トップ > 関東・甲信越 > 北関東 > 前橋・桐生・足利 > 前橋 > 前橋市街 > 

【群馬・前橋】歴史が薫る街並みを観光しよう!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2020年11月28日

この記事をシェアしよう!

【群馬・前橋】歴史が薫る街並みを観光しよう!

アカデミックな薫り漂う群馬の県都・前橋には、明治から昭和初期にかけて造られた施設や、出身の萩原朔太郎にちなんだスポットが点在しています。
街の歴史を感じられる道筋をたどってみましょう。

【前橋×観光】前橋観光ルート

<START>

① カトリック前橋教会

⇩ 徒歩 5分

② 西洋料理 群馬會舘食堂

⇩ 徒歩 8分

③ 臨江閣

⇩ 徒歩 5分

④ 広瀬川詩の道

⇩ 徒歩 すぐ

⑤ 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

<GOAL>

【前橋×観光】① カトリック前橋教会

おごそかな気持ちに浸れる空間

明治38(1905)年からの歴史を刻む教会。昭和7(1932)年に現在の聖堂が完成。天井の高い礼拝堂内はアーチ状の柱と美しいステンドグラスが荘厳な雰囲気を演出し、おごそかな気分に。

【前橋×観光】① カトリック前橋教会

聖堂は国の登録有形文化財に指定

【前橋×観光】① カトリック前橋教会

ヨーロッパの教会建築様式を継承

【前橋×観光】① カトリック前橋教会

ステンドグラスはフランス製のもの

前橋カトリック教会

住所
群馬県前橋市大手町2丁目14-6
交通
JR前橋駅から群馬中央バス県庁方面行きで6分、県庁前下車、徒歩5分
料金
要問合せ

【前橋×観光】② 西洋料理 群馬會舘食堂

シックな空間で味わう極上料理

創業昭和5(1930)年の老舗洋食店。昼夜ともにリーズナブルなコース料理が人気。おすすめは上州牛を使ったこだわりのハヤシライス。じっくり煮込んだデミグラスソースが奥深い味わいだ。

【前橋×観光】② 西洋料理 群馬會舘食堂

ハヤシライス 1964円

店の人気メニュー

【前橋×観光】② 西洋料理 群馬會舘食堂

登録有形文化財の「群馬会舘」の中にある

西洋料理 群馬會舘食堂

住所
群馬県前橋市大手町2丁目1-1群馬会館 B1階
交通
JR前橋駅から群馬中央バス県庁方面行きで6分、県庁前下車すぐ
料金
ハヤシライス=1728円/洋食コース=3564円~/ビーフカツレツ=5616円/ビーフシチュー=3402円/カニクリームクロケット=1512円/コース料理=3564円~/(ディナータイムはサービス料別5%)

【前橋×観光】③ 臨江閣

群馬県令が提言し建築された迎賓館

明治時代に建てられた近代和風の木造建築。本館は皇族を迎える迎賓館として、県令楫取素彦の尽力で明治17(1884)年に完成した。楫取素彦に関する資料も展示されている。そのほか、県政への地域住民の協力に感激した楫取らが寄贈した茶室もある。

【前橋×観光】③ 臨江閣

国の重要文化財の本館は日本建築の美が光る

臨江閣

住所
群馬県前橋市大手町3丁目15
交通
JR前橋駅から日本中央バス前橋公園行きで10分、終点下車、徒歩5分
料金
無料

【前橋×観光】④ 広瀬川詩の道

歌碑などを探しながらゆったり散策

市内を流れる広瀬川に沿って設けられた遊歩道。ケヤキや柳の木が連なる沿道には、前橋生まれの詩人・萩原朔太郎の銅像や歌碑、水車、あずまやがあり、川沿いの風景を彩っている。

【前橋×観光】④ 広瀬川詩の道

交水堰周辺の風景は特に絵になる

【前橋×観光】④ 広瀬川詩の道

川に架かる橋はそれぞれ意匠が異なる

【前橋×観光】④ 広瀬川詩の道

道々にユニークな詩碑も見つけられる

広瀬川詩の道

住所
群馬県前橋市千代田町3丁目ほか
交通
上毛電鉄中央前橋駅から徒歩15分

【前橋×観光】⑤ 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

詩情あふれる街の文学館

前橋市出身の詩人の資料を中心に展示する。特に萩原朔太郎の資料が多く、2階の朔太郎展示室では、直筆原稿や著書、愛蔵品が見られる。館外には朔太郎の銅像もある。

【前橋×観光】⑤ 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

萩原朔太郎に関する資料は全国一の質と量を誇る

【前橋×観光】⑤ 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館

貴重な朔太郎直筆原稿を展示

Who is 萩原朔太郎?

萩原朔太郎は明治19(1886)年、前橋生まれ。大正6(1917)年に刊行した第一詩集『月に吠える』は、感情の奥底を口語によって鮮烈に表現し、後の詩壇に大きな影響を与えた。昭和17(1942)年、肺炎のため55歳で死去した。

Who is 萩原朔太郎?

水と緑と詩のまち 前橋文学館

住所
群馬県前橋市千代田町3丁目12-10
交通
JR前橋駅から徒歩15分
料金
一般・大学生100円、高校生以下無料、特別企画展は別料金(特別企画展開催時は常設展と企画展の共通券あり、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください