松江市街・松江しんじ湖温泉のおすすめの寺社仏閣・史跡スポット

松江市街・松江しんじ湖温泉のおすすめの寺社仏閣・史跡スポットをご紹介します。松江城(千鳥城)、八重垣神社、小泉八雲旧居(ヘルン旧居)など情報満載。

松江城(千鳥城) (マツエジョウ チドリジョウ) 城下町を見下ろすビュースポット

関ヶ原の戦の功績により出雲・隠岐の大守となった堀尾吉晴が慶長16(1611)年に築城。天守に千鳥が羽を広げたような形の破風が用いられており、「千鳥城」とも呼ばれる。4重5階、地下1階の造りで、最上階からは松江の街や宍道湖が一望できる。

松江城(千鳥城)
松江城(千鳥城)
松江城(千鳥城)
松江城(千鳥城)

松江城(千鳥城)の詳細情報

住所
島根県松江市殿町1-5
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで10分、松江城(大手前)下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00(閉館18:30、時期により異なる)
休業日
無休
料金
入場料(登閣)=大人560円、小人(小・中学生)280円/3館共通入場券(松江城、小泉八雲記念館、小泉八雲旧居)=1000円/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料、市内在住の高齢者は証明書持参で無料)

八重垣神社 (ヤエガキジンジャ) 神秘的な鏡の池でご縁を願う

ヤマタノオロチ退治で名高い素盞嗚尊と稲田姫命がこの地で夫婦生活を始めたという故事にちなみ、二神を祀る縁結びの神社として知られる。稲田姫命が水を飲み、姿を映したといわれる鏡の池や、愛の象徴とされる夫婦椿などの良縁スポットが多数。宝物収納庫には二神の姿を描いた壁画がある。

八重垣神社
八重垣神社
八重垣神社
八重垣神社

八重垣神社の詳細情報

住所
島根県松江市佐草町227
交通
JR松江駅から市営バス八重垣神社方面行きで20分、八重垣神社下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
境内自由(宝物収蔵庫は9:00~17:00<閉館>)
休業日
無休
料金
見学料(宝物収蔵庫)=大人200円、小人(小学生)100円/占い用紙=100円(1枚)/美のお守り=500円/縁結びのお守り=500円/

小泉八雲旧居(ヘルン旧居) (コイズミヤクモキュウキョ ヘルンキュウキョ) 美しい日本庭園をもつ文豪の邸宅

明治24(1891)年の約5か月間、八雲がセツ夫人と新婚生活を送った武家屋敷。母屋の三方には日本庭園があり、八雲は中央の部屋から3つの庭を眺めるのが好きだったそう。彼の著書にこの庭や屋敷が登場する。屋敷の一部公開。

小泉八雲旧居(ヘルン旧居)
小泉八雲旧居(ヘルン旧居)
小泉八雲旧居(ヘルン旧居)
小泉八雲旧居(ヘルン旧居)

小泉八雲旧居(ヘルン旧居)の詳細情報

住所
島根県松江市北堀町315
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで16分、小泉八雲記念館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:10(閉館18:30、10~翌3月は~16:40<閉館17:00>)
休業日
無休
料金
大人300円、小・中学生150円(20名以上の団体は大人240円、小・中学生120円、障がい者手帳・療育手帳持参で本人と同伴者1名無料)

松江神社 (マツエジンジャ) ハートの絵馬で縁結びをお祈りしよう

松江藩松平家初代藩主の松平直政をはじめ、松江の発展に貢献した人物を祀る神社。観光案内所でハート形の絵馬を手に入れ、奉納して恋をお願いしてみよう。

松江神社
松江神社
松江神社
松江神社

松江神社の詳細情報

住所
島根県松江市殿町428
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで10分、松江城(大手前)下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

岡田山古墳 (オカダヤマコフン) 赤く塗られた石棺も見学できる2基の古墳

1号墳(前方後方墳)と2号墳(円墳)があり、1号墳から出土した銀の文字入り太刀や馬具、鏡などは国の重要文化財。赤い顔料の塗られた石棺など石室の様子が見学できる。

岡田山古墳
岡田山古墳
岡田山古墳
岡田山古墳

岡田山古墳の詳細情報

住所
島根県松江市大庭町
交通
JR松江駅から一畑バス八雲行きで18分、風土記の丘入口下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし
×