>  >  >  >  >  > 

表参道の極上チョコレート10選 おすすめのチョコレート屋さんをご紹介

アーク・コミュニケーションズ

更新日:2021年5月28日

この記事をシェアしよう!

表参道の極上チョコレート10選 おすすめのチョコレート屋さんをご紹介

さまざまなトレンドの発信地、表参道エリアには、話題のチョコレート専門店がたくさん集まっています。

老舗の名店はもちろん、ビーン トゥ バーのチョコレート専門店や、日本初上陸のショコラブティックが次々と登場し、チョコレート好きの胸をときめかせてくれます。

そんなチョコレートショップの激戦区から、とっておきの極上チョコが見つかるお店を厳選してご紹介します。

表参道の街並みを、自分好みのショコラを探して歩く、甘美な時間を楽しんでみてはいかがでしょう。


※新型コロナウイルス感染症に関連した各店舗の対応・対策により、営業時間等異なる場合があります。あらかじめ最新の状況をご確認ください。

【表参道のチョコレート】1.英国発 サスティナブルなカカオブランド「Hotel Chocolat 表参道店」

【表参道のチョコレート】1.英国発 サスティナブルなカカオブランド「Hotel Chocolat 表参道店」
やわらかなカカオの風味が口いっぱいに広がる「ショコラドリンク」

1993年にロンドンで誕生し、今やイギリス国内で100店舗以上のショップやカフェ、レストランを展開するカカオブランド「Hotel Chocolat(ホテル ショコラ)」。 表参道店は、日本初の路面店として2019年にオープンしました。

「エシカル(倫理的)であること」を企業理念に掲げるHotel Chocolatは、カカオ農家と対等なパートナーシップを結び、サスティナブルで上質なチョコレート作りに取り組んでいるお店。

1階のショップには、1000円以内で購入できる商品も多く並んでいます。本物志向のチョコレートを気負うことなく体験できるのがうれしいですね。

棚にはさまざまフレーバーのチョコレートがずらり

2階のカフェスペースでぜひ味わいたいのが、好みのフレーバーでカカオを楽しむ「ショコラドリンク」。カカオの濃度を選んでオーダーできるので、ビター派もスイート派もそれぞれに満足できるはず。カカオホイップをトッピングしたり、エスプレッソショットを加えたりと、その日の気分に合わせてカスタマイズも可能です。

みずみずしい植物が壁面を彩る2階のカフェ

Hotel Chocolat 表参道店

住所
東京都渋谷区神宮前5丁目16-13
交通
明治神宮前駅4番出口より徒歩5分
料金
ショコラドリンク(カカオホイップ付)=600円/

【表参道のチョコレート】2.「le pepin 表参道本店」で花束みたいなショコラを贈る

【表参道のチョコレート】2.「le pepin 表参道本店」で花束みたいなショコラを贈る
水彩でお花が描かれた「フルール ドゥ ボンボン」

神戸のチョコレート専門店「モンロワール」が、東京限定商品を取り扱う「姉妹店」としてオープンした「le pepin(ル ぺパン)表参道本店」。

店内には「五感で楽しむこころ華やぐショコラ」をコンセプトに、花屋からインスパイアされたという色鮮やかなパッケージのチョコレートが並んでいます。

「フルール ドゥ ボンボン」ブーケ6本入りは648円

おすすめは、ロリポップ型のチョコレートをお花に見立て、ブーケのようにパッケージされた「フルール ドゥ ボンボン」。自家製の粗挽きナッツペーストの香ばしさを、抹茶やミルク、ストロベリーチョコの優しい風味が包み込み、口の中で甘くとろけます。

お花模様に心が弾む「エルビエ デ ショコラ」

ひと粒ひと粒にフラワープリントが施された「エルビエ デ ショコラ」も、ご褒美ショコラにぴったりの可憐なガナッシュです。12種類の風味が楽しめるので、口に入れるたびに新鮮な喜びが訪れます。

あたたかみのある優しい雰囲気をまとった店内

■le pépin 表参道本店(ル ペパン おもてさんどうほんてん)
住所:東京都港区北青山3-5-8 1階
交通:表参道駅A3出口より徒歩4分
営業期間:通年
電話番号:03-5843-0595
営業時間:10:30~19:00
休業日:不定休
料金:フルール ドゥ ボンボン(ブーケ6本入り)=648円 ・(ブーケ12本入り)=1296円
・(ブーケ18本入り)=1944円/エルビエ デ ショコラ(6個入り)=1296円~
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】3.デンマーク生まれの「Summerbird ORGANIC」で新食感のショコラスイーツ体験を

【表参道のチョコレート】3.デンマーク生まれの「Summerbird ORGANIC」で新食感のショコラスイーツ体験を
ギフトボックス入りの「ミニタパス」2138円

デンマークのチョコレートブランド「Summerbird ORGANIC(サマーバード オーガニック)」。デンマーク政府から100%オーガニックの認定を受けた素材だけを使った、Bean to Barのチョコレート専門店です。

2016年に南青山にオープンしたSummerbird ORGANICは、ラボとカフェを併設。美味しくて体に優しいオーガニックのチョコレートや、名物「クリームキス」などのスイーツが、ロイヤルコペンハーゲンの食器で提供されています。

ショコラティエによる作りたての「クリームキス」(クラシックバニラ)を召し上がれ

見た目もキュートなクリームキスは、デンマークを代表する伝統的なチョコレート菓子「フルーボラー」をモダンにアレンジしたもの。アーモンドペーストのベースにふわふわのメレンゲクリームを絞り、チョコレートでコーティングした、ここでしか味わえない特別なスイーツです。マシュマロみたいなふわふわのメレンゲと、カリッとしたチョコの食感は、やみつきになりそうなおいしさ!

ギフトには、人気のチョコレート、Tapasの定番フレーバーから6種類をセレクトした、日本限定のアソートメント「ミニタパス」2138円がおすすめです。

チョコレートを製造するラボが併設された店内

■Summerbird ORGANIC(サマーバード オーガニック)
住所:東京都港区南青山5-5-20
交通:表参道駅より徒歩3分
営業期間:通年
電話番号:03-6712-6220
営業時間:10:00~20:00
休業日:不定休
料金:クリームキス(クラシックバニラ、ストロベリー)1ピース(50g)=660円(イートインの場合)/ホットチョコレート=770円/ミニタパス=2138円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】4.カジュアルシックな大人のショコラトリー「UN JOUR CHOCOLAT」

【表参道のチョコレート】4.カジュアルシックな大人のショコラトリー「UN JOUR CHOCOLAT」
チョコレートの種類はDOMINICA58%、Peru72%など

「UN JOUR CHOCOLAT(アンジュールショコラ」は、2019年にオープンしたチョコレート専門店です。

扉を開けると目に飛び込んでくるのは、円盤状のフォルムが印象的な「ラウンドショコラ」。ピスタチオやクランベリー、黒豆などがぎっしり詰まったチョコレートスイーツです。素材の良さを最大限に引き出すショコラとのハーモニーが、忘れられない余韻を残します。

ラウンドショコラは直径20㎝ほどの大きさ。ほかにもハーフサイズや、直径約6㎝のベビーサイズも用意されています。ベビーサイズは個包装になっているので、ギフトにもおすすめです。

濃厚でありながらスッキリとした甘さの「ショコラフレ」

生チョコ「ショコラフレ」は、ひと粒が大きく、たっぷりの満足感を届けてくれます。定番は、ペルー産カカオ72%、コロンビア産カカオ70%、ドミニカ産カカオ58%、ミルクチョコカカオ41%の4種類。上質なカカオの風味がストレートに感じられるので、ぜひ食べ比べてみてもらいたい逸品です。

光が差し込む、開放的なカフェ空間

■UN JOUR CHOCOLAT(アンジュールショコラ)
住所:東京都渋谷区神宮前4-5-4 エノモトビル1F
交通:表参道駅より徒歩3分
営業期間:通年
電話番号:03-6804-1198
営業時間:11:00~19:00
休業日:不定休
料金:ラウンドショコラ(ホール)=2800円~・(ハーフサイズ)=1400円・(個包装のベビーサイズ)=340円~/ガトーショコラ=1600円/ショコラフレ=1300円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】5.芸術とショコラの融合の場「JEAN-CHARLES ROCHOUX Chocolatier Tokyo 」

【表参道のチョコレート】5.芸術とショコラの融合の場「JEAN-CHARLES ROCHOUX Chocolatier Tokyo 」
毎週土曜日に数量限定で販売される「フルーツタブレット」

パリ本国でも大人気のショコラ専門店「JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン-シャルル・ロシュー)」。2018年に待望の日本第1号店が南青山に誕生しました。骨董通りの裏路地で、ロシュー氏のアーティスティックな世界観に触れることができますよ。

チョコレートタブレットやショッパーなどのパッケージには、ブランドモチーフであるクロコダイル模様がシックにあしらわれています。葉巻風味のボンボンショコラなど、男性のショコラファンも魅了するフレーバーにも注目です。

ジャン-シャルル・ロシューのスペシャリテは、旬の果物を上質なショコラでコーティングした「フルーツタブレット」。生のフルーツを使用しているので、賞味期限は当日限り。キウイやシャインマスカットなど、季節ごとに変化するフルーツもお楽しみです。

チャージ用のショコラは、月ごとに異なるフレーバーを提供

チョコレート好きなら手に入れたいのが、花びらのように薄~くチョコを削り出す、オリジナルの「カルーセルマシン」。そのままでとろけるくちどけに浸るもよし、トーストなどにたっぷり載せて頂くもよし。おうち時間に、夢のようなショコラ体験が叶います。

店内は、まるでアートギャラリーのよう

■JEAN-CHARLES ROCHOUX Chocolatier Tokyo (ジャン-シャルル・ロシュー ショコラティエ とうきょう)
住所:東京都港区南青山5丁目12-3 NOIRビル1階
交通:表参道駅「B1」出口より徒歩4分
営業期間:通年
電話番号:03-6427-0355
営業時間:12:00~19:00
休業日:不定休
料金:フルーツタブレット=3564円/カルーセルマシン=5500円/カルーセルショコラ=2160円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】6.世界初!Bean to barのホワイトチョコ専門店「CHOCOLATIER PALET D'OR BLANC」

【表参道のチョコレート】6.世界初!Bean to barのホワイトチョコ専門店「CHOCOLATIER PALET D'OR BLANC」
ブランドのスペシャリテである「パレドオール ブラン」

2019年10月、青山にオープンした「CHOCOLATIER PALET D’OR BLANC(ショコラティエ パレドオール ブラン)」は、世界初ホワイトチョコのビーントゥバーブランドです。手がけたのは、日本を代表するショコラティエ、三枝俊介氏。

産地別のカカオ豆を使い、自家製のココアバターからホワイトチョコレートを生み出すという、ショコラティエの世界でも珍しい取り組みは、カカオやチョコレートの奥深さを追求する三枝氏の真摯な想いが形になったもの。

店内には工房が併設されていて、カカオ豆の選別から焙煎、カカオプレス機でのカカオバターの搾油など、なかなか目にすることのないホワイトチョコレートの製造過程を見ることができます。

「パレドオール ブラン」は、自家製ホワイトチョコレートならではの芳香なカカオの香りとコクのある味わいが特徴的な贅沢な逸品。金箔があしらわれたラグジュアリーな見た目は、贈り物にもぴったりです。

ウイスキー×自家製ホワイトチョコは今までにない衝撃的な味わい

ぜひ試してほしいのが、カカオの産地ごとに相性を見極めた、5種類のウイスキーとの組み合わせを楽しめるボンボンショコラのコフレ「シングルディスティラリーショコラ ブラン」。ベースがホワイトチョコレートだからこそ、ウイスキーの個性がぐっと引き立つ鮮烈な味わいを体感してみてください!

ここでしか出会えない、自家製ホワイトチョコレートが並ぶ

■CHOCOLATIER PALET D’OR BLANC(ショコラティエ パレ ド オール ブラン)
住所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館B1F
交通:青山一丁目駅直結
営業期間:通年
電話番号:03-3470-0613
営業時間:月~金曜は11:00~20:00、土曜・祝日は~19:00
休業日:日曜
料金:パレドオール ブラン=2376円/シングルディスティラリーショコラブラン=3024円/タブレット テロワール ブラン=1296円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】7.「ダンデライオン・チョコレート」でカカオの奥深さに触れる

【表参道のチョコレート】7.「ダンデライオン・チョコレート」でカカオの奥深さに触れる
親しみやすく柔らかな味わいの「ワンプゥ,ホンジュラス 70%」

2010年にサンフランシスコで誕生し、ビーン トゥバー チョコレートの草分け的存在として知られる「ダンデライオン・チョコレート」。

10か国を超えるカカオ農園から直接カカオ豆を買い付け、それぞれの特徴を生かしたチョコレート作りにこだわった奥深い世界観は、チョコレートマニアからも熱く支持されています。

日本での第1号店は蔵前に誕生し、2019年に表参道店もオープン。表参道店では、蔵前のファクトリーで製造された商品を購入できるほか、表参道店限定の「カカオシェイク」や「H2Oチョコレートムース」も味わえます。

「ダンデライオン・チョコレート」では、コーヒー豆用の焙煎機を改造した独自のロースト法で、カカオ豆それぞれの個性を引き出しています。そのこだわりをシンプルに感じられるのが、シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび砂糖だけで作られた「チョコレートバー」。産地ごとに異なるフレーバーの個性を存分に味わってみてください。

「H2Oチョコレートムース」は表参道店限定メニュー

ビーン トゥ バー チョコレート専門店ならではのメニューなら、表参道店限定の「H2Oチョコレートムース」がいち押しです。(イートイン・テイクアウト可)「分子料理」というテクニックを取り入れ、カカオの水分だけでなめらかさを出したチョコレートムースには、ドミニカ共和国産のカカオが使用されています。

サクサクのチョコレートクランチと、カカオニブ入りのメレンゲを使用した「カカオニブダックワーズ」との食感の違いも楽しめる、まさにチョコレートが主役のケーキ!チョコレート好きには、きっと忘れられない出会いになるはずです。

表参道店だけのドリンクやメニューも

■ダンデライオン・チョコレート
住所:東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1
交通:表参道駅「A1」出口より徒歩4分
営業期間:通年
電話番号:03-5962-7262
営業時間:11:00~20:00
休業日:不定休
料金:H2Oチョコレートムース=800円/ガトーショコラ=3888円/カアボン,グアテマラ70%=1296円/スモア=550円
カード:利用可能

1 2

東京横浜首都圏関東から全国世界まで、あらゆる情報をお送りします。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください