沢のモーニングスポット13選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は金沢で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

岐阜のモーニングスポット21選! 早起きして食べたいおすすめ店をご紹介

今回は岐阜で人気のモーニングスポットをご紹介! 完璧な1日を過ごしたいあなたが最初にやるべきこと。それはきちんとした朝の栄養補給! なのですが、お出かけ前の忙しいとき。「買い置きのアレで適当に...

愛知のおすすめ秋デートスポット15選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の愛知は、おすすめのデートスポットが盛りだくさん。 短い夏も終わり、気持ちの良い気候が続く秋はおでかけにぴったりの季節。 そこで今回は、愛知の秋デートスポットを15か所ピックアップしました。...

静岡のおすすめ秋デートスポット21選! 絶対に外さない 10・11月のおすすめ秋スポット

秋の静岡にはおすすめのデートスポットが盛りだくさん。 様々なジャンルの観光スポットがバランス良くそろった静岡には、どこまでも広がるススキ畑に、日本一遅い紅葉が楽しめるスポットなど見どころが目白押...

浜松市天竜区の最新観光ナビ 新しくて懐かしい話題のクローバー通り商店街を深堀り!

かつて林業で栄え、流通の要だった静岡県浜松市にある、天竜区二俣地区。 まっぷる編集部は、近ごろちょっと話題になっているこのエリアを「地域応援プロジェクト」の一環として取材し、訪れてみて発見した「クロ...

越前和紙の里で紙漉き体験にチャレンジ!「紙の神様」にもお詣りしましょう

「日本三大和紙」に数えられる和紙の里、福井県越前市「五箇(ごか)地区」。 越前和紙1500年の伝統を守る町として、手漉き和紙の出荷額において全国トップクラスのシェアを誇っています。 この古くか...
もっと見る

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。