>  >  >  >  > 

【静岡】空から富士山の絶景を!富士山遊覧飛行と大井川鐵道の共演ツアー

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年11月18日

この記事をシェアしよう!

【静岡】空から富士山の絶景を!富士山遊覧飛行と大井川鐵道の共演ツアー

新型コロナウィルスの影響で、富士登山が中止となった2020年。そんな富士山を“上空”から眺められる「富士山遊覧飛行と、大井川鐵道と南アルプスあぷとライン」ツアーが人気を博しています。このツアーは、FDA(フジドリームエアラインズ)と富士山静岡空港、そして大井川鐵道の3社特別企画で、2018年に始まり、毎月1回催行され、すでに2021年5月までの開催が決定しています。

富士山や奥大井の豊かな自然をゆったり満喫できるとあって、チケット発売から3分で完売することもあるこの日帰りツアーに、まっぷるトラベルガイドが同行取材してきました!

早朝の富士山静岡空港からテイクオフ!

早朝の富士山静岡空港からテイクオフ!
早朝のJR静岡駅南口。ここからバスに乗り込み富士山静岡空港へ

こちらのツアーは、FDAの定期運行が始まる前の時間に組まれているので、朝の出発時間がとにかく早い!
そのため、
① 朝6時30分、富士山静岡空港に現地集合
② 朝5時30分、JR静岡駅南口からのツアーバスに乗車(帰りもJR静岡駅南口で下車)
の2種類から選択できるようになっています。

遠方から参加したい人は前日入りするか駐車料金が無料の富士山静岡空港に車で直接向かうのが良いでしょう。私たち取材チームは、まだ真っ暗な静岡駅南口からバスに乗車しました。
早朝6時30分、富士山静岡空港の団体受付カウンターで現地集合のお客さんたちと合流し、簡単な説明を受け、空港内の出発ゲートへ向かいます。

便名の「3776便」でピンと来るなら富士山ツウ 。FDAの粋な計らいだ

ボーディングブリッジではなく、地上を歩いてタラップから飛行機に乗り込むスタイルも、この富士山遊覧飛行のツアーならでは。細いトンネル状の通路を抜けると、そこには朝日を浴びてキラキラ輝く、FDAのカラフルな機体が待っていてくれます。

この日は、FDAの8号機ティーグリーン色の機体がお出迎え。思わずテンションが上がる!

「うわぁ〜、迫力あるわぁ〜!」「かわいい色の機体ねぇ〜」
機体をバックにキャビンアテンダントさんに記念撮影してもらったり、空港スタッフに機材について詳しい話を聞いたり、タラップのすぐ脇から見える機長にあいさつしたりと、参加者が思い思いの時間を過ごせるのも遊覧飛行ならでは。朝7時30分、参加者のテンションもグッと上がったところで、いよいよ富士山静岡空港からテイクオフ、約40分間の富士山遊覧飛行の始まりです。

富士山遊覧飛行のハイライトに思わず歓声が

富士山遊覧飛行のハイライトに思わず歓声が
駿河湾上空で大きく左旋回。眼下に大井川を望む

「本日は早朝より、フジドリームエアラインズをご利用いただきましてありがとうございます」
機体が安定飛行に入ったところで流れる機長からのアナウンスに、みなさん耳を傾けます。
「当機は現在、焼津市上空を通過中で、安倍川から身延町を経由、本栖湖に向けて飛行を続けております。本栖湖のあたりで左にぐるっと旋回して進路を南にとり、富士宮市から富士市、駿河湾に出てまいります」
頭の中で日本地図を思い浮かべながら、右か左、どちらに富士山が見えるのかな?と思っていると、にわかに右側の席から歓声が。
「すっごいっ!きれ〜い!」「マシュマロみた〜い!」
大人も子どもも関係なし。まさに、アタマを雲の上に出している富士山の姿に、感嘆とも驚嘆ともなんとも言えないどよめきが機内にあふれます。いきなり現れた旅のハイライトに、まだ朝の8時だということを忘れてしまいます。

高度5,000mから見下ろす富士山。単純計算で、山頂との高度差は約1,200mだが、もっと近くにあるように感じられる

この日のフライトは、最初は右側の席から、その後旋回して左側の席からも富士山をじっくり見ることができ、写真や動画、そして自分の目にしっかりとその姿を収めていました。
富士山上空を離れ、遠く伊豆半島伊豆七島駿河湾などを眺めているうちに、眼下には牧之原の茶畑がみるみる広がり、富士山静岡空港に着陸。
40分間のフライトながら、これだけでも満足度の高いツアーだと実感。しかしこの後、まだまだ旅のハイライトが続々と登場します。

レインボーブリッジの絶景にうっとり&ヒヤヒヤ!

レインボーブリッジの絶景にうっとり&ヒヤヒヤ!
ダム湖(接岨湖)の左岸につき出た半島状の場所に立地する、奥大井湖上駅

富士山遊覧飛行の後、空港から移動するバスの車中で配布される朝食をとり、 途中休憩を挟みつつ約2時間の移動。バスを降りて徒歩すぐ、写真の絶景が広がります。

ここは、赤いトロッコ列車が走る、大井川鐵道井川線(通称:南アルプスあぷとライン)「奥大井湖上駅」。大井川上流、長島ダムによって作られた接岨湖にかかるレインボーブリッジの真ん中にあり、周辺に民家もなく陸の孤島のようなロケーションから、秘境駅としても知られています。エメラルドグリーンと赤い鉄橋&列車のコントラストで、世界中から注目される絶景スポットとなった「奥大井湖上駅」ですが、列車だけではなく、徒歩でも行くことができるんです。

このツアーでは、整備された遊歩道と、線路と併設された鉄橋を歩いて、大井川鐵道井川線に乗車するという企画が盛り込まれています。

奥大井の自然の中をゆっくり散策。季節を変えて訪れたい

遊歩道から鉄橋へ降りる階段は、角度が急ということに加え、目の前が湖になっているので、なかなかにスリリング。ツアーガイドさんの「慌てずゆっくりでいいですからね」との声がけに、ついつい手すりを掴む手に力が入ってしまいます。

駅までまっすぐに伸びる鉄橋。この橋の左側に歩道が整備されている

しかし、鉄橋までたどり着くと、そこには爽快な湖上の一本道。湖面をなでる爽やかな風と、左右の眼下に広がるコバルトブルーの湖。大井川の上流部、ゆったりたゆたう水面に、ついつい足の運びもゆっくりしてしまいます。
とはいえ、スニーカーなど、歩きやすい靴を持参するのがオススメ。もちろん、歩くのに自信がない人や高所恐怖症の人は、バスで次の駅まで回送してくれるのでご安心を

線名にもなっている「アプト式鉄道」区間。鉄道日本一の急勾配を、力持ちの電車がサポート

奥大井湖上駅に到着すると、ほどなく小さくて可愛らしい、大井川鐵道井川線の列車が入線。この列車は乗客が手動でドアを開けて乗り込むタイプなのでちょっと戸惑います。そして座席の窓もなんと全開。
危ないんじゃないの、と思われるかもしれませんが、奥大井の森の中を縫うように時速約20kmと、とてもゆっくりとしたスピードで進んでいきますから大丈夫。もちろん、むやみやたらと手や顔を出してはいけませんよ。

静岡ならではの海鮮や山の幸をバイキングで

静岡ならではの海鮮や山の幸をバイキングで
お子様メニューのほかデザートも充実。貸し切りでの利用となるので時間を気にせずゆったり過ごせる

お昼12時すぎ、トロッコ列車で千頭駅に到着したらバスに乗り換え、ランチバイキングの会場となる「川根温泉ホテル」へ。
大井川の川沿いに建つ「川根温泉ホテル」のレストランでは、駿河湾の新鮮な魚介を使って自分好みの海鮮丼が作れるなど、食材が豊富な静岡ならではのバイキングが楽しめます。

大きな窓からは、ゆったりと流れる大井川や鉄橋を渡る大井川鐵道を眺められる

特に、このツアーでは、お昼の時間をたっぷり2時間とってあるのも魅力の一つ。お昼を食べたら周辺を散策するもよし、泉質が評判の川根温泉を日帰り利用するもよし、15時10分の出発までを、思い思いの形で過ごすことができます。

ランチの後は、いよいよレトロなSLに乗車します

ランチの後は、いよいよレトロなSLに乗車します
貫禄のあるSL列車。奥大井の豊かな自然と調和した昭和レトロを体感できる

ランチ休憩を終えたら、いよいよツアーのクライマックスSL乗車です。
ホテルからバスで数分、川根温泉笹間渡駅へ移動。ホームで待つこと5分ほどで、山の間から“ポッポーー”という汽笛が聞こえてきました。カーブしている線路の先から、“シュッシュッ”という蒸気音とともに黒光のするSLが堂々と近づいてきます。

間近で見るSLの姿を確かめつつ、レトロな客車に乗り込みます。

この日乗車した客車は、昭和16年製造の木造客車。戦前からの歴史を感じさせる飴色の壁やモケット地の座席で、木枠の窓は両端についたつまみを摘んで持ち上げるもの。その窓からは、一面の茶畑や、手を振ってくれる住民の人たちの姿が流れていきます。

夕暮れがせまる大井川の流れを見ていると、上空から富士山を眺めたのが同じ日だとは思えないほど、見所の多い1日のツアーだったことを改めて実感します。
SL列車は定刻16時11分、新金谷駅に到着。バスに乗り換え、ツアーの終着地、富士山静岡空港を目指します。
その途中、ツアーガイドさんが「左手に富士山が見えますよ」と教えてくれました。

茶畑と大井川越しに臨む、夕暮れ時の富士山

「今日の皆さんはラッキーでしたね。今日1日で、上からと下からの富士山を眺めることができました」
最後の最後まで見どころの多い今回のツアー。その時々で見られる風景が違うということもあってリピーターが多いというのもうなずけます。
雪をかぶった富士山が見られるこれからの時期、非日常を味わいに出かけてみませんか。

「富士山遊覧飛行と、大井川鐵道と南アルプスあぷとライン」ツアーの申し込みは大井川鐵道のホームページから

「富士山遊覧飛行と、大井川鐵道と南アルプスあぷとライン」ツアーの申し込みは大井川鐵道のホームページから

今回取材した、「富士山遊覧飛行と、大井川鐵道と南アルプスあぷとライン」ツアーは、大井川鐵道の公式ホームページからのみ申し込みできます。11月16日現在、
・2020年12月26日(土)
若干の空席があるとのこと。
そして、今なら、「GoToキャンペーン」事業支援の対象となるため、旅行代金と地域共通クーポンで、実質1万円お得にツアーへ参加できます。

>>ツアーの概要
「富士山遊覧飛行と、大井川鐵道と南アルプスあぷとライン」ツアー
・大人:32,800円 → GoToキャンペーン適用で 25,800円
・小人:30,800円 → GoToキャンペーン適用で 23,800円
・3歳未満:2,000円 → GoToキャンペーン適用で 1,300円

※大人と小人には、地域共通クーポン3,000円を当日配布
※3歳未満は、席・朝食なし

>>大井川鐵道公式ホームページはこちら

まとめ:満足度の高い遊覧ツアーは、今が狙い目

お客様アンケートで、95%が「満足」と回答したというこのツアー。
2021年1月以降も随時募集をかけていくそうなので、公式ホームページを要チェックですね。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリアとジャンルを指定してください