コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  新潟【彌彦神社】門前町グルメスポットをチェック!

新潟【彌彦神社】門前町グルメスポットをチェック!

by mapple

更新日:2018年9月16日

越後の国一宮・彌彦神社のまわりには味自慢のお店がいっぱい。名物料理や和カフェの甘味を楽しみ、おみやげをチェックしよう。

清水屋

趣ある空間で味わうなめらかうどん
彌彦神社一の鳥居の向かいに位置する老舗宿。併設する食事処は宿泊客以外の利用もでき、のどごしの良い特製細麺を使ったうどんやそば、揚げたての天ぷら定食などが評判だ。

梅うどん650円
関西風のすっきりとしただしとうどん、梅肉の風味がベストマッチ

窓からは情緒ある日本庭園が見える

わっぱ飯と割烹の吉田屋

弥彦産の米と具材が生きた名物メニュー
寺泊や出雲崎、佐渡で水揚げされたばかりの魚を使った料理が自慢。ひと工夫したご飯の上に鮭やイクラ、錦糸卵をたっぷりのせて器ごと蒸し上げたわっぱ飯は30年以上続く名物メニュー。

特製わっぱ飯膳1620円
わっぱ飯に煮物、漬け物、えびの頭入り味噌汁が付いてボリューム満点

気軽な小上がり席と座敷席を用意

レストラン ヴァイス

華やかな気分でランチタイムを
瀟洒なたたずまいの温泉ホテルにあるレストランは一般利用も可能。ディナーは地元産食材を使った本格フレンチ、ランチはカジュアルに楽しめるパスタや魚料理がメニューを彩る。

本日の魚料理1480円
手をかけたソースでいただく魚料理はパンと飲み物がセットになる

ランチにはパスタやカレーも登場

社彩庵

自家製の甘味に頬がほころぶ
築150年の古民家をリノベーションした建物は、1階は雑貨店「ひらしお」、2階が和カフェ「社彩庵」。女性店主が手作りしたぜんざいやあんみつなどの甘味メニューをそろえている。

和風パフェ730円~
各種にも注目を

抹茶栗ぜんざい730円
ふっくら炊いた小豆と栗、餅の上に抹茶が注がれて後味のいい甘さ

古民家ならではの温もりある店内

酒屋やよい

魅惑的な日本酒の世界を紹介
数ある新潟の蔵元から厳選した地酒、県内ワイナリーで製造されたワインなどがそろう。試飲できる種類も多い。

彌彦愛国純米吟醸720㎖2700円
「幻の」と呼ばれる米で造った地元・弥彦の酒

古い民家を活用した店内は重厚

糸屋菓子舗

伝説にちなんだウサギの菓子
弥彦に伝わる「神様に諭されたウサギ」をモチーフとした菓子を製造販売。落雁、和三盆の干菓子、チョコレートがある。

餡入り玉兎6個入り650円
自家製餡が入った落雁で口どけがいい

分水堂菓子舗

アツアツのパンダ焼きをパクリ
小倉や枝豆あん、チョコレートなど常時5~6種類。小倉と枝豆あんは米粉の白い皮、それ以外は小麦粉の皮となる。

パンダ焼き各150円
きんぴらやカレーなども日替わりで登場

中村屋

皮と餡のバランスが絶妙
昔ながらの温泉まんじゅうは、やや厚めの自家製皮の中にほどよい甘さのこし餡がぎっしり。1個80円から買える。

温泉まんじゅう20個入り1600円
弥彦みやげとして安定した人気を誇る

筆者:mapple

まっぷる新潟 佐渡’19

発売日:2018年04月09日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×