トップ > 全国 x 宿などの外来入浴 > 九州・沖縄 x 宿などの外来入浴 > 阿蘇・熊本・大分 x 宿などの外来入浴 > 阿蘇・くじゅう x 宿などの外来入浴

阿蘇・くじゅう x 宿などの外来入浴

阿蘇・くじゅうのおすすめの宿などの外来入浴スポット

阿蘇・くじゅうのおすすめの宿などの外来入浴スポットをご紹介します。阿蘇の美しい風景を望む開放的な露天風呂「白水温泉 竹の倉山荘(日帰り入浴)」、肌にしっとりなじむ美人湯を露天風呂、箱湯、立湯で「いこい旅館(日帰り入浴)」、黒川温泉随一の広さを誇る「仙人風呂」で有名「やまびこ旅館(日帰り入浴)」など情報満載。

  • スポット:69 件
  • 記事:6 件

阿蘇・くじゅうのおすすめエリア

阿蘇・くじゅうの新着記事

1~20 件を表示 / 全 69 件

阿蘇・くじゅうのおすすめの宿などの外来入浴スポット

白水温泉 竹の倉山荘(日帰り入浴)

阿蘇の美しい風景を望む開放的な露天風呂

南阿蘇村に湧く温泉の一つ、白水温泉の一軒宿で、大浴場の立ち寄り利用ができる。阿蘇の大自然を望む大露天風呂は山の風がここちよく、日ごろの疲れを癒してくれる。

白水温泉 竹の倉山荘(日帰り入浴)
白水温泉 竹の倉山荘(日帰り入浴)

白水温泉 竹の倉山荘(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松2065
交通
JR豊肥本線肥後大津駅から産交バス高森駅前行で42分、松の木下車、徒歩12分
料金
入浴料=大人500円、小人(3~12歳)250円/

いこい旅館(日帰り入浴)

肌にしっとりなじむ美人湯を露天風呂、箱湯、立湯で

日本の名湯・秘湯100選に選ばれている人気の高い宿。湯の深さ1.3mの立ち湯をはじめ13の風呂がある。日帰り入浴ができるのは混浴露天風呂と、立ち湯がつく女性専用露天風呂。空いていれば貸切風呂も利用できる。

いこい旅館(日帰り入浴)
いこい旅館(日帰り入浴)

いこい旅館(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6548
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩3分(送迎あり)
料金
入浴料=大人500円、小学生300円/貸切風呂=800円(40分1名)/食事付入浴(個室利用、要予約)=5400円~/

やまびこ旅館(日帰り入浴)

黒川温泉随一の広さを誇る「仙人風呂」で有名

巨石を置いた開放的な「仙人風呂」と、自然木を植栽した露天風呂があり、日替わりで男女が入れ替わる。個室休憩食事付入浴の場合、宿泊客専用の貸切風呂や内風呂が利用できる。

やまびこ旅館(日帰り入浴)
やまびこ旅館(日帰り入浴)

やまびこ旅館(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6704
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩10分
料金
入浴料=大人500円、小人(3~12歳)300円/個室休憩食事付入浴(前日までに要予約。10名以上)=6600円~/

旅館福元屋(日帰り入浴)

天然の洞窟温泉につかり大自然の神秘を実感

混浴の洞窟風呂の湯船は20畳くらいの広さ。女性はバスタオルの着用ができる。かたわらには「穴湯」と呼ばれる女性専用の洞窟風呂がある。迫りくる岩壁を伝ってしずくが落ち、響き渡る神秘的な音は旅情をかき立てる。

旅館福元屋(日帰り入浴)
旅館福元屋(日帰り入浴)

旅館福元屋(日帰り入浴)

住所
大分県玖珠郡九重町町田62-1
交通
JR久大本線豊後森駅から玖珠観光バス宝泉寺方面行きで22分、壁湯下車すぐ(送迎あり)
料金
入浴料=大人300円、小人(3歳~小学生)150円/

旅館 山河(日帰り入浴)

自然に囲まれて効能豊かな湯を満喫

温泉街から離れた静かな一軒宿。およそ3000坪の敷地内に、混浴露天風呂や女性用露天風呂などがある。二つの源泉をもち、内風呂の湯は少し青みを帯びている。日帰り入浴は露天風呂のみ、湯上がりは無料の休憩コーナーが利用できる。

旅館 山河(日帰り入浴)
旅館 山河(日帰り入浴)

旅館 山河(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6961-1
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、タクシーで5分
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円/食事付入浴(要予約)=4400円~/

瀬の本高原ホテル(日帰り入浴)

この上ない開放感にひたる露天風呂

目の前に阿蘇の大草原が広がる寝湯「絶景鼻の湯」の露天風呂からの眺めは感動的。絶景と温泉が一度に楽しめる。

瀬の本高原ホテル(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5644
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)由布院方面行きで1時間、瀬の本下車、徒歩10分

九重星生ホテル 山恵の湯

くじゅう連山に湧く山間の名湯

くじゅう連山を目前に望む絶景の温泉宿。山恵の湯では、硫黄泉、単純泉、酸性緑礬泉、冷鉱泉の4種類の温泉を使った内風呂、貸切内風呂、九州最大級の露天風呂など、男女合わせて18か所の湯で温泉めぐりが楽しめる。

九重星生ホテル 山恵の湯
九重星生ホテル 山恵の湯

九重星生ホテル 山恵の湯

住所
大分県玖珠郡九重町田野230
交通
JR久大本線豊後中村駅から九重町コミュニティバス九重登山口行きで55分、終点下車、徒歩10分
料金
入浴料=大人800円、小人(3歳~小学生)500円/

お宿 野の花(日帰り入浴)

清流を望む河畔の露天風呂

黒川温泉街から離れた山あいにある宿。渓流沿いに設けた男女別露天風呂の「ぎんねずの湯」は、階段状に岩の湯船がある。時間により男女が入れ替わり、それぞれ異なった景観が楽しめる。

お宿 野の花(日帰り入浴)
お宿 野の花(日帰り入浴)

お宿 野の花(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6375-2
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、タクシーで5分
料金
入浴料=大人500円、小学生300円/

黒川荘(日帰り入浴)

湯につかり、そそり立つ屏風岩を仰ぐ

渓流沿いののどかな風景の中にある旅館。清涼感あふれる「湯巡り風呂」は内湯・シャワーの設備も充実。露天風呂から眺める雄壮な屏風呂と竹林が良泉と共に心身を癒してくれる。

黒川荘(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6755-1
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩20分

山みず木(日帰り入浴)

清流のせせらぎをBGMにゆったりとつかる

温泉街から2kmど奥まった山中にある湯宿。日帰り入浴利用できるのは、田の原川の流れをそばに眺められる男女それぞれの内風呂と露天風呂、平日に利用できる貸し切り制の内風呂が一つ。

山みず木(日帰り入浴)
山みず木(日帰り入浴)

山みず木(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6392-2
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、タクシーで5分(送迎あり)
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円/貸切内風呂=2000円(50分)/

山の宿 新明館(日帰り入浴)

黒川温泉の「元祖」と呼ばれる露天風呂

創業明治35(1902)年の黒川温泉の老舗宿。幻想的な洞窟風呂は主人がノミを握ってつくり上げた女性専用の風呂。日帰り入浴では、このほか、苔むすあずまやを設けた混浴露天風呂と混浴洞窟風呂に入浴することができる。

山の宿 新明館(日帰り入浴)
山の宿 新明館(日帰り入浴)

山の宿 新明館(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6608
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩7分(送迎あり)
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円/

旅館こうの湯(日帰り入浴)

樹木の緑と溶け込むようなにごり湯

黒川温泉の高台にある温泉旅館。日帰り入浴ができる男女別の露天風呂はそれぞれに洞窟風呂と、立ち湯(女湯は深さ130cm、男湯は深さ160cm)がある。

旅館こうの湯(日帰り入浴)
旅館こうの湯(日帰り入浴)

旅館こうの湯(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6784
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩15分(送迎あり)
料金
入浴料=大人600円、小学生300円/

法華院温泉山荘(日帰り入浴)

標高1303mに湧く登山者のための癒しの湯

中岳、大船山、久住山など1700m級の山々に抱かれた法華院温泉山荘は、九州最高地点の標高1303mに建つ秘湯中の秘湯。多くの岳人たちが登山の疲れをほぐしに訪れる。長者原登山口からであれば、歩いて2時間ほど。

法華院温泉山荘(日帰り入浴)
法華院温泉山荘(日帰り入浴)

法華院温泉山荘(日帰り入浴)

住所
大分県竹田市久住町有氏1783
交通
JR久大本線豊後中村駅から九重町コミュニティバス九重登山口行きで55分、終点下車、徒歩2時間
料金
入浴料=500円/

大丸旅館(日帰り入浴)

露天風呂が人気のリピーターが多い老舗旅館

創業100年近い老舗旅館。独自の源泉「テイの湯」をもち、良質の温泉をじっくり満喫できるとリピーターが多い。大浴場にある露天風呂は、芹川を渡る風がここちよい。

大丸旅館(日帰り入浴)

住所
大分県竹田市直入町長湯7992-1
交通
JR豊肥本線豊後竹田駅から大野竹田バス久住経由直入支所行きで50分、長湯下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人500円/食事付入浴(要予約)=4104円~/貸切内風呂=1500円~(1時間)/

旅館 奥の湯(日帰り入浴)

豊富な風呂はすべて源泉掛け流し

2000坪の敷地をもつ旅館。内風呂を抜けた先に、屋根つきの露天風呂と洞窟風呂、川風呂を併設した混浴露天風呂がある。ほかに、女性専用の露天風呂、屋内の温水熱プール(宿泊者のみ)を備える。

旅館 奥の湯(日帰り入浴)
旅館 奥の湯(日帰り入浴)

旅館 奥の湯(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6567
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩8分
料金
入浴料=大人500円、小学生以下300円/

お宿 のし湯(日帰り入浴)

雑木林が包む自然豊かな空間

古木を柱に、杉皮葺きの屋根をつけた露天風呂で日帰り入浴ができる。雑木林に囲まれた敷地内には囲炉裏を設けた茅葺き屋根の休憩所やあずまやがあり、木々が彩る季節を感じながらひと休みできる。

お宿 のし湯(日帰り入浴)
お宿 のし湯(日帰り入浴)

お宿 のし湯(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6591-1
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩8分(送迎あり)
料金
入浴料=大人500円、小学生300円、幼児(2歳~)200円/

いやしの里 樹やしき(日帰り入浴)

高台にたたずむ眺望が自慢の宿

男性専用と女性専用の露天風呂から混浴露天風呂の「満天の湯」へと続く。満天の湯は、杉木立に囲まれた高台にあり、とくに夜空が美しい。星空を見上げながら黒川の湯を満喫するひとときは、なんともぜいたく。

いやしの里 樹やしき(日帰り入浴)
いやしの里 樹やしき(日帰り入浴)

いやしの里 樹やしき(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6403-1
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩12分(送迎あり)
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円/

和風旅館 美里(日帰り入浴)

ときどきに色が変化する不思議な硫黄泉

男女別の露天風呂「美郷の湯」は、緑に囲まれた上品な庭園ふう。湯は乳白色で、そのときどきで微妙に色を変える硫黄泉。慢性皮膚病や切り傷などに効能がある。

和風旅館 美里(日帰り入浴)
和風旅館 美里(日帰り入浴)

和風旅館 美里(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6690
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩10分(送迎あり)
料金
入浴料=大人500円、小人(3歳~小学生)300円/

名水の宿 宝珠屋(日帰り入浴)

混浴の「露天えびす風呂」や男女別の「岩風呂大浴場」などがある

岩風呂と檜風呂をそなえた混浴の「露天えびす風呂」、男女別の「岩風呂大浴場」、女性専用露天風呂、3種の貸切風呂がある。

名水の宿 宝珠屋(日帰り入浴)
名水の宿 宝珠屋(日帰り入浴)

名水の宿 宝珠屋(日帰り入浴)

住所
大分県玖珠郡九重町湯坪638
交通
JR久大本線豊後中村駅から九重町コミュニティバス九重登山口行きで1時間、筋湯下車、徒歩8分
料金
入浴料=500円/貸切内風呂=2000円(1時間)/

湯峡の響き 優彩(日帰り入浴)

山あいの静かな世界にひたる

リゾートタイプの宿で、洗練されたモダンなつくり。日帰り入浴利用ができるのは、半露天風呂の「樹彩の湯」と内風呂の「湯滝の湯」。渓流に面した半露天風呂「樹彩の湯」は、川音の響きが楽しめる。

湯峡の響き 優彩(日帰り入浴)
湯峡の響き 優彩(日帰り入浴)

湯峡の響き 優彩(日帰り入浴)

住所
熊本県阿蘇郡南小国町満願寺北黒川6554
交通
JR豊肥本線阿蘇駅から産交九州横断バス(予約制)黒川温泉方面行きで50分、黒川温泉下車、徒歩7分
料金
入浴料=大人500円、小学生300円/