コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【旧碓氷峠】森林浴ハイキング!絶景スポットをチェック!

【旧碓氷峠】森林浴ハイキング!絶景スポットをチェック!

by mapple

更新日:2018年8月19日

旧軽銀座通りの先の二手橋を渡り、絶景の待つ展望台を目指すハイキングコース。澄んだ空気と鮮やかな緑に包まれた散策道は癒し効果も抜群。街歩きとはひと味違った軽井沢の魅力を満喫しよう!

旧碓氷峠って?

江戸時代に五街道のひとつとして整えられた中山道の本道とされ、多くの旅人が越えていった難所の峠。現在は周囲の山々を見渡せる絶景ポイントを有するハイキングコースとして人気。

おでかけ前にCHECK! 森林浴アドバイス

森の中では動きやすい服装と運動靴がマストアイテム。熊との遭遇を避けるため、鈴やラジオなど音の出るものを携帯するのも忘れずに。また自然のなかではマナーも大切。出したゴミは自分できちんと持ち帰ろう。

服装  運動靴、帽子、防寒着
持ち物 タオル、虫よけスプレー、絆創膏、消毒液、熊よけの鈴・ラジオなど

おすすめルート

距離 全長7㎞
所要時間 約2時間

【START】①二手橋

軽井沢の歴史が詰まった旅人たちの別れの橋
旧軽銀座通りの北外れにある、矢ヶ崎川に架かる小さな橋。軽井沢が宿場町として栄えた江戸時代、宿に泊まった旅人同士が互いにこの橋の上で別れを惜しみながら、二手に分かれていったということからその名前がついたとする一説も。

二手橋から先は、自転車の利用ができないので注意しよう

⇩ 徒歩約10分

➁旧碓氷峠遊覧歩道

自然との出会いを楽しめる森の中の散策道
二手橋を渡り、旧碓氷峠見晴台へと続く約3kmの遊覧歩道。道中は迫力満点の吊り橋や山野草、野鳥の姿が楽しめる。野生動物もいるので、鈴など音の出るものを身につけ、決して近づいたりしないように。

遊覧歩道を10分ほど歩くと現れる吊り橋

⇩ 徒歩約60分

➂熊野皇大神社

軽井沢の氏神さまで心を清め開運を祈願
「日本三大熊野」のひとつに数えられ、本宮の中心が長野と群馬の県境に位置する珍しい神社。御神木の「しなの木」は開運や縁結びにご利益があるとされるパワースポット。毎月1日と15日のみ限定で授与している「しなの木守」も人気。

❶両県に参拝を 
お賽銭箱も鈴もぜーんぶ2県分
右 群馬(熊野神社)
左 長野(熊野皇大神社)

❷「結ぶ、くくる」という「しな」の語源と葉がハート形であることから開運・縁結びの木として信仰される 
[パワースポット]
境内の奥にある、樹齢千余年と伝えられる「しなの木」。長野県の天然記念物に指定されているこの御神木は、不思議なパワーがあるとして注目されている。

❸神の使いヤタガラスのお守り

❹標高1200mの地に鎮座

⇩ 徒歩すぐ

➃元祖 力餅 しげの屋

絶景と名物甘味に癒される県境に建つ茶屋
創業300年以上の老舗甘味処。中山道を行く旅人も食べたという名物の力餅はあんこ、くるみ、きな粉など多彩な味わい。晴れた日は関東平野を一望できるテラス席からの眺めを楽しみながら元気を充電しよう。

❶中山道の宿場町だった頃からの老舗。甘味のほか、そばなどの軽食もある

❷夏季限定のかき氷500円〜。疲れた体にやさしい甘さがひんやりしみわたる 

❸おみやげには「折」(2皿入り)1000円を

⇩ 徒歩約5分

【GOAL】⑤旧碓氷峠見晴台

標高約1200mから見渡す絶景パノラマに感動!
四季折々の自然に彩られた南アルプスや八ヶ岳、浅間山をパノラマで見渡せる絶景スポット。かつて避暑に訪れた外国人が「サンセットポイント」と讃えた美しい夕景も必見。

❶県境であることを表す看板は記念撮影のベストスポット 

❷まるで絵画のような絶景が広がる
[こんな山が見えます]
活火山として知られる「浅間山」や日本三大奇景のひとつ「妙義山」、テーブルのようになだらかであることから、別名「テーブルマウンテン」と呼ばれる「離山」などが見える。
右 浅間山
左 剣ヶ峰

⇩ 帰りはシャトルバスがおすすめ!

バスでらくらく森林浴

体力に自信がなくてもOK!!
絶景は見たいけれど時間がない、山道を歩くのは苦手。そんな人にはシーズンバスが◎。4月下旬〜11月下旬まで、見晴台〜旧軽銀座〜万平ホテル〜東急ハーヴェストクラブを運行。

0267-42-0353(軽井沢交通バス)
4月下旬〜11月下旬
大人片道500円、小学生以下300円(往復割引あり)
※所要時間約15分、1日の便数9〜11便 
※路線・ダイヤは軽井沢 赤バスHP参照

筆者:mapple

まっぷる軽井沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる軽井沢’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×