コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【小諸】文豪・島崎藤村が愛した情緒ある城下町をめぐる

【小諸】文豪・島崎藤村が愛した情緒ある城下町をめぐる

by mapple

更新日:2018年8月19日

江戸時代まで小諸城が置かれ、古くから交通の要衝として栄えてきた小諸。名所・懐古園を中心に風情ある町並みをめぐってみよう。

小諸城址懐古園

四季折々の表情を見せる城跡に立つ信州の名園
日本さくらの名所100選や、日本100名城にも選定されている公園。園内には多数の歴史・文化施設のほか、動物園、遊園地が併設されており、大人から子どもまで楽しめる。

懐古園の入口にあたる三の門。国の重要文化財に指定されている

小諸義塾記念館

【三の門から徒歩1分】
近代教育の先駆けとなった私塾
藤村をはじめ個性豊かな教師が教壇に立ち、人材育成を目的とした教育が行なわれた1893(明治26)年創立の私塾。現在は記念館として移築復元され、当時の資料などを展示している。

創立者・木村熊二好みの建築様式を取り入れた校舎

小諸市立藤村記念館

【三の門から徒歩3分】
資料でたどる藤村の小諸での足跡
『千曲川のスケッチ』や、大作『破戒』の起稿など、詩人から小説家への転換期という重要な時期を小諸で過ごした島崎藤村。小諸義塾での教師時代の貴重な原稿や遺品を展示。文学講座も定期的に開催。

建物は帝国劇場の設計も手がけた建築家・谷口吉郎氏によるもの

初版本や遺品など貴重な資料を数多く保存

島崎藤村ゆかりの宿 中棚荘

【懐古園から徒歩15分】
藤村が愛した情緒あふれる温泉宿
藤村が足繁く通ったことでも知られる温泉宿。千曲川や北アルプスを望む露天風呂や、旬の素材を生かした料理でくつろぎのひとときを過ごそう。

日帰りプラン
昼の休憩プラン(11:00〜15:00) 4428円〜
夜の休憩プラン(17:00〜21:00) 5508円〜

藤村の『初恋』をモチーフにしたりんご風呂も楽しめる(10~5月)

大和屋紙店

【懐古園から徒歩5分】
さまざまな和紙がそろう藤村も御用達の老舗
かつて藤村も原稿用紙を買い求めたという、江戸時代創業の老舗の紙専門店。友禅和紙や水引細工、便せんなどのほか、約80種の折り紙や手作り小物なども販売している。

店の向かいにはギャラリーもあり

停車場ガーデン

【懐古園から徒歩3分】
四季の草花に美しく彩られた庭
一年を通して多彩な草花が咲き誇る小諸駅前の庭園。地元の食材を使ったメニューを味わえるガーデンカフェのほか、特産品や園芸品を販売するショップも併設されている。

カフェからはガーデンが見渡せる

いくさ(エゴマ)の実をすりつぶしたオリジナルメニューのいくさしるこ540円

草笛

伝統の技を受け継ぐそば処
自社栽培や県内産メインのそば粉で打つそばは香り、のどごしともに絶品。「くるみそば」や「とろろそば」などでいただこう。

かき揚げや山菜がのり、ボリュームも大満足の藤村そば

山野草

種類&量に自信ありの駅近居酒屋
小諸駅近くの活気あふれる居酒屋。皿からはみ出すほどの特大あなご天婦羅や刺身の盛り合わせなど、新鮮な素材を使ったメニューが楽しめる。

大満足のボリュームの特大あなご天婦羅(時価)

筆者:mapple

まっぷる軽井沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる軽井沢’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×