コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【松江】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ

【松江】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ

by mapple

更新日:2018年9月14日

松江ホーランエンヤ伝承館

華やかな伝統神事の魅力を知る
ホーランエンヤの起源や歴史、櫂伝馬船、櫂伝馬踊りを映像と展示で紹介。中庭には1/2サイズの櫂伝馬船があり、自由に乗ることができる。

 松江歴史館の近くに建つ

田部美術館

茶処松江ならではの美術館
島根県知事や文化人として活躍した田部長右衛門が茶道にまつわる美術品を選んで創設。不昧公ゆかりの品を含む茶道具や出雲の焼物などを展示。

入口の長屋門は市の文化財に指定されている

松江イングリッシュガーデン

宍道湖畔に広がる美しい庭園
宍道湖畔に位置し、19世紀中頃から20世紀初めにかけての、英国の代表的な庭園様式を再現。約550種類の草花や木々が訪れた人の心をなごませる。

by pixta

華やかに咲き誇るバラ

島根県立美術館

宍道湖のほとりでアートにふれよう
水を描いた国内外の絵画をはじめとし、版画、工芸、写真、彫刻作品などを収集、展示する美術館。無料開放された湖側が全面ガラス張りのエントランスロビーやレストラン、野外彫刻が並ぶ湖畔から見事な宍道湖の景観が望める。

眺めのよいエントランスロビー

オーギュスト・ロダン『ヴィクトル・ユゴーのモニュメント』

宍道湖うさぎ

ウサギをさわって幸せに
屋外にあるブロンズ彫刻、籔内佐斗司作『宍道湖うさぎ』。湖側から2番目のウサギをさわると幸せが訪れると話題に。

『宍道湖うさぎ』は見学自由

ミュージアムショップ

縁結びグッズがそろう
収蔵作家や野外彫刻をモチーフにしたオリジナルグッズ、書籍、展覧会カタログのほか、縁結びにちなんだグッズなどが多彩にそろう。

幸運うさぎ 各1080円

べッキオ ロッソ

宍道湖を眺めながらイタリアンを
1階にあるイタリアンレストランで、湖に沈む夕日を眺めながら食事ができる。日本海の魚介と地元の契約農家から仕入れた野菜を使ったランチが人気。

窓の向こうに湖が広がる

スープなどが付くAランチ 1646円

島根県立古墳の丘古曽志公園

古代史を学び体感できる史跡公園
島根県の特色ある歴史や文化遺産を紹介。公園内には、移築復元した古曽志大谷1号墳などの遺跡のほか、展望広場などが整備されている。

前方後方墳を復元している

松江フォーゲルパーク

世界でも珍しい花と鳥がテーマの公園
国内最大級の規模を誇る室内ガーデンには、ベゴニア、フクシアを中心とする約1万株の花が咲く。園内各所で約400羽の鳥たちに出会える。

by pixta

温室内には色鮮やかな花が咲き誇る

松江堀川・地ビール館

5種類の地ビールが味わえる
2階のビアレストランでは5種類の地ビールとバーベキュー(1700円~)などが楽しめる。1階には地ビールの立ち飲みカウンターがある。

松江堀川ふれあい広場に隣接して建つ

たてまち 巴ノ蔵

地元の食材を生かした料理を特別な空間で
かつて呉服店だった建物を利用した創作和食の店。自慢の「巴ノ蔵ひつまぶし」をはじめ、地元の食材を丁寧に調理した多彩なメニューがいただける。

海鮮うまいもん料理 京らぎ 黒田店

天然真鯛をお茶漬けでさらり
宍道湖、中海、日本海でとれた魚介が料理の主役。本日入荷の海鮮丼や割子そばとにぎり寿司も人気。

真鯛に特製鯛味噌とアツアツのだしをかけて食べる鯛茶ランチ1706円

松江 巴庵

風情ある空間でいただく絶品料理
築80年以上の旅館の建物を利用した和食店。島根和牛を使ったすき焼きなどの鍋料理、鮮魚の刺身をはじめ多彩な居酒屋メニューが味わえる。

川京

独創的な郷土の味を満喫
地元の旬の食材を使った郷土料理と地酒がおいしいと評判。リーズナブルなので気軽にオーダーできる。予約が望ましい。

おたすけしじみ961円

レストラン西洋軒

洋食の定番メニューがそろう
幸橋近くにある洋食の老舗。昔からのなじみ客が多く、落ち着いた雰囲気で洋食が楽しめる。タンシチューや、デミグラスソースがかかったオムライスが人気。

タンシチュー&クリームコロッケセット1400円

[CLOSE UP]宍道湖夕日ビュースポット

夕日が溶けて湖面を茜色に染め、その美しい眺めは日本の夕陽百選に選ばれている。絶景の夕日を堪能するために、ベストタイムとポジションをチェックして観賞しよう。

<夕日予報も参考に>
松江観光協会のホームページで、夕日が見える度合を指数で表した「夕日予報」を公開。日没時間も併記しているので参考に。http://www.kankou-matsue.jp/shinjiko_yuuhi

by pixta

夕日と嫁ヶ島が重なってみえる絶景ポイント

島根県立美術館

自然の夕日も立派なアートのひとつ
湖畔に臨む絶好のロケーション。エントランスロビーや芝生広場は無料開放されているので、夕日観賞のためだけに訪れてもOK。

白潟公園

宍道湖に接近できる親水公園
宍道湖に浮かぶ嫁ヶ島を西に望む公園。水辺に降りられる階段や散策道が整備されている。

夕日を見ながらの散歩コースに最適

宍道湖観光遊覧船

湖と松江の街を船上からウオッチング
宍道湖を約1時間かけて一周する遊覧船。大橋川にある第1・第2乗船場から宍道湖大橋をくぐり、嫁ヶ島や松江しんじ湖温泉近辺を周遊する。

最終便のサンセットクルージングが人気

蓬莱吉日庵

明治時代の建物を再生した庭園料亭
明治時代の建物を再生した日本料理店。地元の旬の食材を使い、丁寧に調理した料理はやさしい味わい。個室(10%サービス料)は前日までの予約制。

 ランチメニューの「湖都山水弁当」2376円

めのうの店 川島

みやげに最適なめのう細工がそろう
明治10(1877)年創業のめのう専門店。お守りとして珍重された勾玉の豊富な品ぞろえが魅力。出雲ならではの厳選したオリジナルグッズもそろう。

フランス菓子クロード

地元で愛されるスイーツ店
地元の素材をふんだんに使ったケーキや焼き菓子が豊富にそろう。奥出雲山蜜ロールやクレープ、マドレーヌなどが人気。松江にちなんだ縁結びスイーツもみやげにおすすめ。

ケーキや焼き菓子が並ぶ店内。奥にカフェスペースもある

珈琲館 京店店

創業以来変わらない一杯
京橋川沿いにあるレンガ造りの建物。コーヒーはすべて自家焙煎で、注文を受けてから一杯ずつドリップしてくれる。自家製ケーキと一緒に楽しみたい。

珈琲館ブレンド450円、ウィーンの森410円(セットは50円引き)

松江ごころ

老舗直営など松江のおいしい店がそろう
地酒の試飲、販売を行うカウンターやかまぼこ店など、4つのショップからなる複合施設。地元の味が気軽に楽しめ、みやげ選びにもおすすめ。

李白酒造の試飲コーナー。生酒サーバーのお酒も楽しめる

清松庵たちばな

宍道湖を望む和菓子店でひと息
宍道湖近くの和菓子店。「宍道湖萬十」をはじめ、四季折々の和菓子を販売。喫茶コーナーでは、上品な甘さの上生菓子とともに、抹茶やコーヒーが味わえる。

山本漆器店

茶の湯文化に育まれた伝統工芸
創業120余年の八雲塗の老舗。色漆によって描かれた文様が使い込むほどに鮮やかに浮かびあがる八雲塗の漆器は、高価な家具や器から、日常使いの小物まで、幅広くそろう。

縁結びにちなんだ和雑貨も好評

彩雲堂

明治中期に初代が復元した「若草」は、やわらかい求肥にまぶした黄緑色の衣が上品。

一力堂

創業260年の和菓子の老舗。「姫小袖」は江戸時代に藩主に献上していた高級和菓子。

風流堂寺町本店

不昧公好みの銘菓で有名な「山川」は、しっとりとした上品な口当たりが特長の落雁。

向月庵

皮むき小豆の餡を使った羊羹に栗を散らした「瑞雲」は、宍道湖の夜明けの雲を表現している。

三英堂本店

不昧公が命名した黄色のかわいい落雁「菜種の里」が人気。三英堂初代が製法を譲り受け、その味を守っている。

長岡屋茂助

職人が1本ずつ手作りするあご野焼が名物。ジャンボあご野焼は1本1425円から。

桂月堂

文化6(1809)年創業。受け継がれた技法でつくる「薄小倉」をはじめ、季節ごとの和菓子が楽しめる。

福田屋 中原店

神在月の到来を告げるユズを使った柚餅子(6個入、648円)、松江城をかたどったお城饅頭(10個入、864円)などを販売。

[ここにも寄りたい]松江駅からひと足のばして

神魂神社

日本最古の大社造り神殿
伊弉冉大神と伊弉諾大神を祀った神社。出雲大社より400年も前に建てられたとされる高床式の本殿は、国宝に指定されている。

大木による高層神殿

島根県立八雲立つ風土記の丘

古代出雲文化発祥の地
一帯には国分寺跡など古墳時代から奈良時代の遺跡が多く分布する。展示学習館では埴輪などのほか、古代出雲の景観を復元した模型を展示。

展示学習館の屋上は展望台となっている

熊野大社

出雲国一の宮の格式高い古社
日本火出初之社(火の発祥の神社)として、古くから出雲大社と並んで崇敬を集めた。大国主大神の祖先にあたる神祖熊野大神櫛御気野命(素戔嗚尊の別神名)を祀る。

大きなしめ縄が神聖な雰囲気を漂わせる社殿

出雲かんべの里

島根の伝統工芸と民話にふれる
和紙手まりや籐工芸、陶芸、機織り、木工の5つの工房では、見学や体験(要予約)ができる。生の語りが聞ける民話館、広大な自然の森もある。

和紙てまり作り体験

筆者:mapple

まっぷる松江・出雲 石見銀山’19

発売日:2018年04月11日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる松江・出雲 石見銀山’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×