トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 盛岡・八幡平 > 盛岡 > 盛岡市街 > 南部古代型染元 蛭子屋 小野染彩所

ナンブコダイガタソメモトエビスヤオノセンサイショ

南部古代型染元 蛭子屋 小野染彩所

気品ある連続模様の染物

寛永5(1628)年から南部藩御用の染師を代々務めてきた老舗染物店。型紙作りから染めまで全工程を手がける。南部藩の家紋の「向鶴」をはじめ、「千羽千鳥」、「萩」など、図柄の数は500種類にも及ぶ。

住所
岩手県盛岡市材木町10-16 (大きな地図で場所を見る)
電話
019-652-4116
交通
JR盛岡駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00
休業日
無休(12月31日~翌1月4日休)
料金
名刺入(革)=4104円(各種)/オリジナルバッグ=24840円(各種)/馬蹄型小銭入れ=3024円(各種)/ブックカバー=3240円(各種)/手提げ袋=3240円~/手提げ袋巾着型(小)=4644円/テーブルセンター=2160円~/しおり=432円/
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:3台 | 無料
ID
3010076

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

【盛岡】アート雑貨からシックな逸品まで!いい物探し!

都会的な景色のなかに、城下町の面影を色濃く残す盛岡。伝統の技を引き継ぐ工芸品や、洗練されたおしゃれ雑貨を探しにでかけよう。ショップで直接手ざわりを確認すれば、作り手の思いが伝わるお気に入りが見つかりそ...

【盛岡】パンを食べたい!地元で人気のパン屋さん!

昔懐かしいコッペパンから素材にこだわった自然派パンまで、盛岡には個性豊かなパンのある店が勢ぞろい。朝ごはんやおやつを求めて、旅の途中にふらりと立ち寄ってみよう。

【盛岡わんこそば】究極のおもてなし麺!目指せ100杯!

給仕さんが隣に立ち、かけ声とともに一口ずつ茹でたてのそばをお椀に滑り込ませる。その原点は南部地方に伝わる「そば振る舞い」といわれる。そばとともに、山海の幸がずらりと並ぶ豪華な薬味も楽しもう。

【盛岡グルメ】岩手の地酒で乾杯!美味しいお酒を飲もう!

清らかな水と豊富な食材に恵まれた岩手は、日本酒のみならず話題のクラフトビールやワインの製造も盛んな、知る人ぞ知る酒どころ。岩手ならではの山海の幸や郷土料理を肴に選べば、お酒のおいしさはさらにアップ!※...

【岩手旅行】おすすめモデルプランはこれ!岩手を満喫する日帰り~2泊3日の4プランをご紹介!

国内2位の面積を誇る岩手県。広大なエリアに自然、食べ物、温泉など旅心を刺激する魅力的なスポットが点在しています。そんな岩手旅のポイントは、エリアと目的を絞ること。限りある時間のなかでめいっぱい岩手を満...

【盛岡グルメ】地産地消ランチ!岩手食材を食べよう!

北の大都市・盛岡には、岩手が誇る山海の幸が大集合!肉や魚はもちろん、近年注目される岩手産の小麦もパスタやピッツァにおいしく変身。県産素材たっぷりのお得なランチで、岩手をまるごといただきます♪

【岩手】こんなところ!エリア&基本情報をチェック!

世界遺産の古都や、民話が息づく山あいの里、風情あふれるみちのくの城下町など、魅力的な見どころが点在する岩手県。三陸海岸から八幡平の山々まで、見ごたえある雄大な自然景観も余すところなく楽しみたい。

【盛岡グルメ】岩手の二大銘柄肉を味わう!

岩手県の二大銘柄肉といえば、赤身が多く肉本来のおいしさを味わえる「いわて短角和牛」と上質な霜降りが口の中でとろける「前沢牛」。極上の肉が集う盛岡市で2つのうまさを堪能しよう!

【岩手】四季のイベントに出かけよう!季節限定のお楽しみ!

伝統の祭りや、桜や紅葉の名所など一年を通して見どころが盛りだくさんの岩手。季節ごとのイベントをチェックして岩手の旅をプランニングしよう!

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  > 
 >  >   >   >   >   > 

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください