コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  松江グルメ【出雲そば】おすすめ店をチェック!

松江グルメ【出雲そば】おすすめ店をチェック!

by mapple

更新日:2018年9月14日

日本三大そば(出雲そば・わんこそば・戸隠そば)のひとつとして知られる出雲そば。玄そば(黒い外皮のついたそば)を丸ごとひいたそば粉を使用するため、色が黒っぽく、香りが豊かなのが特長だ。「割子」か「釜揚げ」でご当地ならではのそばを楽しもう。

2つのそばのいただき方♪出雲流「割子」と「釜揚げ」

【割子そば】

「割子」と呼ばれる丸い漆器に盛られた冷たいそば。3段重ねが基本だが、地元の人は丸い器を1枚、2枚と数え、「割子4枚」と注文。薬味とつゆを少しかけていただく。

食べ方は…

その❶
3段重ねの一番上の割子につゆを回しかけます。つゆは濃いめなので、かけ過ぎに注意!

その❷
1枚目を食べ終わった後に残ったつゆを2枚目にかけます。足りなければ、ちょっと継ぎ足します。

その❸
3枚目も同様に。最後に残ったつゆは、そば湯を入れて飲みます。

【釜揚げそば】

ゆでたてのそばが熱々のそば湯に入ったまま出てくる、まさに“釜揚げ”そば。そばに含まれる「ルチン」などの栄養もいっしょにいただける逸品です。

アツアツなので、のびる前にどうぞ!

食べ方は…

つゆを少量ずつ、好みの味になるようにかけ、のりやネギ、かつおぶしなどの薬味といっしょにいただきます。

〜松江とそばの歴史〜

そばが松江に入ってきたのは、江戸時代。1638(寛永15)年に信濃国松本藩より松平直政公が転封した際、そば切りの技術が出雲地方に入ったといわれている。松江藩7代目藩主の松平治郷(不昧公)も無類のそば好きとして知られ、茶懐石のメニューにそばを組み込むなど、松江のそば文化に大きな影響を与えた。

中国山地蕎麦工房ふなつ

自家製粉したそばを十割で打った、香り豊かなそばを堪能
奥出雲地方の契約農家で栽培したソバを石臼でひき、地元に湧く名水で手打ちする。ほのかな甘みと純朴なそばの香りが、つなぎを加えない十割そばならでは。サバ節のだしが効いた濃いめのつゆが、丹念に仕込んだそばの味わいを引き立てる。

席数 40席

出雲そばメニュー
❖割子そば780円
❖かまあげそば780円
❖ざるそば850円

店内は民芸調のあたたかい雰囲気

千鳥割子そば 980円

三段重ねの割子は、豪華な具の段と月見の段、とろろの段と3つの味を楽しめる。

デザートのサービスあり

すべてのそばに付くオリジナルの甘味

そばぜんざい

そばの揚げ餅

神代そば

伝統の料理酒で仕込んだつゆで味わう十割そば
昭和27(1952)年の創業以来、「自家製粉・生粉打ち(十割そば)・石臼びき」という昔ながらの製法を守る。また、つゆは本枯ぶしと島根に伝わる料理酒「地伝酒」を使用し、松江の伝統的なそばの味を楽しめる。

席数 40席

出雲そばメニュー
❖山かけそば1060円
❖割子そば930円
❖釜揚げそば720円

松江城散策の途中に立ち寄るのに便利

とろろ割子 1270円

つなぎを使わない十割そばに、ふんわりとろろと卵、薬味をかけていただく。

出雲そばきがる

ひきぐるみと丸ぬきの2種類のそばを食べ比べ
地元産の玄丹そばを中心に、季節ごとに厳選した国産ソバ粉を石臼で自家製粉。歯ごたえのある「ひきぐるみ」とのどごしのよい「丸ぬき」にひき分けた麺を好みで選ぶことができる。

席数 30席

出雲そばメニュー
❖山かけそば930円
❖ざるそば(ひきぐるみ)810円(丸ぬき)900円
❖釜揚げそば670円

気取らず立ち寄りやすい雰囲気

割子そば三枚(ひきぐるみ)810円

出雲そば伝来の玄そばをそのまま製粉。地元で愛される独特の香りと味。

そば岡本

ひきぐるみのコシの強いそばと、とろりとしたそば湯が絶品
江戸時代から170年続く老舗そば店で修業した、若き店主が打つそばはコシの強さが抜群。弾力のある食感と香りを堪能できるとあって、地元ファンも多い店。割子や釜揚げなどの定番メニューでいただこう。

席数 20席

出雲そばメニュー
❖釜揚げそば600円
❖ざるそば650円
❖山かけそば800円

民家を改装した穴場的な店

割子そば 690円

かめばかむほどソバの香りが口に中にひろがる、コシの強さが特長。

八雲庵

武家屋敷を改装したそば処
樹齢数百年の古松や錦鯉が泳ぐ池を眺めながらゆっくり手打ちそばが楽しめる店。おすすめは定番の割子そばや、こくのあるつゆが魅力の鴨なんばん。

席数 70席

雲そばメニュー
❖三色割子そば810円
❖かきあげ割子そば1080円
❖鴨なんばん920円

武家屋敷の風情を感じながら美味なそばがいただける

鴨なんばんと割子二段 1400円

温・冷の人気の2つのそばがセットになった、ボリューム満点でお得なメニュー

筆者:mapple

まっぷる松江・出雲 石見銀山’19

発売日:2018年04月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×