「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【松江】ほろ酔い気分で蔵元めぐり♪地酒をいただきましょう!

【松江】ほろ酔い気分で蔵元めぐり♪地酒をいただきましょう!

【松江】ほろ酔い気分で蔵元めぐり♪地酒をいただきましょう!

by mapple

更新日:2018年9月14日

日本酒醸造のルーツともいわれる島根県には、きれいな水、高品質の米、杜氏のすぐれた技術と、酒造りに欠かせない条件がそろっている。松江の蔵元をめぐってそれぞれの味を楽しみつつ、プラス効果の美肌もゲットしちゃいましょう。

島根は日本酒の発祥地!?

「スサノオノミコトがヤマタノオロチに酒を飲ませ、酔ったところを退治した」という出雲神話や「神在月に集まった神様が180日酒宴した」という『出雲国風土記』の記述、酒造りの神様を祀る佐香神社がある(“佐香(さか)”は神様たちが酒宴した場所のことで、酒の古名といわれる)など、古来より島根には日本酒との深い関係を示す逸話が多い。神話の時代には酒造りの技術があったとも伝わっている。

李白酒造[1882(明治15)年創業]

酒を愛した唐の詩人の名を冠する酒
出雲杜氏伝統の技を引きつぐ、若い蔵人たちが醸す、うまみがあってキレがよく、食中酒としてバランスのよい味が特長。海外輸出にも積極的。

李白酒造[1882(明治15)年創業]

試飲コーナーで気になるお酒を味わってみよう
花酵母や黒米を使用した酒も好評

李白酒造[1882(明治15)年創業]

日本酒のほか、オリジナルグッズや本みりんなども販売

これがお楽しみ!10種類の試飲ができる

店内の試飲コーナーにて「本日の唎酒」リストの約10種類のお酒の試飲ができる。

8:30〜18:00(土・日曜、祝日は10:00〜17:00) 予約不要(10名以上の場合は要連絡) 
無料

これがお楽しみ!10種類の試飲ができる

李白 特別純米酒 (720㎖)1296円
[代表銘柄はコレ!]

最も古くからある銘柄のひとつ。しっかりとしたコクがあり、後キレがよい

これがお楽しみ!10種類の試飲ができる

李白WANDERING POET(720㎖)1684円
まろやかな味わいと含み香があり、後キレがよい

これがお楽しみ!10種類の試飲ができる

李白 純米大吟醸(720㎖)3153円
芳醇でふくよかな味わい、のどごしがよい

これがお楽しみ!10種類の試飲ができる

特撰 酒粕(500g)432円〈12〜3月頃の冬期限定〉
美肌にコレ!
穏やかな香りで料理にも使いやすい酒粕

李白酒造の詳細情報


住所
島根県松江市石橋町335
交通
JR松江駅から市営バス大学・川津行きで20分、石橋3丁目下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00、土・日曜、祝日は10:00~17:00
休業日
無休1月1~3日休

米田酒造[1896(明治29)年創業]

料理と調和するふっくらうまく、ここちよい酒
松江市南部の湧水、地元の酒造好適米で仕込む。代表銘柄「豊の秋」は、五穀豊穣に感謝をとの思いから命名。出雲秘伝の調味料「地伝酒」も有名。

米田酒造[1896(明治29)年創業]

酒蔵見学の後は東本町にあるショップで試飲やショッピングを楽しもう

これがお楽しみ!酒蔵見学ができる

ショップから徒歩5分、南田町にある酒蔵の見学ができる。所要時間は30〜60分。開始時間や所要時間は予約時に相談。

松江市南田町41
8:00〜18:00(冬期は午後のみ) 前日までに要予約
無料

純米吟醸 花かんざし(720㎖)1750円
[代表銘柄はコレ!]

華やかな吟醸香がうまみをひきたてる

豊の秋 特別純米(720㎖)1296円
米のうまみたっぷりの旨口の酒

豊の秋 大吟醸(720㎖)3348円
口中に広がるうまみと豊かな香り、後味軽やか

酒粕(400g)257円〈12月下旬〜4月頃の冬期限定販売〉
美肌にコレ!
豊かな香り、アルコールたっぷりのしっとりした酒粕

造り酒屋のあま酒 (720㎖) 756円〈12〜4月頃の冬期限定発売〉
人気上昇中!ノンアルコール甘酒もチェック
お米と米麹だけで作られた上品な甘さの甘酒。うまみたっぷりの米粒が美味

米田酒造本店(販売所)の詳細情報


住所
島根県松江市東本町3丁目59
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで7分、栄橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(蔵見学は要予約)
休業日
無休、酒蔵は土曜不定休、日曜、祝日

國暉酒造[1874(明治7)年創業]

松江藩より譲り受けた土蔵で仕込む
京店商店街界隈にあり、江戸時代の町家造りが目を引く。原料米、仕込み水にこだわり、全国新酒鑑評会で過去20年に10回の金賞を受賞。

國暉酒造[1874(明治7)年創業]

江戸時代の風情が漂う外観

國暉酒造[1874(明治7)年創業]

店内の「蔵しっく館 國暉」で気軽に試飲を

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

店内の「蔵しっく館 國暉」では、冷蔵ショーケースにズラリと並んだ約30種類の中から好みの酒を選び、試飲を楽しめる。2〜4月は搾りたてが飲めることも。

10:00〜18:00 予約不要 
無料

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

カウンターと休憩コーナーがある「蔵しっく館 國暉」

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

ぐいのみなどのオリジナルグッズも販売

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

八塩折仕込 紫の位(375㎖)1万800円
[代表銘柄はコレ!]

酒で酒を仕込むことを10回以上繰り返した貴重な酒。濃厚でフルーティーな味わい

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

國暉 ふねしぼり大吟醸(720㎖) 3780円
昔ながらの酒槽で、無加圧で製造。香り豊かで爽やかなうまみがひろがる

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

國暉 無濾過特別純米(720㎖)1512円
濾過(ろか)をせず、本来の風味が残る。うまみとのどごしがここちよい

これがお楽しみ!「蔵しっく館 國暉」で飲みくらべ

國暉の酒粕(400g)324円〈1〜8月頃の限定販売〉
美肌にコレ!
吟醸酵母で醸した風味豊かな酒粕

國暉酒造の詳細情報


住所
島根県松江市東茶町8
交通
JR松江駅から市営バスぐるっと松江レイクラインで8分、京橋下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00
休業日
不定休

地酒をゆっくり楽しめるお店はコチラ

誘酒庵

手打ちそばと日本酒を堪能
純米酒を中心とした種類豊富な地酒と、毎朝店主が手打ちするそばが味わえる店。地元産石臼びきのソバ粉を使ったそばは、コシが強く細めでのどごしがよい。地元食材を使った一品料理や、お得な飲み放題付きコース(要予約)も好評。

誘酒庵

島根の地酒をはじめ、県内外の日本酒が80種類以上そろう(ショット税別500円〜、1合税別750円〜)

誘酒庵

カツオベースの風味豊かなつゆでいただく割子蕎麦(税別600円)と香ばしい穴子の白焼き(税別500円)

誘酒庵

カウンター席のほか、座敷席もある

誘酒庵の詳細情報


住所
島根県松江市寺町199
交通
JR松江駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
18:00~23:00(L.O.)
休業日
水曜

Station waiting bar S-PARK

気軽に地酒が楽しめる駅前バル
日本酒やワイン、地ビール、焼酎など、元酒販会社に勤めていた店主が知識を生かした、バラエティー豊かなお酒と料理が楽しめるスペイン風のバル。地酒は40種類以上あり、新酒から古酒、季節の旬の酒などが幅広くそろう。

Station waiting bar S-PARK

地酒(グラス550円〜、徳利980円〜)、浜田名物の赤天(400円)、うすあげ酒盗チーズ焼き(400円)

Station waiting bar S-PARK

立ち飲みスタイルのバーカウンターとゆっくりくつろげるテーブル席がある

Station waiting bar S-PARK

JR松江駅のすぐそばにあり、待ち時間にも気軽に立ち寄れる

Station waiting bar S-PARKの詳細情報


住所
島根県松江市朝日町472-2
交通
JR松江駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~23:00(閉店24:00)
休業日
不定休、シャミネ松江の休みに準じる

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×