>  >  >  >  > 

マツコも感嘆!トンネル探究家と行く”ゆる〜いトンネル散歩”

この記事をシェアしよう!

マツコも感嘆!トンネル探究家と行く”ゆる〜いトンネル散歩”

「トンネルを歩く」が、いまこっそりとしたブームになっています。
それナニ?
歩いて面白いの??
どこのトンネル???
知られざる「トンネルの世界」をちょっと覗いてみませんか。

「トンネル」の闇に刻まれたヒストリー

「トンネル」の闇に刻まれたヒストリー
28サンチ砲台へのトンネル(横須賀市)

山が多い日本の道路には、全国に10,000か所以上のトンネルがあります。高速道路や国道で重要な物流を担っている著名なトンネルから、県道や市町村道など地域の暮らしの中で利用されているトンネル、鉄道の廃線跡を利用したトンネルまでそのスタイルは様々です。

なかでも各地の旧道などには、かつて地域交通や産業の重要なルートとして人車や列車が行き来していた歴史を秘めながら、今は通る人も少なく山中にひっそりと佇んでいるトンネルが多く存在します。

そのトンネルがつくられた経緯や歴史、工事にかかわった人々、つぎ込まれた技術と職人技、開通の喜びやその後に辿った栄枯盛衰の「トンネル生涯」を、自然に囲まれたロケーションの中で知ると、ただ通過する暗闇にしか過ぎなかったトンネルの空間にまた違ったものが見えてくるのかもしれません。

「マツコの知らない世界」にも登場!「トンネル探究家」と行くトンネル歩きツアー

そんなトンネルに魅せられて全国を歩き、その魅力を発信し続けているのが「トンネル探究家 花田欣也さん」です。花田さんは全国のトンネルを「歩いて」訪ねた経験をもとに、トンネル歩きをの楽しさ、奥深さを、著書やWebサイト、TVやラジオなどで伝えているほか、コロナ禍による感染防止対策も講じながら、各地で「トンネル歩き」を目的とした旅行会社主催ツアーの講師も務められています。

花田さんの活動は国が推進する「インフラツーリズム」の潮流にも乗って、地方自治体が主催するフォーラムなどでの講演や、「マツコの知らない世界」にも「トンネルの世界」のゲストとして出演し計3回放映されるなどで話題を呼び、「トンネル歩き」の世界がじわじわと広がっています。

そんな花田さんが同行しトンネルの魅力を解説する「トンネル歩きツアー」は毎回キャンセル待ちが出るほど盛況で、若い女性やご夫婦から、やや高齢の方まで様々な方々が参加され、トンネルの「新たな魅力」を発見し楽しまれているとのことです。

好評につき第2弾開催! ”ゆる〜いトンネル散歩” 横須賀「観音崎」の煉瓦トンネルを歩く

好評につき第2弾開催! ”ゆる〜いトンネル散歩” 横須賀「観音崎」の煉瓦トンネルを歩く

このたび5月に、横須賀にて朝日カルチャーセンターの野外講座として開催されることが決まったそうで、ご案内いたします。

2020年11月にも開催されましたが、横須賀ならではの”谷戸(やと)”のストーリーを辿る講座は早々に満席キャンセル待ちとなったそうで、今回第2弾の開催となりました。もちろんカルチャーセンターの会員ではない一般の方も参加歓迎とのことです。

何かと閉塞的になりがちな昨今ですが、狭いトンネルの奥に大きく広がっている「今まで知らなかった世界」を訪ねてみてはいかがでしょうか。

■ ■ ■ トンネル探究家と行く”ゆる〜いトンネル散歩” ■ ■ ■
横須賀「観音崎」の煉瓦トンネルを歩く

日時 2021年5月15日(土)13:00~15:00
場所 横須賀(観音崎バス停集合・解散)
※ 講座企画・実施: ㈱朝日カルチャーセンター
※ 協力:神奈川県立観音崎公園、横須賀市

■ 講座のポイント
・横須賀のトンネルのヒミツ、”軍港”の歴史に迫ります。
・煉瓦のトンネルや砲台跡を訪ねます。
・晴れると東京湾(さらに房総半島まで)の眺めも楽しめます。
・観音崎(屋内)でトンネルのミニ講座も開催します。

※新型コロナウイルス感染防止の観点から人数を限定しての開催となるそうです。

■ 概要・お申込み先
朝日カルチャーセンター 新宿教室

■ 情報提供:地域観光アドバイザー・トンネルツーリズムプランナー 花田欣也さん
花田欣也さんのWebサイトはこちら

写真提供:横須賀市、花田欣也氏

ややヲタ系ネタを主流に昭和平成懐かし系を経由して昔は良かった方面に参ります。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください