トップ > 全国 x 文化財 > 関東・甲信越 x 文化財 > 信州・清里 x 文化財 > 軽井沢・小諸 x 文化財

軽井沢・小諸 x 文化財

軽井沢・小諸のおすすめの文化財スポット

軽井沢・小諸のおすすめの文化財スポットをご紹介します。旧三笠ホテル,三の門,真山家(大和屋)など情報満載。

軽井沢・小諸のおすすめの文化財スポット

  • スポット:4 件
  • 記事:7 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

旧三笠ホテル

社交場として栄えた軽井沢の鹿鳴館

日本人建築家が手がけた純西洋式木造ホテル。当時、最先端であった設備が施され、数々の政財界人や文化人に愛された。昭和55(1980)年に重要文化財に指定。

旧三笠ホテル
旧三笠ホテル
旧三笠ホテル
旧三笠ホテル

旧三笠ホテル

住所
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1339-342
交通
JR北陸新幹線軽井沢駅から草軽交通北軽井沢方面行きバスで8分、三笠下車すぐ
料金
入館料=大人400円、小・中・高校生200円/三笠マーク入りマグカップ=600円/てぬぐい=300円(1本)、500円(2本セット)/(20名以上で団体割引あり、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

三の門

国指定重要文化財に指定された歴史ある、寄棟造りの二層の城門

平成5(1993)年に大手門と揃って国指定重要文化財に指定された歴史ある城門。寄棟造りの二層の城門になっており、徳川家達の筆を写した「懐古園」の大額が掛かっている。

三の門

三の門

住所
長野県小諸市丁311懐古園内
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
料金
懐古園共通券=大人500円、小人200円/散策券=大人300円、小人100円/(障がい者手帳持参で大人100円)

真山家(大和屋)

旅籠と問屋を兼ね、幕末には名主も務めた。現在も住居として利用

真山家は旅籠と問屋を兼ね、幕末には名主も務めた。現存する建物は明和2(1765)年の大火後に再建された。現在も住居として使っている建物なので、見学の際には配慮を。

真山家(大和屋)

真山家(大和屋)

住所
長野県佐久市望月201-1
交通
JR北陸新幹線佐久平駅から千曲バス望月行きで25分、望月バスターミナル下車、徒歩10分
料金
見学料=100円/

旧中込学校

モダンな姿を今に残す擬洋風建築

明治8(1875)年に成知学校として創建され、翌年中込学校と改称。ステンドグラスの窓がモダンな擬洋風の建物は木造2階建て、寄棟造り、桟瓦葺きで壁は漆喰。隣接して資料館がある。

旧中込学校

旧中込学校

住所
長野県佐久市中込1877
交通
JR小海線滑津駅から徒歩5分
料金
大人250円、高・大学生150円、小・中学生120円(20名以上の団体で割引あり、障がい者と同伴者1名無料)

条件検索

エリアとジャンルを指定してください