コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【伊豆】乗りたい!観光列車の楽しみ方!

【伊豆】乗りたい!観光列車の楽しみ方!

by mapple

更新日:2018年2月20日

伊豆への旅をより充実させる観光列車が、今注目されている。贅沢な空間、洗練された料理、そして車窓に広がる海絶景。移動することが旅の目的となる鉄道旅を楽しもう。

THE ROYAL EXPRESS

【伊豆急行】 横浜駅⇔伊豆急下田駅
伊豆へ向かう トキメキを車内から
2017年7月より運行を開始した、定員数国内最大級の観光列車。ロイヤルブルーの車体が煌めく海とマッチして、目的地までの移動を極上のおもてなしで楽しませてくれる。

本日のシートはこちら

ライブラリー併設の8号車
チェリーなど重厚感ある木材を使用した贅沢な内装。旅関連の本などがあるライブラリーも併設し、寄木細工を施した床など細部まで手がかけられた内装は目を見張るものがある。

こんなシートもおすすめ

2号車
家族や友人と気軽な旅ができるゴールドクラス車両。2人掛け席は海景色を楽しめる。

だから乗りたい!

デザイナー水戸岡鋭治氏が妥協することなく追求したデザインは、床、天井、シートの柄に至るまで洗練され、乗客たちに感動を与える。

8号車ライブラリー
客席から扉を隔てて設けられるライブラリー。テーブルも設け、書斎のようにじっくりと旅の計画を立てられる。

6号車ステンドグラスの天井
プラチナクラスの食事車両。天井のステンドグラスが車内を明るく照らす。

6号車食堂車
ミニキッチンを完備した食堂車も贅沢な空間。ピアノの生演奏などもあり、食事タイムを演出してくれる。

車内のお楽しみ

せっかくの列車旅。インテリアや乗り心地だけでなく、料理やサービスも余すところなく堪能しよう。

山田チカラ氏監修の饗宴
伊豆の素材の新しい魅力を引き出す料理を提供。河野美千代氏も監修している。※画像はイメージ

1号車木のボールプール
親子が楽しめる1号車には、絵本図書館やボールプールを設置。長旅も飽きさせない。

音旅演出家・大迫淳英氏
THE ROYAL EXPRESSのテーマ曲を演奏するヴァイオリニスト。旅と音楽の融合が、旅の記憶をより鮮明にさせる。※画像はイメージ

伊豆急行「リゾート21」にはこんな列車もあります!

黒船列車
黒船を模した威厳ある黒い車体で、車内には幕末の歴史や当時の下田の資料などを展示。

キンメ電車
伊豆の特産「金目鯛」をイメージした赤い車体にかわいいキンメ柄。車内には金目鯛博物館も。

ザ・ロイヤルエクスプレス ツアーデスク

03-6455-06441
受付時間10:00~17:00 
水・日曜、祝日、年末年始 
【クルーズプラン】1泊2日(食事付き乗車券・夕食付き宿泊・現地観光込み)135000円~(2名1室利用・1人あたり)
【食事付き乗車プラン】片道 プラチナクラス大人35000円/ゴールドクラス大人25000円、小人20000円/ゴールドクラスファミリーシート40000円(大人1名+小学生未満1名)

伊豆クレイル

【JR東日本】 小田原駅⇔伊豆急下田駅
景色もグルメも満喫できるリゾート列車
伊豆の景色を眺めながら「食」と「お酒」と「会話」を楽しむJR東日本のリゾート列車。エレガントなデザインの列車で風光明媚な海岸線を走る。大人女子旅におすすめだ。

本日のシートはこちら

景色を楽しむための気遣いがうれしい

3号車
ゆったりシートで、大きめの窓から東伊豆のオーシャンビューを楽しめるコンパートメント席。座席のオレンジは西伊豆の夕陽をイメージ。

こんなシートもおすすめ

1号車
海側に面したカウンター席と一段高い山側の対面席。いずれも2人用の席。

4号車
指定席グリーン券+乗車券で乗車可能。一人旅でも利用しやすい。

だから乗りたい!

伊豆クレイルで提供される料理は伊豆の旬をふんだんに盛り込んだオリジナル。味はもちろん、見た目での華やかさにも感動!

意外な組み合わせで新しい魅力が引き出されている伊豆の地産食材

フランス家庭料理レストラン東京・目黒「モルソー」の秋元さくらオーナーシェフが監修

乗車時に手渡される「沿線見どころガイド」。旅のプランの参考に

2号車では地産品ショップ「のもの」などの伊豆にちなんだおみやげも販売

車内のお楽しみ

伊豆旅を盛り上げる、おもてなしが散りばめられた車内。約2時間半の列車旅が短く感じられるかも。

ビューポイント
片瀬白田駅付近は最も海の近くを走行するポイントに。ここでは景色を楽しむため一旦停止をしてくれる。

一旦停止するのでより景色を楽しめる

2号車バーカウンター&ラウンジ
バーカウンターでは、ゆったりとくつろげる空間でお酒がいただける。ラウンジではライブが開催される。

お酒のほかソフトドリンクや軽食を販売

IZU CRAILE(伊豆クレイル)

1・3号車の座席は、食事と飲み物がセットになった旅行商品として発売。申し込み・問い合わせはJR東日本の主要駅にある「びゅうプラザ(旅行カウンター)」等へ。4号車は乗車券と指定席グリーン券で乗車できる。指定席グリーン券は全国のJR主要駅、JRの旅行センターおよび主な旅行会社で発売。

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×