>  >  >  >  > 

【静岡】漁港めしを味わう! 海鮮がうまい、おすすめの店10選

まっぷるマガジン

更新日:2021年1月18日

この記事をシェアしよう!

【静岡】漁港めしを味わう! 海鮮がうまい、おすすめの店10選

大小50近くの漁港を持つ静岡県には、リーズナブルでおいしい新鮮な魚がそろっています。
今回は、静岡に来たらぜひ訪れたい、注目の漁港めしが楽しめる10軒をピックアップしました。
漁港をめぐって、駿河湾の幸を味わい尽くしましょう!

【静岡×漁港めし】清水港の漁港めし! まぐろを味わう

冷凍まぐろの水揚げ量日本一の清水港、間近に富士山を望める「日本三大美港」のひとつ。日本で一番まぐろが集まる港で、絶品のまぐろめしをご堪能あれ。

【清水港×漁港めし】みやもと 河岸の市店

赤身、中トロ、すき身の共演。まぐろの美味しさ全部のせ!

仲卸業者の店ならではの鮮度と高いコストパフォーマンスが評判の一軒。「まぐろに出会って50年」という社長が自ら仕入れるまぐろの質は折り紙付き。多彩で内容充実の天丼もファンが多い。【いちば館】

【清水港×漁港めし】みやもと 河岸の市店

本マグロ丼 1848円

本まぐろの刺身でごはんが覆い尽くされた、まぐろ好きにはたまらないメニュー。部位ごとのうまみ、口溶けを楽しめる

【清水港×漁港めし】みやもと 河岸の市店

清水魚市場河岸の市のオープンと同時に開店。長く変わらぬ人気を誇る

みやもと 河岸の市店

住所
静岡県静岡市清水区島崎町149清水魚市場河岸の市
交通
JR東海道本線清水駅からすぐ
料金
本まぐろ丼=1458円/本まぐろとろ丼=1728円/まぐろヅケ丼=1058円/あなご天丼=1350円/海鮮丼=1728円/桜えびかきあげ定食=1058円/

【清水港×漁港めし】魚市場食堂

「ストップ」をかけるまでぶつ切りまぐろてんこ盛り

清水魚市場の直営店だけに、まぐろを使ったメニューを中心に質とコストのバランスに優れた定食や丼がズラリ。看板の「漬けマグロいっぱい丼」は、港町の心意気を感じる一杯だ。【まぐろ館】

【清水港×漁港めし】魚市場食堂

漬けマグロいっぱい丼 1200円

自家製のタレに漬け込んだぶつ切りのまぐろをストップをかけるまで盛ってくれる。小鉢と味噌汁もセット

【清水港×漁港めし】魚市場食堂

まぐろ好きにはたまらない一品。その日揚がった鮮魚を使ったメニューも充実している

魚市場食堂

住所
静岡県静岡市清水区島崎町149河岸の市
交通
JR東海道本線清水駅から徒歩3分
料金
漬けマグロいっぱい丼=1020円/とろ鉄火丼(平日のみ)=1000円/魚市場定食=1730円/海鮮丼=1030円/

【静岡×漁港めし】沼津港の漁港めし! あじ・旬の地魚を味わう

駿河湾のさまざまな魚介が水揚げされる沼津港。あじの干物は生産量日本一です。市場の周りにはたくさんの飲食店や土産店が並び、賑わっています。

【沼津港×漁港めし】大衆食堂 せきの

新鮮素材がキラキラ輝く宝石箱のような一杯

昭和44(1969)年創業、現在は3代目が店を切り盛りする大衆食堂。かつては港で働く人向けの店だったため朝が早く、今でも朝ごはんメニューなど海鮮以外の料理も豊富だ。メニューに迷ったら、駿河湾内のアジがおすすめ!

【沼津港×漁港めし】大衆食堂 せきの

宝石丼 1980円

アジ、桜えび、生しらすなど地元の幸に加え、うにやイクラが盛られ、味わいの変化が楽しい

【沼津港×漁港めし】大衆食堂 せきの

沼津港目の前、青い看板が目印。気さくな3代目が迎えてくれる

せきの

住所
静岡県沼津市千本港町122
交通
JR東海道本線沼津駅から伊豆箱根バス沼津港行きで15分、終点下車すぐ
料金
宝石丼=1850円/地あじフライ定食=1000円/地鯵丼=950円/

【沼津港×漁港めし】魚河岸丸天 みなと店

その高さ15センチ! 名物のかき揚げタワー

昭和41(1966)年から変わらぬ味を守り続けている人気店で、静岡県東部に4店舗を展開。みなと店は最大120名まで受け入れ可能。定番からオリジナルまで多彩なメニューを目当てに訪れる人でにぎわう。

【沼津港×漁港めし】魚河岸丸天  みなと店

海鮮かきあげ丼(あら汁付) 1100円(税別)

高さ15センチのかき揚げがそびえ立つ、店の看板メニュー。一口頬ばれば、えびやほたての豊かなうまみが広がる

【沼津港×漁港めし】魚河岸丸天  みなと店

店内はモダンな雰囲気。丼ものにはすべてあら汁がつく

魚河岸 丸天 みなと店

住所
静岡県沼津市千本港町100-1大信ビル
交通
JR東海道本線沼津駅から伊豆箱根バス沼津港行きで10分、沼津港下車、徒歩5分
料金
魚河岸丸天丼=1685円/海鮮かきあげ丼=1188円/鮪フルテールシチュー=1296円/みなと店限定近海刺身盛合定食=1998円/

【静岡×漁港めし】焼津港の漁港めし! まぐろを味わう

古くからかつお漁が盛んな焼津港は、まぐろの遠洋漁業の基地としても有名です。隣接する小川港は沿岸漁業中心で、全国有数のさばの水揚げ量を誇ります。

【焼津港×漁港めし】まぐろ茶屋

天然みなみまぐろのとろける味わいを堪能

半世紀以上の歴史を持つ、まぐろ専門の卸問屋直営のレストラン。扱うまぐろはすべて目利きの職人が選び抜いた天然物。中トロや大トロの丼で、そのうまみとコスパの高さを実感しよう。

【焼津港×漁港めし】まぐろ茶屋

限定大トロ丼 3300円

目からもおいしさが運ばれる、専門問屋ならではの一杯。本まぐろ以上ともいわれる、天然みなみまぐろの深い甘みがあとを引く

【焼津港×漁港めし】まぐろ茶屋

焼津丼 1650円

みなみまぐろとかつおのコラボ。かつおの水揚げがない場合は地魚に

まぐろ茶屋

住所
静岡県焼津市鰯ケ島136-26うみえーる焼津
交通
JR東海道本線焼津駅から焼津市自主運行バスゆりかもめで10分、アクアスやいづ下車すぐ
料金
茶屋定食=1620円/お刺身定食=1080円/駿河定食=1620円/海鮮丼=1728円/極み中トロ丼=1944円/茶屋丼=1080円/まぐろ松花堂=2160円/まぐろのホホカツ定食=1080円/

【焼津港×漁港めし】まぐろ山水

トロと赤身の魅力がギュッ! まぐろファン納得の一杯

地魚をメインにした寿司と、まぐろやかつおをふんだんに盛り付けた丼が2枚看板。一口頬ばれば、目利きの確かさと食べごたえが広がる。焼津で獲れた新鮮なあじを使った「あじたたき丼」も評判。【焼津さかなセンター】

【焼津港×漁港めし】まぐろ山水

大とろ・赤身丼 1900円

赤字覚悟で提供される数量限定メニュー。大トロの濃厚なうまみと赤身ならではの風味を1度に楽しめ、まぐろ好きにはたまらない

【焼津港×漁港めし】まぐろ山水

まぐろ・かつお丼 1400円

上質なかつおが入荷したときのみ提供される

まぐろ山水

住所
静岡県焼津市八楠4丁目13-7焼津さかなセンター内 1階
交通
JR東海道本線焼津駅からタクシーで12分
料金
大トロ・赤身丼=1600円/まぐろ・かつお丼=1200円/かに・うに・いくら丼=1650円/中とろ丼=1600円/かつお丼=1200円/海鮮丼=1500円/イクラまぐろ丼=1200円/握り寿司=100円~/

【静岡×漁港めし】由比港の漁港めし! 桜えびを味わう

日本で唯一桜えびが獲れる駿河湾で、その多くを水揚げするのが由比港です。3月中旬から6月初旬と10月下旬から12月下旬の漁期には、新鮮な生桜えびも味わえますよ。

【由比港×漁港めし】浜のかきあげや

ここに勝る鮮度はない! 濃厚な生桜えび

由比港の目の前にある漁協直営の店。揚げたてのかき揚げを潮風に吹かれながら楽しめるとあって、休日には行列ができることも多い。ばらあげがのった丼やそば・うどんも秘かな人気。

【由比港×漁港めし】浜のかきあげや

生桜えび丼 1000円

由比港で水揚げされた桜えびをふんだんに使った生桜えびを存分に楽しめる丼。港で食べるから鮮度も抜群

【由比港×漁港めし】浜のかきあげや

桜えび炊き込みごはん 450円

桜えびと特製タレの味わいに箸が進む

【由比港×漁港めし】浜のかきあげや

漁船を眺めながらいただく一杯は格別。「桜えびドーナツ」も好評

浜のかきあげや

住所
静岡県静岡市清水区由比今宿由比漁港内
交通
JR東海道本線由比駅からタクシーで5分
料金
桜えびのかきあげ丼=750円/由比どんぶり=750円/季節の味噌汁=100円/

【静岡×漁港めし】大井川港の漁港めし! 桜えび・しらすを味わう

静岡県で唯一、桜えびとしらすの両方が水揚げされる港。大井川港ならではの、おめでたい紅白丼を食べにレッツゴー!

【大井川港×漁港めし】大井川港漁業協同組合直営食堂 さくら

漁場が近いから新鮮! 桜えびとしらすを一杯で

「大井川港にも桜えびが揚がることを知ってほしい」との思いからオープン。しらすが水揚げされることも大きな魅力で、「ミックス丼」や「二色釜揚げ丼」なら、1度に2つの恵みを味わえる。

【大井川港×漁港めし】大井川港漁業協同組合直営食堂 さくら

ミックス丼 1000円

桜えびのかき揚げとしらすの釜揚げをのせた一杯。かき揚げがまとうタレはお店の特製で、桜えびの風味をグッと引き立てる

【大井川港×漁港めし】大井川港漁業協同組合直営食堂 さくら

魚市場に隣接。テーブル席と座敷席が用意されている

大井川港漁業協同組合直営食堂 さくら

住所
静岡県焼津市飯淵1960
交通
東名高速道路大井川焼津藤枝スマートICから港湾道路を大井川港方面へ車で5km
料金
桜えびかき揚げ丼=1000円/二色釜揚げ丼=850円/ミックス丼=1000円/

【静岡×漁港めし】田子の浦港の漁港めし! しらすを味わう

駿河湾の最奥に位置する、しらす漁専門の田子の浦港。通常2艘のところ、1艘で網をひいて獲るため、しらすの痛みが少なく鮮度も抜群です。獲れたてを味わうなら4月上旬から12月下旬に訪れましょう。

【田子の浦港×漁港めし】田子の浦港漁協食堂

一艘曳きによるトレピチを競り場の食堂で味わう

しらすの競りが行われる場所に机と椅子が置かれて食堂に。港を眺めながら一艘曳きによる上質なしらすを楽しめる。生と釜揚げの両方を味わいたいなら、「ハーフ丼」750円を。

【田子の浦港×漁港めし】田子の浦港漁協食堂

赤富士丼 900円

特製ダレで漬けたしらすを赤富士に見立てた丼。朝日を表す黄身がまろやかさをプラス。大きめのしらすが揚がったときのみ提供される

【田子の浦港×漁港めし】田子の浦港漁協食堂

ぷりぷり生しらす丼 富士山盛り 1000円

生と釜揚げで雪化粧をした富士山を表現

【田子の浦港×漁港めし】田子の浦港漁協食堂

競り場なので漁港ムード満点。直売所も併設する

田子の浦港 漁協食堂

住所
静岡県富士市前田866-6
交通
JR東海道新幹線新富士駅からタクシーで10分
料金
赤富士丼=750円/ぷりぷり生しらす丼富士山盛り=850円/ぷりぷり生しらす丼=650円/釜揚げしらす丼=650円/しらす親子丼=850円/ハーフ丼(生しらすと釜揚げしらすが半々)=650円/

【静岡×漁港めし】用宗港の漁港めし! しらすを味わう

用宗港では、2艘曳き+運搬船、さらに素早い入札の連係プレーで、しらすの新鮮さをキープしています。漁期は3月下旬から1月中旬。鮮度抜群の生しらすを召し上がれ。

【用宗港×漁港めし】漁協直営どんぶりハウス

港が目の前の食堂で鮮度自慢の一杯をいただく

上質なしらすを多くの人に提供したいという思いから、漁協が港内ではじめた店。文字通り市場直送のしらすをお値打ち価格で楽しめる。しらすが苦手な人のためのまぐろの丼もある。

【用宗港×漁港めし】漁協直営どんぶりハウス

生しらす丼 700円

揚がったばかりのしらすが、ごはんが隠れるほどたっぷり。プチプチと弾ける食感と口に残るほのかな甘みは、新鮮さの証だ

【用宗港×漁港めし】漁協直営どんぶりハウス

しずまえ丼 900円

まぐろのづけと釜揚げしらすがたっぷりのる

【用宗港×漁港めし】漁協直営どんぶりハウス

漁協直営ならではのコスパが人気の秘密

漁協直営 どんぶりハウス

住所
静岡県静岡市駿河区用宗2丁目18-1
交通
JR東海道本線用宗駅から徒歩15分
料金
生しらす丼=600円/釜あげしらす丼=500円/マグロづけ丼=500円/ネギトロ丼=500円/すきみ丼=500円/用宗丼=800円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください