>  > 

ねこがいる町4選 全国にあるねこまちへ出発しよう♪

にゃっぷる編集部

更新日:2021年2月11日

この記事をシェアしよう!

ねこがいる町4選 全国にあるねこまちへ出発しよう♪

全国各地には、ねことゆかりのあるまちが数多く存在しています。
そんなねこゆかりの地には、ねこに関連するお店やレジャースポットが多いのも嬉しいポイント。

そこで今回は、全国にある「ねこまち」を4か所ご紹介します。
ねことその土地の歴史を知る旅は、ねこ好きはもちろん、そうでない方にとっても学びの多い旅になるはずですよ。

それでは、癒しと学びの旅へ出発しましょう♪





【ねこがいる町】1.谷根千<東京都>

【ねこがいる町】1.谷根千<東京都>

谷中・根津・千駄木の3エリアは「谷根千(やねせん)」と呼ばれ、神社仏閣のほか、長屋や坂といった古い景観が多く残る場所です。

この地域は古くからのお寺や神社がたくさんあり、車が通れない細い道や路地裏も多く、ねこの住みやすい環境でした。

ねこにとって恵まれた環境のおかげで、ねこの数が増え、ねこ好きからも注目を浴びるようになったため、町おこしに一役買う形で、ねこにまつわるグルメやグッズであふれるようになったといわれています。

昔ながらの商店が並ぶ約170mの道には、東京藝大の学生が制作した7匹の木彫りのねこがあちこちに潜んでいます。

今にも動きだしそうなくらいに本物に見えるねこ探しも、街歩きの楽しみのひとつにしてみてくださいね。

【ねこスポット×谷根千】① やなかしっぽや

【ねこスポット×谷根千】① やなかしっぽや
(左上)クッキー入りのレオ 150円、(中)さとうきび風味のキキ 110円、(右下)一番人気のとら 130円

ねこのしっぽをイメージした焼きドーナツのお店。
豊富な柄や味と、ねこの名前のようなかわいいネーミングが人気の秘密。揚げていないので口あたりが軽く、棒状で持ちやすいので、散策のお供にぴったりの逸品です。

やなかしっぽや

住所
東京都台東区谷中3丁目11-12
交通
JR山手線日暮里駅から徒歩5分
料金
とら=130円/キキ=110円/

【ねこスポット×谷根千】② ギャラリー猫町

【ねこスポット×谷根千】② ギャラリー猫町

閑静な住宅地にある一軒家をそのまま利用した、ねこ専門のアートギャラリー。
ねこをテーマにした企画展が行われ、絵画や陶芸など様々なジャンルのアーティスト作品を鑑賞・購入することができます。

ギャラリー猫町

住所
東京都台東区谷中2丁目6-24
交通
地下鉄千代田線千駄木駅から徒歩6分
料金
入館料=無料/元祖ふとねこ堂「花猫札」=4860円/

【ねこスポット×谷根千】③ カフェ猫衛門

【ねこスポット×谷根千】③ カフェ猫衛門

昔ながらの長屋を改装した、レトロな雰囲気の古民家カフェ。
ねこモチーフに囲まれる中で、お茶をしながら招き猫の絵付け体験ができます。オリジナル招き猫は赤い座布団をつけて持ち帰りができるので、旅の思い出におすすめです。

カフェ猫衛門

住所
東京都台東区谷中5丁目4-2

【ねこがいる町】2.尾道<広島県>

【ねこがいる町】2.尾道<広島県>

尾道は山と海に囲まれた情緒豊かな場所。
坂のまち、映画のまちで有名ですが、最近ではねこのまちとしても知られています。

目を凝らしながら町中を歩いていると、そこかしこにねこへの愛を感じることができます。
こちらのマンホールには、ねこが描かれていました。

猫の細道と名付けられた、艮(うしとら)神社の裏山に続く約200mの細い路地。
緑に包まれたノスタルジックな通りで、猫モチーフのオブジェが至るところに飾られています。

空き家を再利用したお店や美術館などが点在し、あちらこちらでくつろぐねこたちにお目にかかれますよ。

猫の細道

住所
広島県尾道市東土堂町
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩15分
料金
情報なし

【ねこスポット×尾道】① 千光寺

【ねこスポット×尾道】① 千光寺

尾道駅から千光寺ロープウェイまでの石畳の道「古寺めぐりコース」は隠れたねこスポット。
石畳や古寺など、風情ある尾道のまちでくつろぐねこの姿をみることができます。

千光寺

住所
広島県尾道市東土堂町15-1
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩15分の山麓駅から千光寺山ロープウェイで3分、山頂駅下車、徒歩10分
料金
お守り(ペア縁結び)=800円/お願い地蔵=800円/叶いたまご=700円/無病息災=700円/(PAYPAY利用可)

千光寺山ロープウェイ

住所
広島県尾道市東土堂町20-1
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩15分
料金
片道=大人320円、小人160円/往復=大人500円、小人250円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者半額)

【ねこスポット×尾道】② あめかんむり

【ねこスポット×尾道】② あめかんむり

2020年10月に移転オープンした、尾道千光寺山ロープウェイ乗り場近くの本通り商店街にある、ねこ雑貨と広島のおみやげが並ぶお店。
観光客に嬉しい、荷物の預かりサービス(1点500円)も行っています。

■あめかんむり
住所:広島県尾道市久保1丁目1-17
電話:070-6496-0393
交通:JR尾道駅から徒歩20分
営業時間:10:00〜18:00
定休日:水・木曜
駐車場:なし

【ねこスポット×尾道】③ 招き猫美術館in尾道

【ねこスポット×尾道】③ 招き猫美術館in尾道

約3000体もの招き猫が収集された美術館。
舶来物など珍しいものがたくさんあり、見ていて飽きない。大正時代の民家を改装した建物で、オリジナルグッズの販売もしています。

招き猫美術館in尾道

住所
広島県尾道市東土堂町19-26
交通
JR山陽本線尾道駅から徒歩15分
料金
入館料=大人300円、小学生100円/福石猫=5000円~/

【ねこがいる町】3.長崎市街地<長崎県>

【ねこがいる町】3.長崎市街地<長崎県>

国際色豊かな長崎は海に囲まれながらも、内陸は山や丘が広がり、坂道の多いまち。
幸運を運ぶと言われる尾曲がりねこが多く、その尾曲がり率は日本一高く、L字形の尾、短い尾、団子状の尾の3種類の形があります。

縁起が良い尾曲ねこは、しっぽが幸せをひっかけてくれるといわれています。
故郷は東南アジアで、外国船に乗って来た尾曲ねこが、鎖国時の窓口であった長崎に居ついたのが由来という説も残っています。

路面電車にも描かれている、尾曲がりねこ。
長崎の中心を走る路面電車は観光に便利で、「みなと」は鉄道デザインの第一人者、水戸岡鋭治氏が手がけた車両です。

港町をイメージしたブルーで、内装はステンドグラスなどが施されており、見ても乗っても楽しめます。

【ねこスポット×長崎】① nagasaki-no neco

【ねこスポット×長崎】① nagasaki-no neco

眼鏡橋の近くにある雑貨店。
「曲がったことが大好き」をキャッチフレーズに、尾曲がりねこモチーフの商品を中心に扱っています。

自社で企画デザインしているオリジナル商品が多いので、ここでしか手に入らないものも。
店内には「猫舌神社」なるお社も鎮座し、おみくじならぬ「おみャくじ」(100円)を引くこともできます。

■nagasaki-no neco
住所:長崎県長崎市栄町6-7
電話:095-823-0887
交通:長崎電気軌道めがね橋電停から徒歩3分
営業時間:11:00~18:00
定休日:水曜
駐車場:なし(近隣の有料駐車場を利用)

【ねこスポット×長崎】② 尾曲がりねこ神社

【ねこスポット×長崎】② 尾曲がりねこ神社

ねこの健康長寿を願う神社。
幸運をひっかけてくる尾曲がりねこについての詳細な資料も展示されています。お賽銭は長崎をはじめ全国のネコ保護活動の団体などに寄付しています。

販売しているオリジナルのねこグッズも要チェックです。

■尾曲がりねこ神社
住所:長崎県長崎市銀屋町2-15 古川町共同ビル1階
電話:095-895-7704
交通:長崎電気軌道めがね橋電停から徒歩3分
営業時間:11:00~18:00
定休日:不定休
駐車場:なし(近隣の有料駐車場を利用)

【ねこスポット×長崎】③ 千寿庵 長崎屋

【ねこスポット×長崎】③ 千寿庵 長崎屋

地元で愛される創業約90年の和菓子店。
長崎の伝統菓子を受け継ぎながら、時代に合わせた創作和菓子を生み出しています。

尾曲がりねこモチーフのカステラと和菓子は可愛らしいネーミングと、こだわりのパッケージが特徴的です。

■千寿庵 長崎屋
住所:長崎県長崎市新大工町4-10
電話:095-822-0543
交通:長崎電気軌道諏訪神社電停から徒歩3分
営業時間:9:00~18:30
定休日:日曜
駐車場:なし(近隣の有料駐車場を利用)

【ねこがいる町】4.内川<富山県>

【ねこがいる町】4.内川<富山県>

ノスタルジックな風景から「日本のベニス」とも呼ばれている新湊・内川周辺。
この古い港町には、物怖じしない「内川ねこ」たちが闊歩しています。

海での無事や大漁を祈願し、神仏を祀ってきた歴史があるため、地蔵堂や神社、お寺が驚くほどたくさんある内川周辺。

ねこはもともと、仏教の経典がねずみにかじられないよう、船に乗って大陸からやってきた生き物ですが、内川でも同じ理由で大切にされてきました。

気比住神社や内川沿いなど、まちのあちらこちらでマイペースに過ごすねこちゃんたちに遭遇できます。

【ねこスポット×内川】① 新湊観光船

【ねこスポット×内川】① 新湊観光船

橋の下をくぐったりと、地上からとは違う豊かな景色を楽しめる「内川遊覧コース」、海の貴婦人と呼ばれる帆船を展示した海王丸パークを出発し富山新港を一周する「新港遊覧コース」があり、いずれもゆったりとした時間を楽しめます。

そんな新湊観光船の受付で看板ねこを務めるのが、副船長のみーちゃん。
午前中の波がおだやかな時には乗船することもあるそうです。

新湊観光船

住所
富山県射水市海王町2
交通
万葉線海王丸駅から徒歩5分
料金
内川遊覧コース(所要50分)=1500円/(万葉線利用で1割引、障がい者手帳持参で1割引)

【ねこスポット×内川】② 気まぐれ食堂 トラネコ

【ねこスポット×内川】② 気まぐれ食堂 トラネコ

肉の「虎の気まぐれ丼」、魚の「猫の気まぐれ丼」の丼ランチが人気のお店。
猫丼の具材は刺身に限らず、海老天やさんまの蒲焼きなどさまざまです。夜は居酒屋「虎と猫」に変身します。

■気まぐれ食堂 トラネコ
住所:富山県射水市中央町3-14
電話:0766-92-3229
交通:万葉線新町口駅から徒歩5分
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:45)、17:30~22:00(L.O.21:30)
定休日:木曜
駐車場:無料

【ねこスポット×内川】③ BRIDGE BAR

【ねこスポット×内川】③ BRIDGE BAR

70種類以上ものアメリカンウイスキーや内川にちなんだオリジナルカクテルが楽しめるバー。
ハワイ出身で愛猫家のオーナーと話が弾むかも?

※オーナーの愛猫ちゃんはお店にはいないのでご注意を!

■BRIDGE BAR
住所:富山県射水市八幡町1-12-5
電話:090-8098-4690
交通:万葉線新町口駅から徒歩8分
営業時間:16:00~23:00
定休日:月曜
駐車場:無料

全国のかわいいねこと旅を楽しもう♪

その土地ごとに、性格も風貌も違う全国のねこたち。
日本中のねこまちを旅する「ねこ旅」なんて、猫好きにはたまらないプランですよね。

各地の歴史とねことの深い関係を学びながら有意義な旅を楽しんでくださいね。

【ねこ好きさん必見!】本記事は「まっぷる」が制作したねこだらけの本「にゃっぷる」にも掲載中です!

全国のねこ好きさんに向けて、旅の情報誌「まっぷる」が「ねこ」と「旅」をコラボさせたねこの本「にゃっぷる」を発刊!

本記事は、「にゃっぷる」の特集の一部を掲載したもので、本誌は、さらに充実の内容となっていますよ。

「にゃっぷる」は昭文社のねこ好きスタッフが集まって、総力を挙げて制作した、「全ページねこだらけ」の夢のような本!

ねこ島やねこ街さんぽ、ねこまみれドライブ、全国の看板ねこ、おうちでのカフェタイムに楽しめるねこスイーツのお取り寄せ、おすすめのねこの本や映画、世界のねこ街ラビリンスなどなど、自粛ムードでなかなか旅行にも出かけづらい中でもたっぷり楽しめるカワイイ一冊です。

この記事以外のねこ情報も満載!
今すぐチェックしましょう!!

>>「にゃっぷる」の詳細はこちら

 

>>ここでも買えます!

>>楽天ブックス

>>amazon

 

にゃっぷる編集部は、ねこ愛200%のねこが大好きな人間が集まっています。「ねこ好きなら、こういう情報が必要」と、取材スタッフや編集者が足で集めたねこ愛たっぷりの情報を発信していきます。

SNS公式アカウントでも「ねこ情報」を発信中なので、ぜひフォローしてお楽しみください!

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください