>  >  >  >  >  > 

小江戸・川越観光の楽しみ方!必見スポットや町あるきのコツ、おすすめグルメも紹介

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年3月27日

この記事をシェアしよう!

小江戸・川越観光の楽しみ方!必見スポットや町あるきのコツ、おすすめグルメも紹介

江戸時代に城下町として栄えた川越は、いまでも当時の風情が健在。

国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも認定されています。

そのほかにも、大正期の西洋建築や思わずのぞきたくなる横丁など、見どころがいっぱいです。

今回は、そんな川越の町を観光する際に抑えておきたい基本情報やおすすの観光スポット楽しみ方をセレクトしました。

半日モデルプランなども紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

行く前に知っておきたい川越の基本知識

川越ってどんなところ?

古くから商人の町として発展。

一番街には明治26(1893)年、川越大火の後に造られた蔵造りの建物が続きます。

年間観光客は610万人以上!

 

なぜ「小江戸」と呼ばれるようになったの?

江戸時代には新河岸川の舟運で江戸の文化が流入。

城跡・神社・寺院・旧跡などの歴史的建造物が多く、江戸風情を感じさせる街です。

川越のみどころをさくっと予習!

川越観光の必見スポットを紹介。マップでそれぞれの位置も把握しておきましょう。

 

川越全体マップ

 

時の鐘

一番街にある建築物。江戸初期の建築以来、今でも時を告げています。

 

川越一番街

蔵造りの商家が並ぶ小江戸川越のメインストリート。休日は多くの観光客で賑わいます。

 

菓子屋横丁

一番街の札の辻交差点の西側に位置。懐かしい駄菓子屋さんが軒を連ねる、観光客に人気のスポットです。

 

大正浪漫夢通り

大正時代を彷彿とさせる、レトロモダンな石造りの建物が多数現存。

 

川越氷川神社

縁結びの神様として知られ、多くの女性が訪れます。本殿は県の重要文化財に指定。

 

クレアモール

個性的な商店から大型複合店まで、約1kmにわたって続く商店街。

 

川越へのアクセス

最寄り駅は川越駅もしくは本川越駅

池袋

⇩ 東武東上線 (川越特急・快速急行・快速・急行・準急) [所要時間26〜41分]

川越

新宿

⇩ JR埼京線(快速) [所要時間約55分]

川越

渋谷

⇩ 地下鉄副都心線(急行)+東武東上線(急行) [所要時間約50分]

川越

西武新宿

⇩ 西武新宿線(急行・準急) [所要時間約1時間]

本川越

※特急「小江戸」を使えば最速44分(特急料金別途)

お得なクーポンもチェック

各鉄道会社が発行するお得なクーポンを使いこなしましょう。

電車運賃の割引やバス1日乗り放題と、協賛店サービスがセットになっています。

料金は、乗車区間によって変わり、利用当日に駅窓口での購入も可能。

川越観光の強い味方になること間違いなし!

 

【東武鉄道】小江戸川越クーポン

発売場所:一部を除く東武東上線・越生線・東急線各駅
有効期間:利用当日限り(東武版は発行日から10日間のうち1日限り)
特典:協賛施設利用料などが割引
東武鉄道HP

 

 

【西武鉄道】小江戸・川越フリークーポン

発売場所:一部を除く西武鉄道各駅、小田急電鉄各駅
有効期間:利用当日限り
特典:協賛施設利用料などが割引
西武鉄道HP

川越めぐりに便利な乗り物

川越観光の中心である川越一番街(蔵のまちエリア)は駅から少し距離があります。

川越駅から蔵のまちエリアに向けて、多くの路線バスが走っているので、川越駅東口の1番乗りば、2番乗り場を利用するのがおすすめです。本川越駅も経由。1日フリー乗車券も利用できます。

巡回バスの小江戸名所めぐりバスよりも、路線バスの方が早く蔵のまちエリアに到着します。

バス情報は観光案内所でも調べられます。

 

小江戸名所めぐりバス

川越駅東口~喜多院前~博物館前~川越氷川神社~蔵のまち(一番街)~川越市駅~川越駅東口を循環。土・日曜、祝日は一部の便で喜多院観光案内サービスを実施。川越駅東口③番バスのりば発着。本川越駅は経由しないので注意。

料金:1日フリー乗車券大人300円、小学生150円
乗車券発売場所:東武川越駅定期券発売所、東武バスウエスト川越営業事務所

詳細は東武バスHP

 

東武バスウエスト

市内周辺を走る路線バス。小江戸名所めぐりの1日フリー乗車券持参の場合、指定区間内が乗り放題。川越駅東口バスのりば発着。本川越駅を経由。

料金:初乗り大人180円(IC178円)、小学生90円(IC89円)、川越駅・本川越駅間は大人100円、小学生50円(ICも同額)

詳細は東武バスHP

 

小江戸巡回バス

レトロなボンネット型車両でおなじみの循環バス。「蔵の街先回り」と「喜多院先回り」の2コース。川越駅西口バスのりば発着。本川越駅を経由。

料金:1日フリー乗車券大人500円、小学生250円
乗車券発売場所:小江戸巡回バス車内、コンビニ NEW DAYS 川越店

詳細はイーグルバスHP

 

一番街なら人力車も◎

川越陣力屋

赤い半纏に身を包んだ車夫が颯爽と町を駆け抜ける、一番街名物。乗車は一番街仲街交差点近くの発着所から。空車なら、その場で乗車もOKです。

川越めぐりに便利な乗り物

車夫さんによる川越の歴史や文化の紹介を聞きながら、見どころを効率よくまわれる

シェアサイクルもおすすめ

川越市自転車シェアリング

電動アシスト自転車なのでラクラク移動できます。川越の町なかに設置されたサイクルステーションのどこでも貸出と返却可能。

川越の観光スポット間なら、ほとんど15分以内で移動できます。

駐車場情報

車で川越を訪れたら、目的地の近くにある市営駐車場、または民間のコインパーキングを利用しましょう。

中心地から少しはなれた所には、無料駐車場もありますが、平日でも混雑します。

民間コインパーキングは、駅周辺(川越駅、本川越駅、川越市駅)、蔵造りの町並み周辺に複数。

ただし、週末や大型連休の際には大変混雑するため、公共交通機関の利用がおすすめです。

また、市内中心部の駐車場は、まつりやイベントの都合により、使用不可となる場合があるので、注意が必要です。

 

車でのアクセス

関越自動車道川越IC

⇩ 国道16号経由 [所要時間約7分]

川越市街

 

川越町あるきの半日プラン

みどころを押さえて効率よくまわりましょう。

 

10:00 本川越駅 START

10:30 大正浪漫夢通りでショッピング

11:00 川越一番街でぶらりお散歩

12:00 古民家ランチで優雅なひととき

13:30 菓子屋横丁で駄菓子屋めぐり

14:30 川越駅 GOAL

 

プランのコツ

●効率よくまわるため、まずは足を延ばして大正浪漫夢通りへ!

●一番街と菓子屋横丁は閉店時間が早い。事前にリサーチを。

●お目当てのランチは予約がおすすめ。週末は混雑することも多い。

●川越では、毎月18日にレンタル着物で川越を散策すると、お得なサービスが受けられる特典がある。

川越の楽しみ方① 川越一番街を散歩&食べあるき

懐かしさが楽しい川越一番街は、歴史的な建物が並んでいるのと同時に食べ歩きグルメも豊富にそろいます。

レトロな町並みを散策しながら、定番のいもスイーツなど、川越の味を堪能しましょう!

時の鐘

小江戸川越、町のシンボル

江戸時代初期、酒井忠勝が川越藩主だった間に創建。以来、度重なる火災で焼失したが、その都度再建され、今も町に時を知らせる役割を担う。1日4回(6時、12時、15時、18時)鳴る鐘の音は、「残したい日本の音風景100選」にも選ばれている。

時の鐘

明治27(1894)年建造

現在のものは明治26(1893)年の川越大火の翌年に再建された4代目。木造3階で、やぐらの高さは16m

小江戸おさつ庵

ほのかな甘味がやみつきに

数多くのいも菓子をそろえるいも菓子の専門店。開店時間の前にはいつも行列ができている。

小江戸おさつ庵

おさつチップ

カップ入りで食べ歩きにぴったり

川越の楽しみ方② ご利益スポットに行く

神社や仏閣の多い川越の町で、縁結びや開運にご利益があるとされる人気のスポットをご紹介します。

夏の風物詩、風鈴のほか趣のある桜や紅葉など、季節を体感しながらのんびり散策しましょう。

川越氷川神社

“風が想いを届けてくれる”と伝わる風流な風鈴の音色に癒される

縁結びの神様として知られ、多くの女性が良縁祈願に訪れる。創建されたのは約1500年前で、7年の歳月をかけて彫り上げたという本殿の彫刻が見事。夏になると、境内に掛けられた2000個以上の江戸風鈴が涼やかな音色を響かせる。

川越氷川神社

高さ約15mで、木製鳥居では日本最大級の大きさ。扁額の文字は勝海舟によるもの

川越氷川神社

三方を埋める絵馬のトンネルは、この神社の名物

川越氷川神社

縁結び玉(無料)

毎朝限定20体で、授かると良縁に恵まれるという

川越氷川神社

一年安鯛みくじ&あい鯛みくじ

尾の部分におみくじが入った鯛を竿で釣り上げる。どの鯛を狙うかワクワク!

喜多院

色づく木々に囲まれて静寂がしみわたる

平安時代に創健。江戸時代の大火で大部分を焼失するも、3代家光公が江戸城別殿を移築した。子宝に恵まれるパワースポットとしても人気。

喜多院

境内の木々が赤く染まる。有料で見学できる客殿からの眺めもすばらしい。

喜多院

敷地には、江戸期に約50年かけて建造された五百羅漢がある。日本三大羅漢のひとつと称され、どれも表情豊か。干支にまつわる羅漢もいる

喜多院

川越の楽しみ方③ こだわりの空間でランチ

川越には、古民家や洋館をアレンジしたステキなレストランがたくさんあります。

古き良き時代の面影を感じながら、絶品ランチを楽しみましょう。

えぷろん亭

壁や柱の色合いが時代を感じさせる

町家造りの店内で、和食ベースの食事が楽しめる。体にやさしい家庭料理を懐石風に仕上げたオリジナル膳が人気。

 

平均予算(昼):1000円 ,  平均予算(夜):要問合せ

えぷろん亭

川越散歩膳

四季折々の食材が楽しめる。9〜12月頃にはさつまいも料理が並ぶ

えぷろん亭

築100年以上の町家造りで、梁や柱も飴色に変色している

小江戸 オハナ

トロ~リ玉子が口の中いっぱいに!

玉子料理に定評がある店。自信作の「親子丼」は身がぷりっと締まった地鶏を濃厚な味の玉子でとじ、トロトロに仕上げた一品。

 

平均予算(昼):1000円

小江戸 オハナ

極上親子丼

地鶏と健康な生みたて赤卵を使って、トロトロに仕上げている

小江戸 オハナ

玉子焼き御膳1400円もリピーターが多い

1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください