倉敷美観地区のおすすめの資料館・文学館などスポット

倉敷美観地区のおすすめの資料館・文学館などスポットをご紹介します。倉敷民藝館、日本郷土玩具館、倉敷物語館など情報満載。

倉敷民藝館 (クラシキミンゲイカン) 民芸の街・倉敷ならではの博物館

江戸後期の米倉を活用して昭和23(1948)年開館。世界から集めた陶磁器やガラス、染織品、かごなどの民芸品約1万5000点を収蔵し、3棟の建物に約700点を展示。ショップは入館無料。建物自体が民芸品でもある。

倉敷民藝館
倉敷民藝館
倉敷民藝館
倉敷民藝館

倉敷民藝館の詳細情報

住所
岡山県倉敷市中央1丁目4-11
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:45(閉館17:00)、12~翌2月は~16:00(閉館16:15)
休業日
月曜、祝日の場合は開館、8月は無休(12月29日~翌1月1日休、6月6~8日、12月5~7日は展示替え期間休)
料金
入館料=大人700円、高・大学生400円、小・中学生300円/倉敷手まりのストラップ=950円/倉敷手まり=1500円/「棒じま」の1畳敷き=9900円/イス敷(38×38cm)=20000円/オリジナルポチ袋=500円(5枚)/一筆箋=700円/(団体30名以上は大人600円、高・大学生250円、小・中学生200円、障がい者割引は大人400円、65歳以上は600円)

日本郷土玩具館 (ニホンキョウドガングカン) 全国の懐かしい玩具が大集合

江戸時代から現代にかけて全国各地で作られた郷土色豊かな玩具を収集。うち約5000点を展示している。敷地内のショップ、ギャラリー、カフェは入館無料。中庭の先にある古い米蔵を利用した展示館もオススメ。

日本郷土玩具館
日本郷土玩具館
日本郷土玩具館
日本郷土玩具館

日本郷土玩具館の詳細情報

住所
岡山県倉敷市中央1丁目4-16
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00、ショップは~18:30(時期により異なる)
休業日
無休(1月1日休)
料金
入館料=大学生以上400円、中・高校生300円、小学生200円(敷地内のショップ、ギャラリー、カフェは入館無料)/手作り板はがき=432円/(団体20名以上は大学生以上300円、中・高校生200円、小学生100円)

倉敷物語館 (クラシキモノガタリカン) 江戸から昭和初期の建造物を改装した観光施設

江戸中期から昭和初期の建物群を改装した交流施設。倉敷の歴史や文化を紹介する展示室などがある。美観地区の入り口に位置し、観光の合間の休憩にぴったり。

倉敷物語館
倉敷物語館
倉敷物語館

倉敷物語館の詳細情報

住所
岡山県倉敷市阿知2丁目23-18
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:45(閉館21:00、12~翌3月は~19:00<閉館>)
休業日
無休(12月29日~翌1月3日休)
料金
無料

倉敷貯金箱博物館 (クラシキチョキンバコハクブツカン) 昔懐かしい貯金箱が並ぶ

さまざまな貯金箱を展示するユニークな博物館。日本製のものを中心に約2000点が年代順に陳列されている。屋根には98匹ものビクターのキャラクター犬がおり、倉敷Dog資料館や、3000点以上の日本のおもちゃが並ぶ倉敷おもちゃ博物館もある。

倉敷貯金箱博物館

倉敷貯金箱博物館の詳細情報

住所
岡山県倉敷市船倉町1224
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
10:30~17:00(閉館)
休業日
木曜
料金
大人200円、小・中学生100円、幼児無料(6名以上の団体は半額、入館料は倉敷おもちゃ博物館と共通)

倉紡記念館 (クラボウキネンカン) 原綿貯蔵用の倉庫を利用し紡績の史料などを展示している

倉敷紡績創立の翌年、明治22(1889)年に建てられた原綿貯蔵用の倉庫を利用した展示館で、倉敷アイビースクエア内にある。倉敷紡績の史料を明治から年代順に紹介している。

倉紡記念館
倉紡記念館

倉紡記念館の詳細情報

住所
岡山県倉敷市本町7-1
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:45(閉館17:00)
休業日
不定休
料金
一般300円、学生250円(団体30名以上は一般250円、学生200円)
  • 1
  • 2
×