>  >  >  >  >  > 

【伊豆・下田】下田さんぽ おすすめモデルコース!開国の街をめぐろう!

まっぷるマガジン

更新日:2020年8月12日

この記事をシェアしよう!

【伊豆・下田】下田さんぽ おすすめモデルコース!開国の街をめぐろう!

約160年前に幕末・開国の舞台になった下田の地。
遊覧船・黒船サスケハナの航路を楽しむもよし、寝姿山からの眺望を満喫するもよし。
旅情誘うカフェでの一服もおすすめです。
日本で最初の開港場だけに、そのスピリットを各所に漂わせています。

下田さんぽ おすすめモデルコース

※拡大できます

①黒船サスケハナ(下田港内めぐり)

徒歩2分

②街中の手湯・足湯

徒歩2分

③ペリーロード

徒歩10分

④下田公園

徒歩8分

⑤くしだ蔵

徒歩10分

⑥下田ロープウェイ

ロープウェイ3分

⑦寝姿山自然公園

①黒船サスケハナ(下田港内めぐり)

黒船をモチーフにした遊覧船で下田港内をまわろう

港内にある歴史スポットをめぐる約20分のクルーズ。吉田松陰が密航を企てた際に隠れていた弁天島やペリー艦隊投錨の地、下田の街並みの眺めを船上から楽しもう。

①黒船サスケハナ(下田港内めぐり)
①黒船サスケハナ(下田港内めぐり)

船のデッキから、カモメにエサをあげることもできる(秋〜春)

②街中の手湯・足湯

散策途中にほっこり

良質な温泉が湧く下田。街中にも温泉が湧いていて、街中の路地のいたるところに、気軽に利用できる無料の手湯や足湯が点在している。

②街中の手湯・足湯

伊豆急下田駅にある足湯、開国の湯。電車の待ち時間にものんびりできる

③ペリーロード

幕末、開国の舞台となったノスタルジックな小径

下田港に上陸したペリー一行が、「下田条約」締結の地、了仙寺まで歩いた小径。平滑川の両岸の石畳やガス灯、伊豆石やなまこ壁の家並みがレトロな散策スポット。カフェなどおしゃれな店が点在する。

③ペリーロード

テレビやCMのロケも行われる風情ある小径。四季で移り変わる景色も楽しめる

③ペリーロード

伊豆石を使った建物やなまこ壁がレトロな、明治時代の建物も残る

③ペリーロード

幕末日本の歴史を感じる大砲の筒も展示されている

④下田公園

歴史と四季の花に彩られ

下田港を望む岬にある公園。園内に3ヶ所ある展望台からの海の眺めは格別。かつて北条氏の鵜島城が築かれ、その遺構が点在する。花の公園としても知られ、四季折々の花が遊歩道を彩る。

④下田公園

桜や椿、ツツジなど、季節の花が楽しめる下田公園。なかでも梅雨時を彩るあじさいが有名。15万株300万輪が咲き誇る毎年6月には「あじさい祭」が開催され、多くの観光客でにぎわう。数々のイベントのほか、露店では地場の特産品も販売される。

⑤くしだ蔵

明治時代の蔵がカフェに変身

伊豆石となまこ壁、鉄骨の梁がレトロモダンな店内。ゆったりと配置されたテーブルと高い天井でくつろげる。この空間の居心地の良さを求めて地元の常連さんも集う社交の場。

⑤くしだ蔵

街並みに溶け込む、伊豆石となまこ壁という下田らしい蔵

⑤くしだ蔵

「スパゲッティナポリタン蔵風」900円。季節のサラダorスープ付き

⑥下田ロープウェイ

ゴンドラがリニューアル!風流な気分で寝姿山山頂へ

下田駅前から寝姿山山頂までは約3分。15分間隔で運行している。下田港に注ぐ稲生沢川を眼下に眺めながら、しばしの空中散歩を。

⑥下田ロープウェイ

内装はぬくもりある天然木を使った上質な空間

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください