トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 石見 > 温泉津・仁摩 > 温泉津温泉

温泉津温泉

温泉津温泉の概要、観光・旅行情報

温泉津温泉の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などで温泉津温泉をご紹介します。

  • スポット:30 件
  • 記事:4 件

赤い石州瓦の建物が続く温泉街は湯治場風情たっぷり

開湯1300年の歴史をもつ湯治場で、赤い石州瓦の建物が続く、昔懐かしい温泉街が郷愁を誘う。薬効が高いと評判の「薬師湯」と「泉薬湯温泉津温泉元湯」の2か所の共同浴場があり、地元の人にも親しまれている。温泉津温泉の泉温は47~50度と高めで、泉質は含土類食塩泉と含石膏食塩泉の2種類。名物の温泉津焼は独特のアメ色が特徴で、3軒の窯元がある。

温泉津温泉のおすすめスポット

薬師湯(石見銀山・世界遺産の温泉)

山陰屈指の自然湧出の湯治場

山陰で唯一、日本温泉協会の最高評価「オール5」で認定されたかけ流し湯温泉。しびれるような心地よい生の温泉は体を芯から温めてくれ、免疫力アップや未病対策に好評。

薬師湯(石見銀山・世界遺産の温泉)

薬師湯(石見銀山・世界遺産の温泉)

住所
島根県大田市温泉津町温泉津ロ-7
交通
JR山陰本線温泉津駅から大田市営バス温泉津温泉行きで8分、温泉前下車すぐ
料金
入浴料=大人350円、小人(1歳~小学生)200円/貸切風呂(40分)=大人650円、小人300円/

温泉津温泉

レトロな湯宿が谷間の細道に並ぶ。石見銀山で栄えた湯治の湯

室町時代に石見銀山の採鉱が始まってから、銀の積出港として栄えた往時の面影が色濃く残る湯の町。港に続く細い道沿いにはクラシックな構えの宿や格子の民家、白壁土蔵などが続く。

温泉津温泉

温泉津温泉

住所
島根県大田市温泉津町温泉津
交通
JR山陰本線温泉津駅から大田市営バス温泉津温泉行きで7分、法泉町下車すぐ
料金
情報なし

泉薬湯 温泉津温泉元湯

石見銀山で栄えた風情漂う湯治場

傷ついたタヌキが傷を癒やしているところを旅僧が発見したという由来があり、建物の軒には蓮の花から体を出しているタヌキが彫られている。外には飲泉塔(飲用の温泉)がある。

泉薬湯 温泉津温泉元湯

泉薬湯 温泉津温泉元湯

住所
島根県大田市温泉津町温泉津口208-1
交通
JR山陰本線温泉津駅から大田市営バス温泉津温泉行きで8分、温泉前下車すぐ
料金
入浴料=大人450円、小人(小学生以下)200円/(回数券10枚綴り3500円)

震湯Cafe内蔵丞

銀山の歴史にまつわる奉行飯や薔薇シフォンケーキがおすすめ

薬師湯旧館で、温泉津に現存する最古の温泉施設を利用。見事な組み込み式天井と重厚な家具など大正ロマンが楽しめる。内藤家口伝の奉行飯に、温泉水を使った野菜蒸しや薔薇シフォンケーキなどが人気のメニュー。

震湯Cafe内蔵丞

住所
島根県大田市温泉津町温泉津ロ-7
交通
JR山陰本線温泉津駅から徒歩18分
料金
温泉カプチーノ=500円/奉行飯=1000円/内蔵丞カレー=800円/薔薇アイスクリーム=500円/薔薇シフォンケーキ=800円/

輝雲荘

温泉津では貴重な露天風呂。畳敷きの館内は素足に快適

木の香りが漂う数寄屋風の旅館。温泉津では貴重な露天風呂をもち、地元特産の福光石と檜を使った造作にも風情がある。夕食は新鮮な旬の食材を生かした創作風の会席で日本海の鮮魚が美味。

輝雲荘

輝雲荘

住所
島根県大田市温泉津町温泉津ロ-202-1
交通
JR山陰本線温泉津駅から大田市営バス温泉津温泉行きで8分、温泉前下車すぐ(温泉津駅から送迎あり、予約制)
料金
1泊2食付=10950~23910円/外来入浴食事付(10:00~15:00、個室・広間利用、要予約)=4320円~/

おすすめスポットをもっと見る

温泉津温泉のおすすめの記事

【松江・出雲】おすすめホテルをチェック!

アクセス便利でサービスも充実!おすすめのホテルをエリアごとにご紹介。気になるホテルを見つけたら、早めに予約しましょう。

石見銀山【湯泉津】町歩き♪おすすめ立ち寄りスポット!

世界遺産・石見銀山の一角にある温泉津。江戸時代の町割りがそのままで、温泉街として全国で唯一、重要伝統的建造物群保存地区に認定されている。その趣ある町で、のんびりと温泉めぐりや街並み散策を楽しもう。

【松江・出雲】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

年に一度、日本中から八百万の神が集まることから「神々の国」とも称される島根県。縁結びの地としてとくに有名で、歴史的な見どころも盛りだくさん。4つのエリアとそれぞれの特徴を事前にチェックして、楽しい旅を...

もっと記事を見る

条件検索

エリアとジャンルを指定してください