コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  秋の絶景を見に行く!
おすすめ紅葉の名所 17選

秋の絶景を見に行く!
おすすめ紅葉の名所 17選

by mapple_travel_guide

更新日:2018年10月5日

秋本番、今年も紅葉シーズンがやってきました。

日本気象協会によると、9月の気温や10~11月の気温予想から、2018年の紅葉見頃は平年並か遅い所が多いようです。

今回は、全国の紅葉の名所をテーマごとに20箇所ピックアップ。

美しく染まる秋の絶景を見に行きましょう!

近くの紅葉スポットを探したい方はこちら(ページ最下部にジャンプ)。

今回紹介するスポットはこちら

●おすすめ① ドライブに最適

月山花笠ライン(山形県)
日光いろは坂(栃木県)
白山白川郷ホワイトロード(石川県)
蒜山大山スカイライン(岡山県)
仁田峠(長崎県)

●おすすめ② トレッキングができる

定山渓(北海道)
五色沼湖沼群(福島県)
昇仙峡(山梨県)
黒部峡谷(富山県)
蘇陽峡(熊本県)

●おすすめ③ 公園、寺社など気軽に行ける

大沼国定公園(北海道)
高台寺(京都府)
府営箕面公園(大阪府)

●おすすめ④ ライトアップを見に行ける!

長瀞(埼玉県)
香嵐渓(愛知県)
兼六園(石川県)
特別名勝 栗林公園(香川県)

おすすめ紅葉スポット① ドライブに最適

標高差の高い山岳地帯では、山の奥から順々に紅葉が降りてきます。山間をぬうように走る観光道路では、途中の展望台や車窓から、朱色や黄色に染まる変化に富んだ山岳風景を楽しむことができます。

月山花笠ライン(山形県)

出羽三山を目指し行者が歩いた信仰の街道を行く

月山花笠ライン(月山道路)は、月山、湯殿山、羽黒山の出羽三山つなぐ一部自動車専用道路を含む幹線道路(国道112号)で、「日本の道100選」にも選ばれている。寒河江ダム(月山湖)にあがる高さ112mの大噴水は日本一を誇る。秋にはナナカマド、ミネカエデなどが鮮やかに色づいた月山の姿を望むことができる。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬

このスポットの詳細を見る

 

日光いろは坂(栃木県)

山肌を彩る紅葉のグラデーションと大パノラマ

日光の名所として誰もが知る「日光いろは坂」は、上り11km、下り9kmで「日本の道100選」にも選ばれている。頂上と麓では標高差があるので山肌の色合いが微妙に異なる。眺望のすばらしさは言うまでもないが、明智平から眺める一大パノラマはひと際雄大。明智平ロープウェイからの華厳ノ滝や中禅寺湖も見どころ。

【紅葉見頃】10月中旬~10月下旬

このスポットの詳細を見る

白山白川郷ホワイトロード(石川県)

見どころ盛りだくさんのドライブコース

霊峰として名高い白山の北側を抜け、岐阜県の白川郷へと通じる全長約33kmの有料道路。ブナの原生林を抜けるドライブが楽しめるほか、落差86mの「ふくべの大滝」や白山展望台なども必見だ。雄大な白山をバックにした山並みにナナカマドやヤマウルシ、ハウチワカエデなどの色鮮やかな紅葉を楽しむことができる。

【紅葉見頃】10月上旬~11月上旬
※通行可能期間は6月上旬~11月10日(変動あり)

このスポットの詳細を見る

蒜山大山スカイライン(岡山県)

蒜山から大山への観光道路

岡山県の蒜山高原から鳥取県の大山鏡ヶ成へ至る観光道路。途中の鬼女台(きめんだい)展望休憩所からの眺めは絶景で、秋はカエデやブナ林が色づく奥大山や蒜山高原が360度の大パノラマで楽しめる。

【紅葉見頃】10月下旬~11月上旬

このスポットの詳細を見る

仁田峠(長崎県)

画像提供:長崎県観光連盟

色づく雲仙を眺めながらドライブや登山を楽しめる

妙見岳と野岳の鞍部にあたる仁田峠は標高1080m。妙見岳山頂に向かう雲仙ロープウェイ乗降場近くには展望台があり、平成新山が望める。小浜仁田峠循環線は人気のドライブスポットで、普賢岳登山道は、多くの登山客が訪れる。山全体に紅葉する植物が多く、「普賢岳紅葉樹林」として国の天然記念物に指定されている。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬

このスポットの詳細を見る

おすすめ紅葉スポット② トレッキングができる

秋におすすめしたいのが紅葉トレッキング。初心者向けのトレッキングコースや遊歩道が整備されている名所では、色とりどりの紅葉を眺めながら気軽に散策ができます。本格的な登山装備は必要ありませんが、足元が悪い場所もあるので、スニーカーを履いていきましょう。

定山渓(北海道)

札幌の奥座敷、温泉街に広がる多彩な紅葉

札幌市街から豊平川をたどるように山間に進むと、定山渓の温泉街が現れる。渓流沿いには散策路があり、イタヤカエデやナナカマドなど多彩な紅葉が楽しめる。錦橋付近は特におすすめ。温泉街の周辺の山々や、さっぽろ湖、豊平峡ダムにもぜひ足を延ばしたい。

【紅葉見頃】10月上旬~10月中旬

このスポットの詳細を見る

五色沼湖沼群(福島県)

色彩あふれる湖沼群を染める色鮮やかな紅葉

磐梯山の噴火によって、桧原湖など大小約300の湖沼が裏磐梯にできたと言われるが、その代表的なものが五色沼湖沼群。毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼などの総称である。片道約3.6kmのトレッキングコースがあり、沼とイタヤカエデ、ハウチワカエデ、ヤマウルシなどとのコントラストが満喫できる。

【紅葉見頃】10月中旬~11月上旬

このスポットの詳細を見る

昇仙峡(山梨県)

奇岩、珍石が散りばめられた日本随一の渓谷美

JR甲府駅から車で20分足らずでたどり着く昇仙峡は、国の特別名勝にも指定されている景観を誇る。約4kmにわたって続く渓谷には、主峰の覚円峰(かくえんぼう)を筆頭に、珍しい岩や仙娥滝をはじめとした美しい滝が点在する。標高差があるため1ヶ月以上にわたってモミジやサクラ、ナナカマドなどの紅葉が楽しめる。

【紅葉見頃】10月下旬~11月下旬

このスポットの詳細を見る

黒部峡谷(富山県)

深いV字峡谷をトロッコ電車でゆっくりと

黒部峡谷の深い谷の赤や黄に染まった自然林の中をトロッコ電車が走り抜ける。黒部川の清流と針葉樹の緑が峡谷の紅葉を一段と際立たせる。トロッコ電車の車窓から、またトロッコを降りて欅平・鐘釣周辺を歩きながら、峡谷の色とりどりの紅葉を楽しむことができる。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬

このスポットの詳細を見る

蘇陽峡(熊本県)

「九州のグランドキャニオン」で紅葉を楽しむ

200mもの切り立った絶壁が10kmにわたって続く雄大な峡谷。宮崎県との県境にある長崎鼻展望所から見下ろす眺めは「九州のグランドキャニオン」と呼ばれ、秋は鮮やかに色づいたモミジ、ケヤキなどで彩られる。

【紅葉見頃】10月下旬~11月中旬

このスポットの詳細を見る

おすすめ紅葉スポット③ 公園、寺社など気軽に行ける

気軽に紅葉を楽しみたいなら、名所と言われる寺社や庭園に行ってみましょう。駅から近かったり、特別な準備をせずに見に行けるのが魅力ですが、その分最盛期には見物人でごった返す可能性も。混雑を回避するなら、朝一番や閉園間際を狙うのがポイントです。

大沼国定公園(北海道)

北海道のリゾート発祥の地で雄大な秋の自然を満喫

明治初期から皇族や外国の要人達に愛されてきた大沼は、駒ヶ岳の山麓に広がるゆったりとした風景が魅力。秋の風物詩であるワカサギ漁が始まる頃、湖畔は鮮やかなカエデやナラなどに彩られる。大沼のほか、小沼、じゅんさい沼など見どころは多い。また、小沼に面する日暮山の展望台からは眼下に広がる絶景が楽しめる。

【紅葉の見頃】10月中旬~11月上旬

このスポットの詳細を見る

高台寺(京都府)

ライトアップで池に映し出される神秘的な紅葉は必見

慶長11(1606)年、豊臣秀吉の菩提を弔うため正室のねねが建立した。開山堂、霊屋、観月台、茶室の傘亭・時雨亭など開山時の建物が現存している。美しい庭園は小堀遠州作と伝わる。借景と共に眺める紅葉は見事としか言いようがない。

【紅葉見頃】10月中旬~12月上旬

このスポットの詳細を見る

府営箕面公園(大阪府)

箕面大滝に重なる紅葉の美しさ

落差約33mの「箕面大滝」でおなじみの公園。古くから紅葉の名所として知られた景勝地で、毎年多くの観光客が訪れる。特に「日本の滝百選」にも選ばれた荘厳な大滝を彩る紅葉は見るものを圧倒する。

【紅葉見頃】11月中旬~12月上旬

このスポットの詳細を見る

おすすめ紅葉スポット④ ライトアップを見に行ける!

紅葉の名所のなかには、日没後にライトアップをおこなうところも。闇の中に光ともみじが浮かび上がり、昼とは異なる幻想的な風景を楽しむことができます。遅い時間帯のほうが混雑は避けられますが、夜は気温が10度以下になるところもあるので、寒さ対策はしっかりしていきましょう。

長瀞(埼玉県)

画像提供:一般社団法人長瀞町観光協会

清流を下りながら鮮やかに色づいた紅葉を楽しむ

荒川流域を染めるモミジ、クヌギなどの紅葉風景をゆったりと楽しむのには「長瀞ラインくだり」が最適。特に名所とされるのが500mにわたって続く岩畳と、その対岸の赤壁で、奇観と紅葉のコントラストが堪能できる。見ごろには、月の石もみじ公園でライトアップも行われる。また、宝登山ロープウェイもおすすめだ。

【紅葉見頃】11月上旬~11月下旬
【ライトアップ】11月3日~25日 日没~21:00 月の石もみじ公園ライトアップ

このスポットの詳細を見る

香嵐渓(愛知県)

約4000本のモミジが色鮮やかに染まる

巴川の両岸は約4000本ものモミジで覆われ、水面を紅一色に染め上げる。香積寺11世の三栄和尚が、般若心経を一巻読み上げるごとにモミジを一本ずつ植えたのが始まりといわれる。夜間にライトアップされたモミジは幻想的な美しさを醸し出す。

【紅葉見頃】11月中旬~11月下旬
【ライトアップ】11月1日~30日 日没~21:00

このスポットの詳細を見る

兼六園(石川県)

photo by fotolia

加賀百万石の庭園で歴史と自然美を満喫

いわずと知れた日本三名園の一つ。江戸時代の代表的な大名庭園で、代々の加賀藩主によって長い年月をかけて造園されていった。カエデ約340本、サクラ約420本、ウメ約200本をはじめとする園内の木々の数には圧倒される。優美さ、大胆さ、壮大さにあふれる紅葉の眺めは見事というほかない。

【紅葉見頃】11月中旬~12月上旬

このスポットの詳細を見る

特別名勝 栗林公園(香川県)

庭の国宝「特別名勝」で幻想的な夜の散策が楽しめる

紫雲山の東麓に広がる回遊式大名庭園。庭の国宝ともいうべき国の特別名勝で、紅葉の頃はひときわ美しい。南湖南岸の、カエデが幾重にも折り重なった色鮮やかな紅葉のトンネルや、湖面に映る紅葉は息をのむ美しさだ。公園南庭ではライトアップに合わせ、和船の夜間運航も行われ、壮大に秋の雅を演出する。

【紅葉見頃】2018年11月下旬
【ライトアップ】日程未定

このスポットの詳細を見る

まだまだあります、全国の紅葉スポット

以下のボタンから、お近くの紅葉スポットが探せます。

後でこのページを
スポットリストで確認するには

スポットリストを起動し、
上部のフキダシボタンからご確認できます。

アプリキャプチャ

 

※掲載の内容は取材をおこなった時点での情報です。変更される場合がありますので、おでかけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

 

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 

×
×