コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  横浜【中華街】必食メニュー!おすすめ餃子はコレ!

横浜【中華街】必食メニュー!おすすめ餃子はコレ!

by mapple

更新日:2018年2月17日

日本人にもなじみ深い餃子も、中華街のプロが作れば本格的な味わいに。定番の焼きから、揚げ、茹で、蒸しの人気店をご紹介。

東北人家 本館

中華街でも珍しい東北料理がずらり
旧満州地区を含むため、日本人の味覚に合った料理が発展した東北地方の料理店。素朴ながら味わい深い蒸し餃子や、羊肉を豪快に料理した、なかなかお目にかかれない品がある。

0045-641-7595 予約 :可
無休
11:00〜14:20(閉店は14:30)、16:30〜24:00(閉店は翌1:00)、土・日曜、祝日は11:00〜24:00(閉店は翌1:00)
横浜市中区山下町214
JR石川町駅北口から徒歩6分
駐車場なし

木材やレンガを使用した温かみのある店内

必食メニュー

豚肉・漬け白菜のジャンボ蒸し餃子 4個500円(写真は2人前)
東北地方特有の漬け白菜を使った伝統の蒸し餃子。あっさりとした食べやすさがポイント
たれ=特製漬け醤油、にんにく ○ にら×

自家製さっぱりだれ

コレも食べたい!

豚背骨ガラ肉の特製醤油煮込み 500円

福満園餃子バル

中華街では珍しい気軽なバルスタイル
四川料理が人気の「福満園」による、バルスタイルの餃子店。店頭で職人が皮も餡も手作りで仕込む餃子のほか、500円ほどのつまみメニューが充実。天気の良い日は、外でお酒と味わいたい。

0045-264-8152 予約 :可
無休
17:00〜23:30(閉店は24:00)
横浜市中区山下町211
みなとみらい線元町・中華街駅2番出口から徒歩6分
駐車場なし

店舗右側では、餃子を仕込む様子が見られる

必食メニュー

福餃子500円
えびをまるごと1本使った全長約18cm、重さ220gの揚げ餃子。1人1品限定
たれ=醤油だれ、にんにく ○ にら○

コレも食べたい!

五色餃子550円
パプリカ&かに肉入りの赤など、色で五輪を表現

蓬莱閣

池波正太郎が愛した老舗
昭和35(1960)年に、山東省出身の祖母が開いた味を守り続ける老舗。「餃子コース」1600円(2名〜)は、餃子3種類と酸辣湯が付き、お得に名物を楽しめる。

関帝廟通り、山下町公園の目の前とわかりやすい立地

必食メニュー

焼きギョーザ 4個720円
モチモチとした皮の中に濃厚な味わいの餡がたっぷり。白菜が入りさっぱりいただける
たれ=なし、または酢とラー油、にんにく ○ にら×

コレも食べたい!

酸辣湯麺 1000円

龍鳳酒家

中華街のシェフも集う広東料理店
昭和56(1981)年から続く広東料理店。横浜市中央卸売市場で毎朝仕入れる新鮮な魚介を使った料理は、中華街の調理人からも評判の味。水曜限定「スペシャルランチ」700円もお得。

中華街大通りから1本入った通りにたたずむ、趣ある店構え

必食メニュー

広東風スープ餃子860円
モチモチの皮に肉餡がみっちり詰まった水餃子が6個入り。鶏ガラと野菜を煮込んだスープはシンプルながらうま味いっぱい
スープ=白鶏、にんにく × にら○

コレも食べたい!

渡り蟹の餡掛け炒飯 1080円

筆者:mapple

まっぷる横浜 中華街・みなとみらい’19

発売日:2018年01月10日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる横浜 中華街・みなとみらい’19」です。掲載した内容は、2017年9〜11月現在の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金・価格ほか、各種掲載情報が変更されたり、季節による変動や、売り切れ、臨時休業、閉店などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、事前にご確認のうえおでかけください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×