トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 渋谷・原宿 > 原宿・表参道 > 

表参道の極上チョコレート6選 おすすめのチョコレート屋さんをご紹介

アーク・コミュニケーションズ

更新日: 2022年9月12日

この記事をシェアしよう!

表参道の極上チョコレート6選 おすすめのチョコレート屋さんをご紹介

さまざまなトレンドの発信地、表参道エリアには、話題のチョコレート専門店がたくさん集まっています。

老舗の名店はもちろん、ビーン トゥ バーのチョコレート専門店や、日本初上陸のショコラブティックが次々と登場し、チョコレート好きの胸をときめかせてくれます。

そんなチョコレートショップの激戦区から、とっておきの極上チョコが見つかるお店を厳選してご紹介します。

表参道の街並みを、自分好みのショコラを探して歩く、甘美な時間を楽しんでみてはいかがでしょう。


※新型コロナウイルス感染症に関連した各店舗の対応・対策により、営業時間等異なる場合があります。あらかじめ最新の状況をご確認ください。

【表参道のチョコレート】1.「le pepin 表参道本店」で花束みたいなショコラを贈る

【表参道のチョコレート】1.「le pepin 表参道本店」で花束みたいなショコラを贈る
水彩でお花が描かれた「フルール ドゥ ボンボン」

神戸のチョコレート専門店「モンロワール」が、東京限定商品を取り扱う「姉妹店」としてオープンした「le pepin(ル ぺパン)表参道本店」。

店内には「五感で楽しむこころ華やぐショコラ」をコンセプトに、花屋からインスパイアされたという色鮮やかなパッケージのチョコレートが並んでいます。

「フルール ドゥ ボンボン」ブーケ6本入りは648円

おすすめは、ロリポップ型のチョコレートをお花に見立て、ブーケのようにパッケージされた「フルール ドゥ ボンボン」。自家製の粗挽きナッツペーストの香ばしさを、抹茶やミルク、ストロベリーチョコの優しい風味が包み込み、口の中で甘くとろけます。

お花模様に心が弾む「エルビエ デ ショコラ」

ひと粒ひと粒にフラワープリントが施された「エルビエ デ ショコラ」も、ご褒美ショコラにぴったりの可憐なガナッシュです。12種類の風味が楽しめるので、口に入れるたびに新鮮な喜びが訪れます。

あたたかみのある優しい雰囲気をまとった店内

■le pépin 表参道本店(ル ペパン おもてさんどうほんてん)
住所:東京都港区北青山3-5-8 1階
交通:表参道駅A3出口より徒歩4分
営業期間:通年
電話番号:03-5843-0595
営業時間:10:30~19:00
休業日:不定休
料金:フルール ドゥ ボンボン(ブーケ6本入り)=648円 ・(ブーケ12本入り)=1296円
・(ブーケ18本入り)=1944円/エルビエ デ ショコラ(6個入り)=1296円~
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】2.カジュアルシックな大人のショコラトリー「UN JOUR CHOCOLAT」

【表参道のチョコレート】2.カジュアルシックな大人のショコラトリー「UN JOUR CHOCOLAT」
チョコレートの種類はDOMINICA58%、Peru72%など

「UN JOUR CHOCOLAT(アンジュールショコラ」は、2019年にオープンしたチョコレート専門店です。

扉を開けると目に飛び込んでくるのは、円盤状のフォルムが印象的な「ラウンドショコラ」。ピスタチオやクランベリー、黒豆などがぎっしり詰まったチョコレートスイーツです。素材の良さを最大限に引き出すショコラとのハーモニーが、忘れられない余韻を残します。

ラウンドショコラは直径20㎝ほどの大きさ。ほかにもハーフサイズや、直径約6㎝のベビーサイズも用意されています。ベビーサイズは個包装になっているので、ギフトにもおすすめです。

濃厚でありながらスッキリとした甘さの「ショコラフレ」

生チョコ「ショコラフレ」は、ひと粒が大きく、たっぷりの満足感を届けてくれます。定番は、ペルー産カカオ72%、コロンビア産カカオ70%、ドミニカ産カカオ58%、ミルクチョコカカオ41%の4種類。上質なカカオの風味がストレートに感じられるので、ぜひ食べ比べてみてもらいたい逸品です。

光が差し込む、開放的なカフェ空間

■UN JOUR CHOCOLAT(アンジュールショコラ)
住所:東京都渋谷区神宮前4-5-4 エノモトビル1F
交通:表参道駅より徒歩3分
営業期間:通年
電話番号:03-6804-1198
営業時間:11:00~19:00
休業日:不定休
料金:ラウンドショコラ(ホール)=2800円~・(ハーフサイズ)=1400円・(個包装のベビーサイズ)=340円~/ガトーショコラ=1600円/ショコラフレ=1300円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】3.芸術とショコラの融合の場「JEAN-CHARLES ROCHOUX Chocolatier Tokyo 」

【表参道のチョコレート】3.芸術とショコラの融合の場「JEAN-CHARLES ROCHOUX Chocolatier Tokyo 」
毎週土曜日に数量限定で販売される「フルーツタブレット」

パリ本国でも大人気のショコラ専門店「JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン-シャルル・ロシュー)」。2018年に待望の日本第1号店が南青山に誕生しました。骨董通りの裏路地で、ロシュー氏のアーティスティックな世界観に触れることができますよ。

チョコレートタブレットやショッパーなどのパッケージには、ブランドモチーフであるクロコダイル模様がシックにあしらわれています。葉巻風味のボンボンショコラなど、男性のショコラファンも魅了するフレーバーにも注目です。

ジャン-シャルル・ロシューのスペシャリテは、旬の果物を上質なショコラでコーティングした「フルーツタブレット」。生のフルーツを使用しているので、賞味期限は当日限り。キウイやシャインマスカットなど、季節ごとに変化するフルーツもお楽しみです。

チャージ用のショコラは、月ごとに異なるフレーバーを提供

チョコレート好きなら手に入れたいのが、花びらのように薄~くチョコを削り出す、オリジナルの「カルーセルマシン」。そのままでとろけるくちどけに浸るもよし、トーストなどにたっぷり載せて頂くもよし。おうち時間に、夢のようなショコラ体験が叶います。

店内は、まるでアートギャラリーのよう

■JEAN-CHARLES ROCHOUX Chocolatier Tokyo (ジャン-シャルル・ロシュー ショコラティエ とうきょう)
住所:東京都港区南青山5丁目12-3 NOIRビル1階
交通:表参道駅「B1」出口より徒歩4分
営業期間:通年
電話番号:03-6427-0355
営業時間:12:00~19:00
休業日:不定休
料金:フルーツタブレット=3564円/カルーセルマシン=5500円/カルーセルショコラ=2160円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】4.世界初!Bean to barのホワイトチョコ専門店「CHOCOLATIER PALET D'OR BLANC」

【表参道のチョコレート】4.世界初!Bean to barのホワイトチョコ専門店「CHOCOLATIER PALET D'OR BLANC」
ブランドのスペシャリテである「パレドオール ブラン」

2019年10月、青山にオープンした「CHOCOLATIER PALET D’OR BLANC(ショコラティエ パレドオール ブラン)」は、世界初ホワイトチョコのビーントゥバーブランドです。手がけたのは、日本を代表するショコラティエ、三枝俊介氏。

産地別のカカオ豆を使い、自家製のココアバターからホワイトチョコレートを生み出すという、ショコラティエの世界でも珍しい取り組みは、カカオやチョコレートの奥深さを追求する三枝氏の真摯な想いが形になったもの。

店内には工房が併設されていて、カカオ豆の選別から焙煎、カカオプレス機でのカカオバターの搾油など、なかなか目にすることのないホワイトチョコレートの製造過程を見ることができます。

「パレドオール ブラン」は、自家製ホワイトチョコレートならではの芳香なカカオの香りとコクのある味わいが特徴的な贅沢な逸品。金箔があしらわれたラグジュアリーな見た目は、贈り物にもぴったりです。

ウイスキー×自家製ホワイトチョコは今までにない衝撃的な味わい

ぜひ試してほしいのが、カカオの産地ごとに相性を見極めた、5種類のウイスキーとの組み合わせを楽しめるボンボンショコラのコフレ「シングルディスティラリーショコラ ブラン」。ベースがホワイトチョコレートだからこそ、ウイスキーの個性がぐっと引き立つ鮮烈な味わいを体感してみてください!

ここでしか出会えない、自家製ホワイトチョコレートが並ぶ

■CHOCOLATIER PALET D’OR BLANC(ショコラティエ パレ ド オール ブラン)
住所:東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル東館B1F
交通:青山一丁目駅直結
営業期間:通年
電話番号:03-3470-0613
営業時間:月~金曜は11:00~20:00、土曜・祝日は~19:00
休業日:日曜
料金:パレドオール ブラン=2376円/シングルディスティラリーショコラブラン=3024円/タブレット テロワール ブラン=1296円
カード:利用可能

【表参道のチョコレート】5.「ピエール・エルメ・パリ 青山」でショコラの芸術品と出会う

【表参道のチョコレート】5.「ピエール・エルメ・パリ 青山」でショコラの芸術品と出会う
独創的なショコラ12種14個を詰め合わせた「アソリュティマン ド ショコラ」

青山通り沿いに位置する「ピエール・エルメ・パリ 青山」は、世界的パティシエ ピエール・エルメ氏が手がけるパティスリーの日本旗艦店です。1階ブティックのショーケースには、ショコラやマカロン、ケーキなどが並び、その眩いほどの美しさには、思わずうっとり。

ローズとライチ風味のパート ド フリュイとフランボワーズ風味ガナッシュショコラノワールをショコラノワールで包んだ「イスパハン」など、独創的なフレーバーのボンボンショコラが詰め合わされた「アソリュティマン ド ショコラ」が人気です。

2階への階段を昇ると、オートパティスリー(高級菓子)が体験できる、ラグジュアリーで開放的なサロン空間「Heaven(ヘブン)」が迎えてくれます。パティシエが目の前で仕上げる、アシェットデセール(お皿盛りのデザート)を、心ゆくまで堪能できる特別な空間です。

「サンサシオン」のフレーバーは、シーズンごとに変化

「Heaven」でぜひ体験してほしいのは、球体のチョコレートにホットチョコレートをかけて仕上げる「サンサシオン」。とろとろとチョコレートが溶けてゆき、中のアイスクリームやサブレと一体となるライブ感が楽しめる、贅沢デザートです。

色とりどりの大理石が印象的なブティックスペース<PHOTO: KOZO TAKAYAMA>

ピエール・エルメ・パリ 青山

住所
東京都渋谷区神宮前5丁目51-8ラ・ポルト青山 1~2階
交通
地下鉄表参道駅から徒歩3分
料金
サンサシオン=2760円(サービス料込)/クープ グラッセ=2280円(サービス料込)/アソリュティマン ド ショコラ 14個入り=5670円/

【表参道のチョコレート】6.「bubó BARCELONA」で世界一のチョコレートケーキを堪能

【表参道のチョコレート】6.「bubó BARCELONA」で世界一のチョコレートケーキを堪能
カフェの人気メニューは「シャビーナ」のケーキプレート

チョコレートの繊細な味わいと、斬新なデザインの組み合わせを楽しめる「bubó BARCELONA(ブボ バルセロナ)」は、スペイン・バルセロナ生まれのパティスリー。

スペイン産の新鮮な食材と、厳選されたフランス産の原料で作られた、最高品質のチョコレートを使用し、専任デザイナーの手によってデザインされた、独創的で美しいスイーツが話題です。

表参道店の1階はブティック、2階にはカフェが併設されており、イートインもOK。ケーキプレートの盛り付けは、思わず写真に撮りたくなるような可愛さです。

看板商品は、パティシエの世界大会「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」で、“世界一のチョコレートケーキ”の称号を獲得した「シャビーナ」。

シナモン、クローブなどのスパイス入りのオリーブオイルケーキと、天然バニラシロップが入ったスポンジ生地、ダークチョコレートのムースが織りなす層になめらかなチョコレートがコーティングされ、ひと匙ごとに異なる食感と味が堪能できますよ。

■bubó BARCELONA 表参道店(ブボ バルセロナ おもてさんどうてん)
住所:東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道B棟
交通:表参道駅B5出口より徒歩3分
営業期間:通年
電話番号:03-6427-3039
営業時間:12:00〜19:30 (閉店は20:00)土・日曜、祝日は11:00〜
休業日:火曜
料金:「シャビーナ」のケーキプレート=1435円/シャビーナ=864円
カード:利用可能

表参道でごほうびチョコレートを探してみよう!

表参道エリアで見つけた極上のチョコレートはいかがでしたか?

ちょっとひと息つきたいとき、口に含めば甘~くとろける時間を運んでくれる、魅惑のチョコレートスイーツたち。

カカオの産地に想いを馳せながら、それぞれの個性もぜひ楽しんでみてくださいね。

あなたの心を弾ませる、お気に入りのチョコレートが見つかりますように。

原宿・表参道の新着記事

東京のおすすめイルミネーションデートスポット5選 この冬だけの特別体験!

見慣れたはずの夜の風景が、この時期だけは幻想的な姿を見せてくれます。 クリスマスや年末年始のデートにもぴったりな、冬の夜を彩るイルミネーション。 あふれる光の中を歩くだけでも気持ちが高まってき...

東京でおすすめの「台湾カステラ」を味わおう!フワフワ食感がやみつきになる台湾生まれのスイーツ

台湾スイーツといえば豆花(トウファ)やタピオカのイメージが強いですが、近年では「台湾カステラ」が人気を集めています。流行に敏感な方はすでに味わったことがあるのではないでしょうか。 本記事では、東...

東京のおすすめフラワーカフェ5選!花と緑の香りに包まれてちょっと休憩しませんか?

たまには都会の喧騒から離れて一息つきたい…そんなことを考えたことはありませんか?そんな人のために、東京にいながらものんびりとした時間を過ごせて、花と緑に癒される、とっておきのフラワーカフェをご紹介しま...

東京のおすすめハワイ料理店6選!ハワイ気分を感じられる本場のグルメを味わおう

コロナ禍で気軽に海外旅行に行けない日々が続き、ハワイロスの人も多いのではないでしょうか。そんな時は、料理や雰囲気だけでもハワイを感じてみませんか? ここ数年ですっかり定番となったハワイ発のパンケー...

韓国発スイーツ「トゥンカロン」が東京でも!かわいすぎると話題のトゥンカロンを要チェック

韓国生まれのスイーツとして近年話題となっている「トゥンカロン」。 普通のマカロンよりも少しぽっちゃりした見た目が特徴的で、韓国語で「太ったマカロン」という意味なのだとか。 フルーツやクリー...

韓国発のスイーツ「クロッフル」って?東京で食べられるおしゃれクロッフルを調査!

クロッフルとは、クロワッサンとワッフルを掛け合わせた造語です。 韓国のカフェで話題となり、日本にも上陸! クロワッサンの生地をワッフルメーカーでぎゅっと圧縮して焼き上げるため、ワッフルのもっ...

東京都内の和カフェ5選 23区で和スイーツと日本茶が味わえる

温かい日本茶と和スイーツでほっとしたいと思うときってありますよね。王道和スイーツの抹茶パフェからおしゃれなアフタヌーンティーセット、ソムリエが淹れる香り豊かな日本茶まで、和の魅力が味わえる和カフェはた...

東京都内のテラス席のあるオープンカフェ5選 都心で海外旅行気分を味わおう

コロナ禍で海外旅行がままならない日々が続き、「とにかく旅がしたい!」という声があちらこちらから聞こえてきます。 実際にはなかなか行くことができませんが、日本にいながら、まるで海外にいるかのような感覚...

アニヴェルセルカフェ表参道のオータムアフタヌーンティーをご紹介

アニヴェルセルカフェ 表参道にて、オータムアフタヌーンティーの提供を10月6日(水)から開始。 和栗やシャインマスカットを使用した、秋を感じられるこだわりのスイーツを集めました。 涼やかな...

【原宿】「Lush Labs ポップアップスペース」でユニコーンの世界観への没入体験!

新鮮な野菜や果物を使った、100%ベジタリアン対応のナチュラルコスメブランドLUSH(ラッシュ)。 エッセンシャルオイルをふんだんに使用した、良い香りのするバスボムが人気ですね。 Lush L...
もっと見る

東京横浜首都圏関東から全国世界まで、あらゆる情報をお送りします。