トップ >  関東・甲信越 > 北関東 > 佐野・栃木・足利 > 佐野 > 佐野市街 > 

【佐野プレミアムアウトレット】雑貨・ファッション・グルメ!

くらしたび

更新日: 2024年6月14日

この記事をシェアしよう!

【佐野プレミアムアウトレット】雑貨・ファッション・グルメ!

国内外の人気ブランド約180店舗が一堂に集まる郊外型アウトレット。話題のショップも多く、トレンドをおさえた店舗構成で、高級ブランドも続々と登場するのが最大の魅力だ。

佐野プレミアム・アウトレット

ACCESS
●車で行くなら
川口JCT→東北自動車道約 40分→佐野藤岡IC→約800m→佐野プレミアム・アウトレット
●鉄道で行くなら
浅草駅→東武特急「りょうもう」約1時間 館林駅乗り換え・東武線佐野駅約15分→JR・東武線佐野駅→佐野市内循環バス 約20分→佐野プレミアム・アウトレット

首都圏からは便利な運行バスで
新宿駅、東京駅から高速バス「マロニエ東京号/マロニエ新宿号」が毎日運行している。片道約90分/1600円(ネット決済割引あり)
注意:お帰りの際は「佐野新都市バスターミナル」での乗車。佐野プレミアム・アウトレットでの乗車は不可。
問い合わせ:JRバス関東高速バス案内センター☎︎0570-04-8905(10:00~17:00)

※運行ダイヤについてはJRバス関東のホームページにて確認を

佐野プレミアム・アウトレット

住所
栃木県佐野市越名町2058
交通
JR両毛線佐野駅から関東自動車佐野新都市循環バスで20分、佐野アウトレット下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:00(時期により異なる)
休業日
無休、2月は第3木曜
料金
店舗により異なる

注目ショップ

人気なのはふだん使いに役立つ定番もの。商品の値段は日々変わるので、直接お店に確認して、自分だけのお気に入りを見つけよう!

Scotch Grain

日本の高級革靴ブランド
1964年創業。東京墨田区で自社一貫生産を行う本格革靴ブランド。創業から60年、靴底の交換修理ができるグッドイヤーウェルト製法を貫き、上質で堅牢な革靴を作り続けている。【ファッション】

Scotch Grain

ストレートチップ(H9106)
ヨーロッパの上質なカーフ(仔牛革)を使用した美しいフォルムが際立つ王道のストレートチップ。ビジネスからフォーマルシーンまで幅広く使える

Beams

モダンかつ伝統的なデザイン
メンズ、ウィメンズ共にデイリーに使えるカジュアルウェアから、ビジネスユースアイテムまで幅広い品揃え。性別や世代を問わず楽しめる。

Beams

スキッパーネック カットソー
アクセサリーが映えるシンプルなデザインのトップス◎抜け感のあるスキッパーネックと、フェミニンなムードを演出するフリル袖がポイント

Zwilling

包丁や調理器具などを扱うヨーロッパを代表するキッチン用品ブランド
ツヴィリングを代表するナイフはもちろん、ストウブやフライパン等キッチンをトータルコーディネイトできるアイテムが豊富

Zwilling

ツヴィリング TWIN FINマルチパーパス18cm、TWIN FINペティ

オールステンレス一体成型の独自フォルム。ハンドルは握りやすい左右非対称なデザイン。Made in Japan

グルメ&スイーツ

フードコートのほか、食べ歩き系の店舗も充実しているので、小腹がすいても安心。

Capricciosa

グリル野菜、スパイシーミートソースの耳うどん 1650円
佐野市の郷土料理「耳うどん」をスパイシーミートソースでパスタ仕立てにした、旧佐野ブランド認定メニューの復刻アレンジ版

Capricciosa

紅虎菜舗

佐野らーめん 1045円
鶏ガラと丸鶏、香味野菜から出汁を取ったまろやかでコクのあるスープ。佐野らーめん会認定の逸品

紅虎菜舗

アウトレットの上手なまわり方

その1.セール時期をチェックしよう
8月下旬と1月下旬には大規模なセール「プレミアム・アウトレットバーゲン」が行なわれる。詳しくはHPをチェックしよう。

その2.周辺の観光情報は佐野コミュニケーションセンターで
フードコート入口の佐野コミュニケーションセンターでは、佐野市の産業を中心とした情報発信を行なっている。地酒、名産のほか、佐野ラーメンなどのご当地グルメ情報も盛りだくさん。

アウトレットの上手なまわり方

佐野名物などのおみやげ情報も充実

その3.子供連れでも安心
遊歩道に遊具を備えた「プレイグラウンド」や、特定日に専門のインストラクターとともにさまざまな体験や遊びが楽しめる「キッズケア(託児)プログラム」(有料・定員制)など、小さな子供連れにうれしいサービスが充実している。

遊具が無料で遊べる「プレイグラウンド」

佐野の新着記事

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。