トップ > 全国 > 東海・北陸 > 静岡・浜松 > 静岡・奥大井 > 静岡 > 静岡市街 > 駿府城跡

スンプジョウシ

駿府城跡

家康が晩年を過ごした静岡のシンボル

徳川家康が晩年を過ごした城跡。現在、二の丸と本丸は公園になり、市民の憩いの場となっている。また、東御門と巽櫓、坤櫓は江戸時代の工法を用いて復元。一般公開されている。

住所
静岡県静岡市葵区駿府城公園1-1 (大きな地図で場所を見る)
電話
054-251-0016(駿府城公園二の丸施設管理事務所)
交通
JR静岡駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30
休業日
月曜、祝日の場合は開園(年末年始休)
料金
東御門・巽櫓入場料=大人200円、小人50円/坤櫓入場料=大人100円、小人50円/紅葉山庭園入園料=大人150円、小人50円/駿府城公園全施設(東御門・巽櫓、坤櫓、紅葉山庭園)共通券=大人360円、小人120円/坤櫓今昔スコープ体験料=500円/ (証明書持参で市内在住の70歳以上無料)
ID
22012667

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【静岡】おでかけ前に!季節のイベントをチェック!

静岡県内のイベントや花の見ごろ、旬の食べ物をピックアップ。おでかけ前のリサーチで、静岡の旬旅がもっと楽しくなる!

【静岡】吟醸王国の地酒!旅の記念におすすめ!

実は静岡は「吟醸王国」と呼ばれるほど地酒の宝庫。蔵元の数は多いが、生産数が少なく、なかなか全国には出回らないものもあるので、旅の記念にぜひ静岡の地酒を楽しんでみて!

【静岡】おすすめのお茶カフェ! お茶の本場で癒される

お茶の町、静岡にはいたるところに美味しいお茶を味わえるスポットが点在しています。一口に「静岡茶」と言っても、味や香りは茶葉や淹れ方によって千差万別。本気でこだわっている店だからこそ味わえる、本物の一杯...

【静岡タウン】遊びながら学べる施設をチェック!

静岡の産業、歴史、自然史などを、遊び感覚で学べる施設がいっぱい。雨の日もOKで、入場料もリーズナブルだ。

【静岡】ワクワク体験!こんなコトが出来る!

静岡県ならではの手作り体験や工場見学、歴史ロマンを感じる体験など、ワクワクするような体験に挑戦!

【静岡タウン】おすすめ絶品スイーツ! ここで味わえる!

静岡市内でスイーツを食べるならここ!という、知る人ぞ知る名店をラインナップ。フルーツたっぷりのケーキやパフェ、濃厚なアイスクリーム、焼きたて和菓子までそろいぶみ。かわいらしい見た目に、思わず写真を撮り...

【静岡おでん】市民のソウルフード! ご当地No.1グルメ!

静岡のご当地グルメといえば、おでん。静岡駅周辺には老舗店や行列のできる人気店が点在していて、だし粉をかけて食べる、静岡ならではのおでんを味わうことができます。朝から食べられて甘めの味つけが特徴の駄菓子...

【静岡】漁港めしを味わう! 海鮮がうまいおすすめの店10選

大小50近くの漁港がある静岡県には、鮮度抜群な魚がたくさん水揚げされます。そんな静岡県に来たらぜひ訪れたい、注目の漁港めしが楽しめる10軒をピックアップしました。まぐろやあじ、桜えびにしらす、旬の魚た...

【静岡茶】もっと知りたい!スゴイ魅力を徹底チェック!

身近な存在のお茶だけど、実は知れば知るほど奥深い!今回は「お茶についてもっと知りたい!」という方に特別レクチャー!名茶師の存在やお茶の競技“闘茶”など、まだまだ知らない茶の世界へレッツゴー!

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  東海・北陸 >  静岡・浜松 >  静岡・奥大井 >  静岡 >  静岡市街
トップ > 見どころ・レジャー >  見どころ・体験 >  寺社仏閣・史跡 >  城・城址
トップ > 全国 x 城・城址 >  東海・北陸 x 城・城址 >  静岡・浜松 x 城・城址 >  静岡・奥大井 x 城・城址 >  静岡 x 城・城址 >  静岡市街 x 城・城址

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください