>  >  >  >  >  > 

小江戸・川越でいただきます! こだわりのランチスポットを厳選してご紹介

まっぷるマガジン

更新日:2020年7月8日

この記事をシェアしよう!

小江戸・川越でいただきます! こだわりのランチスポットを厳選してご紹介

川越には、歴史を感じる古民家や洋館をアレンジしたおしゃれなレストランがたくさんあります。
そこで、今回は川越一番街周辺で、ランチにおすすめの店を5つのジャンルでピックアップ。
レトロな空間にときめきながら、おいしいお昼ごはんに舌鼓を打つのも、旅の醍醐味ですよ。

1.古民家・洋館

時間の流れがゆっくり感じられる古民家や洋館で、ちょっと贅沢なランチタイムを堪能しましょう。

モダン亭太陽軒

ステンドグラスがロマンティック

1階は昭和初期を思わせるレトロなレストラン、2階は大正ロマンを感じさせる和洋折衷の座敷となっている。

 

平均予算(昼):2000円 , 平均予算(夜):5000円(個室使用料別10%)

モダン亭太陽軒

モダン亭洋食セット

エビフライ、カツレツなど、人気のメニューを盛り合わせたセット

モダン亭太陽軒

昭和4(1929)年建設。アールデコ調の優雅な雰囲気が漂う

モダン亭太陽軒

木造漆喰塗りの外観

モダン亭太陽軒

住所
埼玉県川越市元町1丁目1-23
交通
東武東上線川越駅から東武バスウエスト神明町車庫行きで7分、一番街下車すぐ
料金
大正ロマン洋食セット=2090円/特大海老フライセット=3190円/ちょっぴり西洋会席=3850円/西洋会席フルコース(要予約)=6600円~/モダン亭洋食セット=2750円/(個室使用料別10%)

えぷろん亭

壁や柱の色合いが時代を感じさせる

町家造りの店内で、和食ベースの食事が楽しめる。体にやさしい家庭料理を懐石風に仕上げたオリジナル膳が人気。

 

平均予算(昼):1000円 ,  平均予算(夜):要問合せ

えぷろん亭

川越散歩膳

四季折々の食材が楽しめる。9〜12月頃にはさつまいも料理が並ぶ

えぷろん亭

築100年以上の町家造りで、梁や柱も飴色に変色している

えぷろん亭

住所
埼玉県川越市元町2丁目1-19
交通
西武新宿線本川越駅から東武バスウエスト札の辻方面行きで3分、札の辻下車すぐ
料金
川越散歩膳=2700円/ランチメニュー=1080円/季節の膳=2200円~/

リストランテ ベニーノ

イタリアの小麦粉を使い、外サクサク、中ふんわり

アラカルトからコースまで幅広く対応するイタリアンレストラン。600度の窯で焼くクリスピータイプのピッツァが好評。

 

平均予算(昼):1200円 ,  平均予算(夜):3000円

リストランテ ベニーノ

ピッツァセット

手作りピザ、サラダ、ドルチェ、ドリンクのセットは平日ランチで

リストランテ ベニーノ

昭和初期に建てられ、白い壁が印象的な一軒家レストラン

リストランテ ベニーノ

住所
埼玉県川越市田町5-1
交通
東武東上線川越市駅からすぐ
料金
ピッツァセット=1860円~/パスタ=980円~/ピザ=1650円~/サラダセット=210円/スペシャリテセット=520円/

2.うなぎの老舗

昔から周辺の河川でうなぎが獲れたことから、今でも川越はうなぎが名物。

店により秘伝の味が異なります。

小川菊

200年以上も変わらない味

創業以来200年以上受け継がれてきた、一子相伝の秘伝のタレが自慢。ていねいに焼き上げたうなぎは、いつの時代も通をうならせる。

 

平均予算(昼):3000円 ,  平均予算(夜):3000円

小川菊

うな重(香の物・吸い物付)上

脂がのったふわふわのうなぎが、ふんわりと炊いたご飯によく合う

小川菊

大正初期に建てられた木造3階建ての建物

小川菊

1階席のほか、2階席もある

小川菊

住所
埼玉県川越市仲町3-22
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩10分
料金
うな重=2850円・3400円(上、香の物・吸い物付)・4500円(特)/柳川=1400円/白焼=3100円~/

3.おいもランチ

川越名物、さつまいもを使った料理もぜひ味わいましょう。

とくに、さつまいもの収穫時期である秋頃がおすすめです。

陶路子

ホクホクのおいもに心もほっこり

隣接する「陶舗やまわ」の直営カフェ。店内は明るくモダンな雰囲気で、食事を待ちながら、隣へ器を見に行くのもよい。

 

平均予算(昼):1900円

陶路子

さつまいもミニ懐石

食前酒のカクテルからデザートのアイスまで、いもづくしの全10品

陶路子

火災による延焼を防ぐ土蔵造り。間口が狭く、奥行きが長い

陶路子

住所
埼玉県川越市幸町7-1
交通
西武新宿線本川越駅から東武バスウエスト札の辻方面行きで3分、一番街下車すぐ
料金
さつまいもミニ懐石=1900円/お抹茶=640円/おしるこ=690円/クリームあんみつ=690円/

さつまいもcafe

せいろを開けると笑顔がこぼれおちそう

ノスタルジックな古民家の雰囲気をそのまま生かした店内で、食事メニューのほか、さつまいもを使ったパフェやスイーツなどが味わえる。

 

平均予算(昼):1500円

さつまいもcafe

せいろ御飯セット

ほっとする素朴な味の和食セット。もちろん、さつまいもも使う

さつまいもcafe

老舗菓子店「くらづくり本舗」一番街店の奥にある

さつまいもcafe

住所
埼玉県川越市幸町2-16
交通
西武新宿線本川越駅から東武バスウエスト札の辻方面行きで3分、一番街下車すぐ
料金
べにあかパフェ=770円/スィートポテトバウム=530円/せいろ蔵めし単品(味噌汁、漬物付)=1150円/せいろ蔵めしセット(田楽3本、味噌汁、漬物付)=1580円/せいろ御飯セット(ドリンク付)=1830円/芋クリームあんみつ=800円/抹茶セット(上生菓子付)=690円/

4.親子丼の人気店

地元の人からも観光客からも評判の高い店には、おいしさの秘密があります。ここでしか味わえない料理を楽しみましょう!

小江戸 オハナ

トロ~リ玉子が口の中いっぱいに!

玉子料理に定評がある店。自信作の「親子丼」は身がぷりっと締まった地鶏を濃厚な味の玉子でとじ、トロトロに仕上げた一品。

 

平均予算(昼):1000円

小江戸 オハナ

極上親子丼

地鶏と健康な生みたて赤卵を使って、トロトロに仕上げている

小江戸 オハナ

玉子焼き御膳1400円もリピーターが多い

小江戸 オハナ

住所
埼玉県川越市仲町2-2
交通
西武新宿線本川越駅から徒歩10分
料金
玉子焼き御膳=1400円/極上親子丼=1200円/貴婦人の卵サンド=850円/

5.ハンバーガー店

ボリューム満点のハンバーガーにかぶりつく至福の時間を!

各店自慢の味を楽しみましょう。

アロハカフェ カピリナ

ハワイ好きもうなる本場の味

南国リゾートの雰囲気のなか、本格的なハワイ料理を楽しめる。毎月第3木曜日はフラダンスショーを開催。

 

平均予算(昼):1000円 ,  平均予算(夜):2000円

アロハカフェ カピリナ

食べごたえたっぷり。ボリューミーな盛り付けがうれしい

アロハカフェ カピリナ

住所
埼玉県川越市菅原町23-1アトランタビル一号館 1階
交通
JR川越線川越駅からすぐ
料金
スパムエッグバーガー=850円(ランチ)・1100円(ディナー)/

BurgerCafe honohono

ジューシーな本格炭火焼きバーガー

蔵通り、菓子屋横丁からほど近いハンバーガー専門店。炭火で焼いた極粗びきのパティは、香ばしくてジューシー。

 

平均予算(昼):1300円 ,  平均予算(夜):2000円

BurgerCafe honohono

高さ12㎝を超える大人気のホノホノバーガー。その日の朝に仕込んだ牛100%のパティを炭火で焼き上げる

Burger Cafe honohono

住所
埼玉県川越市元町1丁目8-25
交通
西武新宿線本川越駅から東武バスウエスト埼玉医大行きで5分、市役所前下車すぐ
料金
ハンバーガー=918円/honohonoバーガー=1652円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください